有圧換気扇にトラブルが見られる場合の手順

作業費6,000円~対応中!
換気扇

換気扇は各家庭で活用していると思いますが、換気扇と一口に言ってもたくさんのタイプのものがあります。その中で何よりも自分の自宅に合ったものを取り入れる必要がありますが、様々な種類の換気扇の特徴を知ることにより、効果的に使っていく事が出来ます。

はじめに

今の時代は特に換気扇は必要不可欠なアイテムとなっていますが、換気については部屋の中を快適に過ごすことができる環境を作るためにも大切な役割を持っていますが、昔は換気を行う手段としては窓を開けたりしていましたが、今の時代は換気扇を活用することにより部屋の中の環境を良い状態にしてくれて、便利に使っていく事が出来ますが、換気の目的をしっかり把握することにより、自分の家庭に合った換気扇を選択することができると思いますし、特徴だけでなく機能などもしっかり確認した上で換気扇を選ぶようにしましょう。

①有圧換気扇とは

有圧換気扇とは、簡単に説明すると強力な換気扇だと言われていますが、住宅などで利用する場合もありますが、主に飲食店や工場などで業務用の換気扇が必要な場所に設置されることが多いといえます。その理由としては一般的な家庭に取り入れる換気扇と比較するとスイッチを入れている短い間に大量の空気を換気することができるという事が最大の特徴となっています。大量の空気を換気することができるのは空気に対して圧力をかけるためで、この仕組みは建物外などの環境に左右されることもなく、換気扇の機能を発揮することができるという点が挙げられます。ダクトを利用した排気を設置したいと考えている方には、特に有圧換気扇がおすすめできるといえます。

②有圧換気扇の新規設置事例

実際に有圧換気扇の換気扇を取り入れたいと考えている人も多いと思いますが、どのように取り入れて言えばよいのかわからないという人もいます。その中で事例を参考にすることにより、スムーズに取り入れることができると思います。

100V型有圧換気扇を設置を考えていて、換気扇自体は購入したのですが、100Vの有圧換気扇という事もあり、自分では設置が不可能なで業者に連絡しました。状況を判断するために業者の方が駆けつけてくれて、設置は完了している状態だったのですが、配線ができないという状態だったので、配線の依頼をしました。説明を聞いていると換気先の外に対して接続を行う必要があり、屋外に飛び出していて、逆流しないような形で設置することが必要という事で、壁や柱に近い場所に設置すると問題が発生するという事がわかり、天井や壁の隅から離れている場所に設置する必要があるといわれました。

その作業を行ってもらって、完成にシャッタの部品を装着する必要があるという事がわかり、装置する事で室内保温に効果的という事で装着をお願いしました。実際に自分で取り替えができるという事で購入したのですが、それが難しい状態だったために何よりも最初から業者に依頼すればよかったと後で反省しましたが、業者の方も気持ちよく作業を行ってくれて様々な説明を行ってくれて安心して設置することができたので良かったです。

③有圧換気扇について

有圧換気扇については、飲食店や工場などたくさんの空気の入れ替えが必要な業務用として使われていますが、飲食店は火を使うため熱や煙、油でスモークがかかった状態になってしまいます。そんな状態では従業員も見え方が悪くなってしまい、お客さんなどにも迷惑がかかってしまうといえるのです。

有圧換気扇の特徴としては、影響を受けにくい作りになっているので、いつでも同じ空間を保つことができて、有圧換気扇が外の空気抵抗を受けない理由としては空気に圧力をかけるからです。圧力をかけることで空気の流れを作り外からの逆流を防ぐことが可能です。そのために空気を一定に流して循環させることが可能です。

有圧換気扇は飲食店や業務用として利用されることが多いとといわれていますが、実際に一般的な家庭でも家族が多いという場合などには調理をする際にたくさんの量を作る必要があり、その際にも家の中に臭いが残ってしまい気になってしまうという場合には、有圧換気扇がおすすめできるといえます。

換気扇については、家族構成や調理内容、量などにより部屋の中を良い環境に保つためには、各家庭に合ったものを選択することが必要となりますが、広い部屋や大きな家の場合でも一般的な換気扇ではなく有圧換気扇を取り入れる事により効果的に使っていく事が出来ると言えます。

また、業務用の換気扇もありますが、飲食店などでは業務用を選択する場合が多いのですが、一般家庭に関しては業務用などを使用するまでもないと考える人が多いのですが、有圧換気扇については、サイズやタイプなども豊富で自分で決めることができない場合には、業者に相談することにより、最適なものを選ぶことができると思います。

有圧換気扇の選択に迷った際にも自分では把握できない点についても判断が難しいのですが、快適な空間を作ることができる方法として業者に相談することにより、各家庭に合った有圧換気扇を活用していくことができるといえます。 

④有圧換気扇の選び方

有圧換気扇といっても様々な種類のものがあり、用途により選ぶ必要がありますが、迷ってしまう事も多いと思いますが、種類をしっかり把握することにより、各家庭に合ったものを取り入れることができると思います。

4.1 見た目を重視

レストランなどの飲食店や事務所、学校、公共施設などに関しては人目が気になると思いますが、そのような場合にはデザインにこだわっているインテリア型を選択することが可能となっています。換気扇の羽が見えにくいタイプとしては、同じ換気扇でも格子タイプ、メッシュタイプ、ガードタイプなどがあり、実際に目にすることによりどのタイプが良いのか知ることができて最終的な決断も早くなると思います。

4.2 音について

工場や倉庫、作業場に関しては音が静かな対応の産業用有圧換気扇がおすすめできます。仕事場が騒音の場合には、作業中に話し合いなどをする際も声が聞き取れにくい状態で、大きな声を出す必要があり、ストレスに感じてしまう場合もありますので、それを改善して快適に使っていくためには、低騒音型の有圧換気扇を選択することにより快適に使っていくことができます。

4.3 製品

厨房のような油が多い場所や温水設備やプール、化学工業、下水処理場などに関しては特に湿度や塩素などが発生してしまうために錆びてしまう可能性が高まってしまうので、錆びを対策する為にはステンレス製のものを選ぶことにより、長く使っていくことができるといえます。そのために環境に合った製品を選ぶようにしましょう。

4.4 空間

工場や倉庫のような大きく広い空間の場合には、大風量タイプのものを選ぶ必要があり、排気と給気が大きいタイプのものに関しては空気の循環が良くなりますので、作業などを行う際にも良い空間で行うことができて快適に過ごす事も可能となっています。

⑤有圧換気扇の掃除方法

有圧換気扇に関しては事務所や業務用厨房、倉庫や工場などに設置されていることが多い換気扇といえます。種類により違いがありますが、しっかりと掃除を行って清潔な状態で使っていく事を心がける必要があります。

有圧換気扇の羽根については、3ヶ月に1回程度は掃除を行っていく必要がありますが、掃除方法としては中性洗剤を浸した布で汚れを拭き取って、洗剤が残らないように乾いた布を使って十分に拭き取っていく必要があります。どうしても汚れが目立ってしまう傾向にありますが、汚れが目立っている場所に関しては取り外して中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸して、布や柔らかいスポンジを使って落としてくことがおすすめできます。その後はしっかりときれいな水で十分に洗い流して、きちんと乾燥させて取り付けるようにしましょう。

本体についても3ヶ月に1回のペースで掃除を取り入れる必要があり、中性洗剤を浸した布で汚れを拭き取って洗剤が残らないように乾いた布で拭き取る必要がありますが、本体に関しては実際に汚れが目に見えますので汚れた時点でその都度、拭くことにより汚れも落ちやすく、その後の掃除がラクになります。

有圧換気扇の掃除をする際には注意も必要になり、感電やケガなどに繋がってしまう場合もありますので、手入れを行う際には必ず分電盤ブレーカーを切るか、電源プラグを抜いてから行うようにしましょう。板金の切り口や本体の突起や角でケガをする場合もありますので厚手の手袋などを着用してから掃除をするようにしましょう。

有圧換気扇の掃除に関しては定期的に掃除を取り入れる必要がありますが、その理由としては換気性能が落ちてしまったり、故障やトラブルを招いてしまう結果につながってしまいますのでしっかりと快適な状態で使っていくためには掃除を取り入れて清潔に使うことができる環境で使っていく事が何よりも重要といえます。

⑥有圧換気扇の取り付け

有圧換気扇の取り付けに関しては自分で簡単に取り付けることが不可能なために専門業者に依頼する必要があります。実際にプロペラファンは自分で取り付けが可能で簡単ですが、有圧換気扇は高所での作業が必要なので自分で行うのは危険といえます。

有圧換気扇の取り付けについては、業者に依頼する必要がありますが、業者についてもたくさんの業者があり、業者を選ぶ際にも迷ってしまう事もありますが、しっかりと相談ができる業者を探すことにより安心して依頼することができます。また、型番などが決まっている場合には、依頼の際に型番を伝えることにより取り付けが可能かどうか理解することができます。

有圧換気扇は業者に依頼することが大切になりますが、作業を行うことができる業者もいれば不可能な場合もありますので明確に自分が取り付けたい換気扇を伝えることで作業が可能かどうかわかりますが、専門業者に依頼することにより、様々な実績を経験しているために依頼することに関しても信頼できると思います。

有圧換気扇の取り付けに関しては、業者を探した時に見積もりなどを行ってもらうことによりどの程度の費用で取り付けることができるかわかりますし、複数の業者に無料見積もりを行ってもらうことで業者の対応なども知ることができます。自分が型番を選択している場合でも設置場所に向いているかどうかもアドバイスをしてもらうことができて、決めていない場合には、タイプやサイズなどもしっかりと設置場所に合ったものを提案してもらうことができます。

飲食店や作業場などに有圧換気扇を付ける特徴としては、過ごしやすい環境を作ることが可能で、お客様にとっても良い空間で過ごしてもらうことができますので、有圧換気扇で快適な空間に導いていく事が大切です。有圧換気扇の設置に関しては、電気工事なども必要で電気工事の資格を持っている専門の業者に依頼することが大切で、一般的に自分で取り替えが可能な換気扇とは違って慎重に設置していく必要もあります。

有圧換気扇を取り付ける際の費用に関しても業者によって価格に差が生じてしまいますが、何よりも価格が安いという事で業者を選ぶのではなく、実績や信頼などができる業者に依頼する必要があり、最近ではホームページなどを確認する事により、費用についても実績などに付いても記載されていますのでどのような対応はどの業者に依頼するべきか判断することができます。

また、取り付けについては、アフターケアなどに関しても確認する必要があり、高い場所に取り付けるために自分では手入れや掃除が難しいという事もあり、定期的な点検などを行ってくれる業者だと安心して使っていく事が可能になります。取り付けて終わりという場合には、トラブルや故障の際に他の業者に依頼する必要があるので、継続して付き合っていけるような業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

有圧換気扇については、何よりも一般的な換気扇と比べると換気量が違うという事が言えます。良い空間を作りだすためにも大量の空気を換気できる有圧換気扇は短い時間でも快適な換気を実現する可能で建物などの環境に左右されることもなく設置することができて効果も発揮してくれますので、検討している方はまず専門業者に依頼してみるようにしましょう。

一般的な住宅でも使用する人が増えてきていますが、今の時代は外気などが気になっているという方が増えていますが、部屋の中を今までよりも良い空間にしたいと考えている人にもおすすめできる換気扇といえます。タイプもたくさんの種類がありますのでしっかりと求めているものを設置するためには、自分ではすべてを把握することが難しいといえますので業者に依頼しましょう。

業者に依頼することにより、現場などに駆けつけてその現状に合ったタイプを選んでくれますし、そのタイプの特徴などに付いても説明してくれますのでどのようなものか決めることができます。換気扇については日常で交換などをする際にも機能などを確かめることなく取りつける人もいますが、買い替えを検討している場合にはたくさんの種類のものを把握することにより一番ふさわしい換気扇を設置することができると思います。