ダイキンのエアコンの種類と修理方法、困ったときの連絡先

作業費6,000円~対応中!
エアコン

ダイキンのエアコンといえば、「うるるとさらら」があまりにも有名ですが、その種類は非常に豊富で数あるメーカーのなかでも人気のエアコンとなっています。

特に壊れやすいと言った声は聞かないダイキンのエアコンですが、やはり日頃のメンテナンスを怠ったり、長期使用による劣化などでいずれは故障しやすくなります。もちろん、エアコンが壊れる原因は人それぞれですし、使用頻度などによって異なりますが、故障しやすい原因というものがあります。

そこでこの記事ではダイキンのエアコンの種類をはじめ、エアコンが壊れる原因、故障時に見られる症状、故障したときの対策法と困ったときの連絡先、日頃からのメンテナンスについて詳しく解説していきたいと思います。

故障の疑いがある方は「3-1.故障時に見られる症状」を。今すぐにダイキンのサポートデスクに連絡したい方は「4.困ったときの連絡先」をお読みください。

1.はじめに

まずはエアコンをはじめ、空気清浄器などでも有名なメーカー「ダイキン」について解説したいと思います。

ダイキンは世界おける空調の売上がナンバーワンという非常に知名度の高いメーカーで、技術力と基本性能がそれぞれ高いと高評価を受けています。特にその現れと言えるのが外気温に関係なくしっかりと冷暖房してくれる室外機と言っていいかもしれません。

基本的にその他メーカーはエアコンセンサーに技術を集中している印象を受けますが、ダイキンはセンサーに集中することなく、部屋全体を均一な温度に保つといったポリシーを掲げています。

何よりもダイキンエアコンの魅力は人が部屋からいなくなることで省エネ運転を行う「オートセーブ機能」「オートオフ機能」と言っていいかもしれません。これは上位機種のみに搭載された機能となっており、エアコンにこだわりを持っている方にとっては欠かせない機能と言っていいでしょう。

また、ダイキンエアコンの種類は非常に豊富なのですが、各グレードにマッチした個性を持ち合わせた展開というよりも、グレードが低い製品は機能を減らしている分、確実に価格を下げるというラインナップになっています。そうです、ダイキンエアコンはかなりわかりやすく消費者の立場に立ったラインナップを打ち出しているわけです。

また、全シリーズ共通で古いダイキン製エアコンの冷媒配管をそのまま利用できるというメリットを持っています。そのため、買い替え工事における時間短縮と余計な出費を抑えることができます。

このように非常に魅力的なダイキンエアコンですが、前述したように種類が非常に豊富となっているのでそのラインナップから見ていきましょう。

2.ダイキンのエアコンの種類

2018年時点でのダイキンエアコンの種類は計8シリーズとなっています。
上位機種になるほど嬉しい機能が搭載されますが高額になる一方、下位機種は機能が限定されると共にお得な値段で購入できるというメリットを持っています。

おそらくこの記事にアクセスされた方のほとんどは、現状で起きているエアコンのトラブルを解決したいという目的を持っていることと思いますが、なかにはダイキンエアコンの種類を具体的に知りたいという方もいるかもしれません。

そこでこの項目ではダイキンエアコンの種類をそれぞれ解説していきたいと思います。

<ダイキンエアコンの種類>

R SERIES・・・エアコンの風が人に直接あたりにくいという親切設計をもったレギュラーモデル。快適気流を実現しているだけでなく無給水で加湿できるというメリットをもっています。「うるさら7」がそれに該当します。

A SERIES・・・オールシーズン、エアコンの風が直接あたりにくい設計になっているので、空調が苦手という人にも安心して利用できる設計。機能が充実しているハイグレードエアコンとなっています。

E SERIES・・・風が人に直接あたりにくい天井気流を採用しています。理想の空間を手に入れるだけでなく、そのデザインがスタイリッシュに演出してくれるため、インテリアにも最適です。

F SERIES・・・天井気流を採用しているだけでなく、プレミアム冷房で快適な温度と湿度を維持してくれます。冷房にこだわっている方にはおすすめのシリーズになります。

C SERIES・・・天井気流を新たにプラスしたシリーズになっており、「フィルター自動お掃除」機能が目玉。普段からメンテナンスするのが面倒くさいという方にはピッタリです。常にエアコン内部もキレイに維持してくれます。

E SERIES・・・設定温度まで一気に暖めてくれるのが特徴で、快適な空間を演出してくれます。シンプル&コンパクトなベーシックモデルとなっているので、特にこだわりがないシリーズを求めている方におすすめ。

DX SERIES・・・暖房能力はもちろんのこと、凍結・霜付き対策に強い寒冷地向けエアコンとなっています。厳しい冬が訪れるエリアにはピッタリのシリーズと言っていいでしょう。

KX SERIES・・・コンパクトという最大のメリットを持っているだけでなく、高い暖房能力を実現しています。こちらも寒冷地向けとなっていますが、機能を限定したベーシックエアコンとなっています。

3.エアコンが壊れる原因

ダイキンエアコンは数あるメーカーの中でも壊れにくいと評判で、独自の機能を搭載していることでメンテナンスを必要としない種類も存在します。
しかし、どれだけタフなエアコンでも長期使用や何らかのトラブルによって故障してしまう可能性は十分にあります。

万が一、故障したかもしれない状況に置かれた場合は焦らずに以下の2点をチェックするようにしてください。

1)エアコン特有の故障時に見られる症状
2)故障した時の対策法

特に症状を把握することは故障かどうかを判断するためには欠かせない材料です。そして、故障がほぼ確定的となった場合はその対策法を把握しておくことで、正確な行動を取れるようになります。

では、なぜエアコンは壊れてしまうのでしょう?
大きく分けると以下の3点になります。

1)ヒューズ切れ
ヒューズは多くの電化製品に装備されている電流制御を目的とした安全装置です。このヒューズが切れてしまうと動作に異常が発生するので、結果としてエアコンが正常に動作しなくなります。

2)センサーの異常
エアコン内部にはありとあらゆるセンサーが装備されています。センサーの異常はエアコン動作に不具合を引き起こす最大の原因になります。なお、センサー系はセルフケアで改善することは不可能なので専門業者に依頼しないかぎり改善しません。

3)メンテナンス不足を疑ってみる
エアコンは数ある電化製品のなかでも故障率が低いと言われています。よって、冷房が効きにくいなどのケースは故障ではなく、メンテナンス不足が原因だったりします。日頃からフィルターなどのお手入れをしていない影響で、正常稼働していない可能性もあるので、一度コンセントを抜いてフィルターを掃除してから利用してみましょう。

上記3点をチェックしてみて故障の疑いがある場合は、故障時に見られる症状もチェックしてみてください。

3-1.故障した時に見られる症状

ここではエアコン故障時によく見られる症状を解説します。
現状でエアコンが故障しているかもしれない方は以下の症状がないかチェックしてみてください。

1)冷風・温風が出ない
たとえば冷房を使用しているにもかかわらず、設定温度を限界まで下げても生ぬるい風が出る場合、暖房がまったく効かない場合はエアコンの故障が考えられます。特に室外機のファンが回っていない場合は故障の可能性が高いです。

2)リモコンが作動しない
そもそもとしてリモコンが反応しない(エアコン側が受信していない)場合もまた故障している可能性が高いです。この場合、受信部の汚れが電波の邪魔をしているケースもあるので拭いて改善されないようならダイキンのサポートデスクに問合せをしたほうがいいと思います。

3)ランプが点滅している
比較的新しいエアコンはランプで故障具合を表示してくれる機能がついています。ダイキンエアコンのホームページでエアコンの故障診断をチェックしていただき、今利用しているエアコンがどのような症状が現れているのか確認することをおすすめします。

4)水漏れ
排水ホースの破損が原因で水漏れが起こすとエアコンが正常稼働しなくなります。ただし、水漏れで電気系統がすべてダメになってしまうと買い替えの可能性があります。

3-2.故障した時の対策法

引き続き故障した時の対策法について解説します。
対策法はけっしてひとつではないので、以下の4点をチェックして然るべき対応をとってください。

1)ホームページから症状と原因を確認
エアコンの調子が悪く、明らかに故障の可能性が高い場合は取り扱い説明書で異常箇所を調べ、ダイキンのホームページで症状と原因をチェックするようにしてください。

2)冷えが効かないときはガス漏れを疑う
エアコンの内部は冷媒ガスが充填されていますが、このガスが不足すると冷やすことができず、常にぬるい風が出てくるようになります。この場合、初期設置ミスをはじめ、配管破損の可能性が高いので、専門業者からしっかり判断してもらうのがベストだと思います。

3)メンテナンスをしてみる
エアコンは比較的タフな電化製品ですが、日頃のメンテナンスを怠るとその分劣化が加速する可能性があります。まずは自分でできるお掃除などをしてみてください。それでも何も解決しない場合は壊れている可能性が高いので、ダイキンのサポートデスクに連絡するようにしましょう。

4.困ったときの連絡先

お使いのダイキンエアコンが壊れてしまった可能性がある場合、ダイキンのホームページにアクセスして問い合わせ先を探される方がほとんどだと思います。しかし、いざサポートデスクを探そうにもなかなか見つからない・・・と困っている人は少なくないでしょう。

そこで以下に困ったときの連絡先を記載するので問合せをしてみてください。

<ダイキン サポート>

電話でのお問い合わせ・・・0120-881-081
(※回線が混雑している場合は数分で切れる場合があるので、時間をおいて掛け直すか、修理依頼・メールでのお問い合わせも検討しましょう)

メールでのお問い合わせ・・・http://www.daikincc.com/inquiry.html
(※「メールでのお問い合わせ」欄から適合するものを選んで送信しましょう)

基本的に電話で問い合わせするのがベストですし、もっとも手軽に問題を解決できると思いますが、文章にしたほうがいい場合や、うまく説明できない場合はメールでのお問い合わせを選択してみてください。

ちなみに電話は全国の利用者から問い合わせが集中することになるので、なかなかつながらないこともあります。その場合、メールでの問合せをするのが最適だと思います。

5.日頃からメンテナンスを実施しよう

エアコンが故障する原因の多くは日頃からのメンテナンス不足と言われています。
あなたが利用しているダイキンエアコンがメンテナンス不要のタイプだったとしても、室外機などのお掃除などもしないと故障につながる可能性があります。

また、エアコン内部の取り外しができるフィルターをまったく掃除していないことも故障の原因につながってしまうことも。フィルターのお掃除は1週間に1度が目安となっているので、日頃からエアコンのメンテナンスを実施するように意識づけしたほうがいいと思います。

何度もいうようですが、エアコンは数ある電化製品のなかでも故障率が低く、こまめにメンテナンスして使用し続けていれば10年以上は持ちます。しかし、まったくメンテナンスをせずにただ利用するだけでは寿命が縮まってしまうばかり。また、すでに使用しているエアコンが10年程経過しているのであれば電気代を考えても新しく買い替えるのもひとつの方法だと思います。

いずれにしても、ダイキンに問い合わせをしてみて修理にどれほど費用がかかるのか?修理は可能なのかをチェックしてから買い替えを検討しましょう。

買い替えの目安は現状でラインナップされているエアコン価格の6割以上の修理費が必要な場合だと思います。

6.まとめ

現在使用しているダイキンエアコンの故障が考えられる場合は、以下の問合せをしてみてください。

電話でのお問い合わせ・・・0120-881-081
(※回線が混雑している場合は数分で切れる場合があるので、時間をおいて掛け直すか、修理依頼・メールでのお問い合わせも検討しましょう)

メールでのお問い合わせ・・・http://www.daikincc.com/inquiry.html
(※「メールでのお問い合わせ」欄から適合するものを選んで送信しましょう)

安い費用で修理が完了することもありますが、エアコンが古い場合は高額になることもあるので、新しいエアコンに買い替えを検討したほうが安上がりになります。

まずはダイキンサポートに問合せをして、修理ができるのかどうかを確認しましょう。