ダクト換気扇に異常がある場合の解決法

作業費6,000円~対応中!
換気扇

換気扇も進化していますが、何よりも最新型の換気扇を取り付けることにより日常の生活の中で過ごしやすい環境を維持することができます。その中で何よりも大切なことは自分の家庭に合った換気扇を選ぶようにしましょう。

はじめに

換気扇といえば当たり前のように毎日キッチンや浴室、トイレなどで使っていると思いますが、換気扇にも様々な種類のものがあると知っていますか。長い間使っている場合や昔建てた古い家の場合には、最新のものが取り付けられていない状態で故障した際にもどんな種類のものがあるのか把握することができません。そのために、自分の家に合ったものを選びたいと感じている場合には、電気屋さんや業者の方に相談することにより、換気扇の種類を把握することができて家庭に最適な換気扇を選択することができると思います。

①ダクト換気扇とは

一般的なダクト換気扇
一般的なダクト換気扇

ダクト換気扇とは本体ユニットが天井に設置されたタイプ換気扇のことです。本体が天井内部に埋め込まれたタイプとグリル部分が露出されているタイプの2通りがあり、天井内に埋め込まれたダクトを通して室内の空気を換気してくれます。住宅内などで利用される場合には、トイレや浴室で用いられることが多く、業務用としてもオフィスや店舗などで利用されることもあります。メーカーによってはダクト用換気扇や天井埋め込み型と表現されることもありますが、基本的には同じ内容の製品で性能などに関してもさほど変わりはないといわれています。

②ダクト換気扇の故障事例

ダクトの修理
ダクトの修理

ダクト換気扇の故障に関してはどのような問題が起きてしまう事が多いのでしょうか。実際に換気扇のトラブルに関してはどうしても生活をする中で快適に過ごすことができないということがあります。故障した場合にはどのように対応すればよいのでしょうか。

2.1 お風呂の換気扇

お風呂で使用している換気扇が故障してしまい自分ではどうする事もできず業者の方に依頼しました。換気扇の種類などを聞かれてのですが、自分ではわからず調査に来てくれて確認してもらったらダクト用換気扇ということがわかりました。故障で修理することができないと説明してくれて本体の交換が必要となりますが、適合しているタイプの部材を注文してくれて届いてから取り付けを行ってくれましたが思っている以上にスピーディーに対応してくれて本当に良かったです。

2.2 浴室ダクト換気扇

浴室で使用しているダクト換気扇から変な音がして、お風呂に入っている時も気味が悪く業者の方に連絡しました。異音は故障の原因になってしまうと言われていましたが、浴室に換気扇を使用しないと湿気が多いために音はしていたけど換気扇を使っていたのですが、業者の方が出向いてくれて異音がする状態で長く使用すると故障してしまうと言われて、メンテナンスを行ってもらったのですがすぐに解消することができて感謝しています。

2.3 ダクト換気扇の交換

お風呂で使用している天吊中間ダクト換気扇の交換を考えていたのですが、自分では交換することができず、業者に依頼しました。交換を考えたのは動かない時もあり壊れてしまっていると感じて依頼したのですが、業者の方が状況を調べてくれた結果、掃除不良という事で交換する必要はなくクリーニングする事で解決できるといわれて、すごく対応に驚いています。すぐにクリーニングに取り掛かってくれて、スイッチを入れるとスムーズに動くようになり満足しています。

2.4 ダクト換気扇の洗浄作業

浴室と脱衣所で使用しているダクト換気扇の掃除を考えていて、キッチンの換気扇のように取り外して掃除をすることが不可能だと思って色々な情報を調べていると業者に依頼するとクリーニングしてくれるという事がわかり、依頼しました。業者の方が現地に駆けつけてくれて、取り外しを行って清掃作業を行ってくれて快適に使えるようになりました。これからも定期的に同じ業者の方に掃除を依頼しようと思っています。

③ダクトの種類

ダクトについては使用目的により3種類があり、空調や換気などの目的で設置されてい管のことで長年使うことによりホコリや油が溜まってしまい空気の通りが悪くなることもありますが、しっかりと種類を知って各家庭にあったものを探すようにしましょう。

3.1 空調ダクト

建物内の温度を一定に保つことができる空調システムには、外気を取り入れるダクト、空調機で循環させるダクト、空気を建物外に排出させる排気ダクトがあります。それぞれフィルターが設置されていて、全てのチリやホコリを除去する事は不可能で、ホコリが溜まってしまうと空調効率が悪くなってしまい、悪臭が発生してしまうなどの問題が起こってしまう場合もあります。

3.2 換気ダクト

換気ダクトは湿度調整が必要ではないトイレなどに設置させることが多く、換気扇で空気をダクト内に取り込むので換気扇の汚れも影響してしまいます。そのために、定期的に掃除を取り入れないと排気能力が低下してしまいカビが発生して事もありますのでしっかりと掃除を行って清潔な状態で使っていく必要があります。

3.3 厨房ダクト

調理で出た熱などを排出するダクトです。フィルターはありますが、油は簡単に除去することができるダクトに油が溜まってしまうと漏れ出てくる可能性があり、引火してしまうと大規模な火災につながってしまう場合があります。

④ダクト換気扇の特徴

実際に換気扇はキッチンや浴室、トイレなどで活用するものと感じている人も多いと思いますが、ダクト換気扇の特徴としては、防犯面などに優れて換気を行うことができるという点が挙げられます。

4.1 風邪の予防

家族の中に風邪やインフルエンザにかかっている人がいる場合には他の家族にもうつりやすいといわれていますが、家の中の空気の流れが少ない場合にはウイルスが増えてしまいやすいといわれています。そこでダクト換気扇を活用することにより、家の中に空気の流れができて部屋の中の空気を入れ替えることができます。風邪をひいている場合には、窓を開けて換気などをすることが難しいと思いますが、ダクト換気扇を活用することにより快適に部屋の中の空気の流れを良くすることができます。

4.2 ホコリ対策

ホコリは軽いのでふわふわと空気中に浮かんでいますが、小さなホコリでも落ちるのに時間がかかり、掃除をしていてもホコリはすぐに溜まってしまい大変と感じている人も多いと思います。小さなホコリでも積もるのが少なくなることによりその分掃除が楽になりますが、ホコリに関しても空気の流れにより換気扇に流れていく場合もありますので換気扇を活用することにより、ホコリも放出することが可能となっています。

⑤換気扇の使い方

実際に換気扇の使い方については各家庭で違いがあると思いますが、何よりも大切なことは効果的な使い方を取り入れていく必要があります。スイッチを押すと簡単に換気扇を回すことができますが、正しい使い方で使用していきましょう。

調理をする際の正しい使い方としては、加熱料理をする前に換気扇のスイッチを入れると思いますが、そうではなく先に換気扇を回してから調理の準備をする方がよいといえます。油を使った料理の際には油煙が発生します。油を使わなく手も肉や魚を焼くと食材から油が出て油煙が発生します。

日常の生活の中で油煙は家の中を漂って壁や天井、床、ガラス、家具、テレビの画面など様々な家具や場所にくっついてしまい汚れてしまいます。そのために、油煙はできるだけ外に放出する必要があります。実際に中華料理店や揚げ物やなどの壁は油でベトベトしているイメージがあると思いますが、実際に各家庭も同じなのです。

そのための正しい方法で使うことが大切ですが、調理を行う前の5分前には換気扇を回すようにしましょう。直前に回しても換気扇に向かって空気が流れていない状態なので、調理のはじめに発生した油煙は換気扇に吸い込まれずに部屋の中を漂ってしまいます。

5分前に換気扇を回すことにより空気の流れを換気扇に向けることができて調理を始めてもそのまま油煙も換気扇に吸い込まれるようになります。習慣はすぐに身に付けることが難しいと思いますが、キッチンに立ったら換気扇という癖を5分前行動を意識して5分前には換気扇を回しておくようにしましょう。

また、調理後に関してもすぐに切るという人がいますが、それもやめるようにしましょう。調理が終わった後も油煙がある状態なので、できるだけ追い出すことがおすすめで調理が終わっても30分程度は換気扇を切らないようにしましょう。実際に換気扇をつけていると電気代がもったいないと感じる人も多いと思いますが、お湯を沸かす際にも湯気を外に出すために換気扇は強に設定しておく必要があり、湿度が上がってしまう事によりカビが発生する事も多いので、電気代を考えるのではなく、しっかりと家の中を守ることができる方法で換気扇を活用していくようにしましょう。

⑥換気扇の汚れ

換気扇の汚れに関しては定期的に掃除をしているという人もいると思いますし、トラブルを起こすまで何もやったことがないという方もいると思います。しかし、換気扇が汚れている状態で使うことにより逆に家の中を汚してしまう結果に繋がるのでしっかりとメンテナンスを行う必要があります。

換気扇を回している状態で家の中が汚れにくいといわれていますが、換気扇が油やホコリで汚れている状態の場合には、回るパワーが落ちてしまいます。吸い込みも悪くなってしまい効果を十分に発揮することができなくなり、故障の原因につながるだけでなく、電気代も余計にかかってしまいますのでスムーズに回る環境で使う必要があります。

換気扇は一度の掃除したことがないという方も多いと思いますし、高い位置にあるので自分では外すことができないという場合もあると思いますが、旦那さんの休みに合わせて掃除をするなど考えてみましょう。実際に一度洗ってみれば理解できると思いますが、油汚れに関してはゴシゴシ洗っても落ちません。スポンジが油まみれになってしまうだけで汚れは落ちないので、先ず換気扇を掃除する際には、お湯に洗剤を入れてつけ置きをしておくようにしましょう。

その後にある程度の時間を放置してスポンジを使って洗うことにより汚れが落ちやすくなります。ダクト換気扇については、大体5年に1回程度の清掃が必要となりますが、建物の使用方法や環境により違います。厨房ダクトの場合には汚れが溜まりやすいので掃除はしなくても年に1回程度は点検が必要となります。

家庭の換気扇については自分で掃除が可能となっていますが、ダクト換気扇の場合には、プロに依頼することがお勧めできます。実際に換気扇に不具合が生じた場合には自分では解決することができませんが、業者に依頼することにより、汚れが溜まっていることが原因か機器のトラブルかという判断を行うことができます。

ダクトの清掃に関しては面積により金額が頃なってきますが、業者に依頼する前にしっかりと測定して状況を伝えることが必要で業者に依頼する場合には、見積もりなど依頼することにより自分に合った業者を探すことができます。実際にダクト換気扇は飲食店などで活用している場合も多く、清掃は必要不可欠となっています。掃除を行うことにより火災などを防ぐことが可能となっていますし、効率的に換気扇を使っていく事が出来て異物混入などのリスクについても防ぐことが可能となっています。

換気扇の種類は様々ですが何よりも同じ換気扇でも使い方などが異なってきますのでしっかりと種類や機能を把握して自分に合った換気扇を正しい方法で使っていくようにしましょう。

まとめ

ダクト換気扇についてはメンテナンスが難しく業者に依頼することが大切になってきますが、しっかりと対応して快適な環境で使っていけるようにしておく必要があります。種類によっても使用方法や機能などに違いがありますが、一般的に使っている換気扇については、自分の使っている換気扇に合ったメンテナンスや使い方で活用することにより、故障やトラブルなどを防ぐことができます。

換気扇の掃除はしたことがないという方も一度チャレンジすることにより、きれいな換気扇になりその後はキレイな状態で使っていきたいと感じることもできると思います。ダクト換気扇については天井に設置することが多いので、自分でのメンテナンスが難しいと思いますが、信頼できる業者に依頼して定期的な点検を行ってもらうようにしましょう。

厨房などで使っているダクト換気扇については、いつでもキレイな状態で活用していく事が必要になりますし、一般家庭とは違って調理の量に関しても多く、油などが溜まりやすいといえますので、しっかりと業者の方に点検をしてもらってよい清潔な環境で使っていく事が信頼へと繋がっていくと思います。換気扇の使い方については正しい方法を取り入れる事により、部屋の中の環境にも影響しますので、しっかりと使い方を見直して正しい使い方で活用していくようにしましょう。