パイプファンにトラブルが発生したときの解決策

作業費6,000円~対応中!
換気扇

換気扇は各家庭において、調理の際に使うものやトイレや浴室、部屋の中の空気などを入れ替えるための空調式の換気扇を取り入れることが多いのですが、換気扇といっても同じものを活用するのではなく、場所に合ったものを活用することにより効果を発揮することができると言われています。

はじめに

換気扇は各家庭に設置してあるのですが、自分の家にどのような換気扇が取り付けられているのか把握している人は少ないと思います。新築を建てる場合にはある程度、機能で選ぶという事が言えますが、換気扇は上手に活用することで長い期間使うことが可能となっていますが、その中で大切なことはしっかりとメンテナンスを行って使っていく必要があり、自分が活用している換気扇の種類やメンテナンス方法を知ることにより快適に使うことができますが、故障やトラブルを引き起こしてしまうケースもあります。しっかりと正しい方法で手入れを行って長く使っていけるように使っていく事がおすすめできます。

①パイプファンとは

パイプファンとは、排気用のパイプに小型のファンを内蔵しているタイプの換気扇です。この換気扇については、浴室やトイレ、洗面所などに取り付けられることが多いといわれていますが、そのほかにも給気専用のパイプファンやトイレの便器自体に取り付けられるタイプなどもあり、今の時代はパイプファンに関しては様々なタイプのパイプファンが登場していて、年々進化していて機能に関しても様々な機能を活用することができるようになっています。便器の取り付けタイプについても、センサーでスイッチが入るタイプになっていて、煙や温度、人感でオン、オフされるタイプのものが登場したという事もあり、多くの家庭で便利に利用することができるようになり、取り入れている家庭も多くなっています。

②パイプファンのトラブル事例

故障したパイプファン
故障したパイプファン

トイレで使用している換気扇が不具合を起こしてしまい、新しいものに交換したいと思っていたのですが、どのタイプのものが付いているのか確認したのですが、パイプファンという事がわかり、業者に依頼しました。実際に自分で取り外しや交換作業を行うことができず、連絡して作業にかかる時間や費用などについても知りたかったので相談するような形で連絡しましたが、対応がすごく丁寧で実際にかかる費用などに関しても明確に教えてくれたので依頼しました。

トイレで使用されているパイプファンについては臭いの換気を行って快適に使用することができる空間を作る為に必要なものという事を知って、製品によっては分解してホコリなどを取り除くこと難しいという事で換気に関しても徐々に衰えてしまうという事で修理よりも交換したほうが良いとアドバイスなどもしてくれました。

パイプファンについては、実際に吸気を行って排気を行うためのパーツ部分とベントキャップと呼ばれるパーツ部分とに分けることができて、ベントキャップは屋外側に設置していて、空気を排出するためのパーツで、パイプファン本体の交換が必要すればよいという事でベントキャップについては交換不要と判断してくれて、本当に助かりました。

自分では知識もなくすべての交換が必要と感じていて、実際に使っているパイプファンの種類なども知らなかったのですが、調査に来てくれて同じ型番の商品を発注してくれて、設置場所の確認をしてしっかりと対応してくれました。取り付け作業についても、取り付けが困難な場所ではないという事で時間をかけずに作業が完了して、取り付け後、動作確認を行って快適に動いているという事で終了となりましたが、取り外したパイプファンを見てみるとかなりホコリが詰まっている状態だったので交換してよかったと思っています。また、何よりも業者の対応に満足していて、今までも交換したいと思ったことはありますが、自分ではできないために困っていたのですが、丁寧な対応でしっかりと快適に使えるようになり良かったと思っています。

③パイプファンの掃除

パイプ
パイプ

パイプファンはトイレなどに使用されることが多いのですが、名前の通りパイプを通して室内の空気を外には排出して換気を行うタイプの換気扇です。パイプファンには本体とグリル部分という2

④換気扇の種類

換気扇といってもたくさんの種類がありますが、実際に各家庭で同じ換気扇を使う場合もありますが、設置する場所により最適な換気扇を取り入れるという事が多いと思います。換気扇の種類を知ることによりどのような換気扇が良いのか、交換などを考えている場合でも判断する際に便利だと思います。

4.1 一般換気扇

一般換気扇は四角形の筐体にファンを取り付けた形式のものが多いといえます。電源スイッチをシャッターが連動していて、使用しない際にはシャッターを閉めて外気を遮断する連動式と、電気的に開閉する電動式や換気の風圧で開閉する風圧式があります。実際に一般換気扇についても様々な種類がありますが、各換気扇の特徴を知ることにより、自分が求めている換気扇を選択することができると思います。また、詳しく知りたいと感じている人は、業者の方にしっかりとどのように活用していきたいのか明確に伝えることにより、快適に使うことができる換気扇を選ぶことができると思います。

4.2 ダクト用換気扇

外気に面していない部屋の浴室やトイレ、マンションの台所で天井裏に通じたダクトを使って換気する方式の換気扇です。ダクト排気で静圧が高いファンを必要として、シロッコファンが主に用いられていて、集合住宅などに向いているタイプのもので昔からある換気扇で、メーカーによりダクト用と呼ばれたり、天井埋込型などと表現されている換気扇ですが、基本的には同じもので呼び方などは違ってきますが、同じなのでこのタイプのものについては取り付けを検討している場合には、しっかりと業者にどのように活用していくものか質問することにより、向いているか向いていないか判断することができると思います。

4.3 パイプ用ファン

パイプ用ファンは主にトイレなどの小空間で使用されることが多い小型換気扇です。名前で想像することができると思いますが、壁や天井に埋め込んだパイプに差し込んで使用する換気扇となっています。主にプロペラファンやターボファンが使われていて、トイレ洗面なら100㎜パイプ用がおすすめで、浴室など少し広めの場所に関しては150㎜用を設置することが多いと言われています。最近では、湿気や人感などのセンサーが付いていて24時間換気を求めている場合には、対応が可能で機種もたくさんありますので自分の家庭に合ったものを選択する事が可能となり人気を集めています。c

4.4 レンジフードファン

システムキッチンに付随する、コンロ上のカバーとファンが一体化した大型換気扇です。レンジフードファンには換気扇用と強制給排気、熱交換タイプのものがあります。運転を止めた時に冷気侵入を防ぐために、電動シャッターを連動させるなど高気密住宅への対応も進んでいて、フードの構造や形状、フィルターの掃除のしやすさなど様々なバリエーションがあり、各家庭に合ったものを選択することができて、調理をする際にも効果的に活用することができる換気扇となっています。

4.5 有圧換気扇

有圧換気扇とは使用する際に換気口をつけないと吸気で窓や壁に圧力がかかってしまうような強力な換気扇のこととなっています。一般住宅などで使用されることは少ないのですが、ダクト換気扇を使っている家では使用することがあります。一般的な形の有圧活気戦でもあり、強力な換気が必要と感じている場合には、有圧換気扇を選択するのもおすすめできます。

⑤換気扇の上手な活用法

換気扇に関しては上手に活用する必要がありますが、使う場所により効率の良い使い方があり、しっかりと正しい方法で使っていくようにしましょう。換気扇に関しては上手に活用する必要がありますが、使う場所により効率の良い使い方があり、しっかりと正しい方法で使っていくようにしましょう。

5.1 台所

コンロなどの使用時間や料理の種類などによりこまめに運転を切り換える必要があり、焼き物、煮物、湯沸かしなどにより風量なども変える必要がありますので風量調節機能が付いている場合には、その機能をしっかりと活用していくようにしましょう。台所は火器を使用する空間なので、多くの換気量が必要となります。多くの排気量が必要なのでその分、空気の取り入れが必要という事が言えます。冬場には台所の換気扇を運転し続けることにより冷気が侵入してしまい寒や暖房効率が悪くなってしまう場合があります。煮物、湯沸かしなど料理の種類により最大の換気量が必要というわけではないので風量調節機能が付いている換気扇を設置している場合には、しっかりと風量の切り換えを行って使っていく事が大切になります。

5.2 浴室や洗面所

浴室の換気については最大の目的として浴室の乾燥となっています。浴室内の湿気をある程度排出するためには、最低でも3時間は換気をする必要があり、おすすめできる使い方としては夜の入浴後は朝まで換気扇を運転させて使うことがお勧めできます。浴室のカビの発生を抑えるためには入浴中の換気ではなく、入浴後の換気が大切になってきますので、入浴後はしっかり換気を行うようにしましょう。

5.3 トイレ

トイレの換気扇の活用法としては、常時換気扇を運転するか、トイレ使用後10分程度の残置運転がおすすめできます。トイレ用の換気扇は小型のものが多く、一般的には電気代もかからず、トイレ内の臭気を抑えるためにも換気扇を常時運転して使うようにしましょう。今の時代は便利になり様々な機能が付いているものがあり、人感センサーを搭載しているタイプで自動的ン行うことができるタイプや延長タイマー付換気扇も多くなっていますので、しっかりと各家庭に合った換気扇を選択して活用していくようにしましょう。

⑥換気扇電気代の節約

換気扇を使っている中では電気代などがかかってしまうという事で最低限しか活用しないという方も多いと思いますが、快適に過ごすためには換気扇をしっかりと活用することが必要となります。

換気扇により異なりますが、仕様的にも24時間フルで使うとタイプのものが多くなっていますが、何よりも省エネで使っていけるものを選ぶことにより電気代を節約しながら快適な状態で換気扇を使っていく事が可能となっています。今の時代は様々な機能が付いていて自動でオン、オフとなるものも販売されていて、24時間使う場合にはフルで換気扇を使っていることもあり、故障やトラブルを招いてしまう場合も多いのですが、その辺もしっかりと考えて換気扇を選ぶようにしましょう。

今の時代は換気扇も省エネで使っていく事が出来ますが、換気扇を24時間使った場合でもそこまで電気代がかかりませんので、部屋の環境を良い状態に整えるためにしっかりと換気を取り入れる必要があります。

まとめ

パイプファンに関しては様々な場面で活用することができますが、トイレに使われることが多いのですが、故障などが起こってしまった場合にはしっかりと専門業者に依頼することにより修理や取り替えを行うことができます。

古い換気扇を使っている場合、買い替えを検討している人もしっかりと業者に相談することにより、設置する場所に合った換気扇を選ぶことができて、快適に使っていく事が出来ると思います。換気扇はどのタイプも同じと思っている人がいますが、換気扇の種類により機能なども異なってきますので購入や取り替えの際には機能の比較を行ってみるようにしましょう。