プロペラファンが故障した時の対策

作業費6,000円~対応中!
換気扇

換気扇についてはどの家庭でも活用していると思いますが、快適に使っていくためには、日常でしっかりと状況を見極める必要があり、故障やトラブルを招いてしまう場合もありますが、何よりも大切なことはメンテナンスをしっかりと取り入れるという事です。

はじめに

換気扇にはプロペラファンがついていますが、故障やトラブルが起こった場合には、快適に使っていく事が出来ません。自分で解決することができない場合がほとんどで、早く解決したいと考えている場合には、専門業者に依頼することにより、快適に使っていく事が出来ますが、換気扇については寿命が10年程度といわれていますが、長年使っている場合に故障した際には新しいものと交換する事を検討するほうが良いといえます。年数によりトラブルや故障が多くなってしまうために、修理でも可能ですが、他の箇所がトラブルを起こしてしまう場合もあり、修理を何度も繰り返すよりも新しいものに交換するほうが安心して使えるといます。

①プロペラファンとは

プロペラファンとは、換気扇に利用されるような形状をした羽を利用している換気扇のことです。主にキッチンで使用することが多いのですが、ダクトなどを利用せずに直接空気を換気するタイプとなっています。室外の風の影響を受けやすいという難点もありますが、無風の時と比較すると換気できる風量が大幅にダウンしてしまいます。気密性の高い住宅や中高層住宅での利用に適しているといわれていますが、利用者がメンテナンスを行いやすいという特徴があり、戸建て住宅でも多くの方が取り入れています。実際に換気扇は汚れてしまう傾向にあり、しっかりと自分で手入れを行う必要は出てきますが、その点に関しては手軽に掃除を行うことができるタイプのものを選ぶ必要があり、自分で手入れ可能な換気扇を求めている場合には、プロペラファンがおすすめできます。

②プロペラファンの故障事例

異常のあるファン
異常のあるファン

プロペラファンの故障に関しては、どのような事例が多いのでしょうか。実際に換気扇のトラブルをして使えなくなってしまうと不便に感じてしまうために早急に対応したいと考える人も多いと思います。

2.1 キッチンの換気扇が動かない

キッチンで使用しているプロペラ式のファンが動かなくなってしまい、自分ではどうする事も出来ず業者に依頼しました。業者の方が駆けつけてくれたのですが、色々な話をする中で30年程度使っているという事もあり、スイッチが折れてしまっている状態で修理を行うのは不可能という結果で、新しいものと交換することにしました。大体換気扇の寿命は10年程度なのに30年も使っていたという事で新しい換気扇に交換して快適に使えるようになり解決できたし、安心して使えるので業者の対応に満足しています。

2.2 換気扇の交換

台所で使用しているプロペラ式の換気扇が調子が悪くなり、長く使っているので修理よりも新しいものに交換したくて業者の方に相談しました、新しい換気扇は自分で購入したのですが、交換作業ができなくて業者に依頼した結果、しっかりと対応してくれてすごく助かりました。

2.3 換気扇の交換

キッチンで使用しているプロペラタイプの換気扇を長く使っていて、定期的に掃除などを取り入れていたのですが、汚れが落ちなくなってしまい、音が大ききなったために自分で購入して交換しようと思ったのですが、挑戦した結果、作業が思うようにできず業者に依頼しました。自分で何度も何度も挑戦したのですが、無理で業者に依頼するとすぐに交換作業が終わりやっぱり専門の方に依頼するのが一番だと気付きました。今後は自分でやろうとしないで業者に任せようと思っています。

2.4 換気扇が回らない

キッチンで使用しているプロペラ式の換気扇が回らなくなって、長く使っているので業者に相談しました。業者の方が実際に使っているものの型番がわかれば適合したものを注文することができるのでわかる範囲でという事でわかる範囲で答えたのですが、部材を注文してくれて届いてから交換に来てくれました。交換に関しても大掛かりな工事なども必要なくスムーズに取り替えることができて対応に感謝しています。

③プロペラファンの故障の原因

プロペラファンの故障の原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。故障を防ぐためにできることを取り入れる事により換気扇を快適に使っていく事が出来ると思います。何よりも原因を対策することが大切です。

3.1 変な音

キッチンの換気扇を回すと変な音がして原因や対処法などもわからず音はするけど素のまま使い続けるという場合がありますが、換気扇から異音がしている状態で使い続けるのは避けるようにしましょう。異音を放置したままで使い続けると、異音の原因としては経年劣化や部品が破損しているという場合もあり、そのまま使い続けることにより故障してしまいます。対策などを行わないまま使うことにより最悪の場合にはプロペラファンがいきなり外れてしまいケガなどをする場合もありますし、ホコリにモーターから火花が引火して火災の原因となる場合もありますので早めに業者に依頼して修理するようにしましょう。

3.2 ゴーという音

換気扇からゴーという音が聞こえた場合には、ファンやプロペラに油汚れやほこりが溜まっている状態で重たい音が響きますが、そのまま使うことにより汚れが蓄積されてしまい故障につながるケースも多いといわれています。そのために、汚れが原因と感じた場合には、掃除をすることにより対策することが可能で、換気扇を分解して市販のアルカリ性洗剤や重曹、セスキ炭酸ソーダなど油汚れに効果的な洗剤で洗うことにより、音も解消することができますし、プロペラファンの故障を防ぐことができます。

3.3 キュキュ、チチチという音

キュキュ、チチチという音に関しては乾いた音となっていて、換気扇を回すとこのような音が出てしまう原因として、プロペラファンの軸には回転しやすいように潤滑油が塗られているのですが、音がキュキュ、チチチという場合にはオイルが不足していることが原因となっています。対策としては、プロペラファンの軸にオイルを塗ることにより換気扇の音を解消することができますが、オイルについてはホームセンターやネット通販で手軽に購入することができますし、今の時代はスプレータイプのものが主流となっていて手軽に使えます。注意点としてはオイルなどを塗る際にはたくさんの量を塗るのは避ける必要があり、つけすぎてしまう事により換気扇を回した時に周囲に飛び散ってしまいますので、適量を心がけるようにしましょう。

3.4 ジーという音

換気扇からジーという音が継続してなっている場合には、換気扇の内部のモーターが湿気により錆びてしまっていることが原因として考えられますが、料理の頻度が高い場合や湿度の高い環境の場合には起こりやすいと言われています。対策法としては、サビは掃除で除去することが難しいので換気扇の交換が必要になります。しかし、一部の部分だけ錆びている場合には部品の交換を行うことで解消する場合もありますので自分で判断するのではなく業者の方に相談することがお勧めできます。

3.5 カカカ、カラカラという音

換気扇からカカカ、カラカラという音が聞こえる場合には、継続的な使用によりモーターの軸が変形や破損してしまっている場合やホコリなどが付着して軸がずれてしまっていることが原因となっている場合があります。変形や破損をしている状態で使い続けると故障に繋がってしまいます。そのために対策法としては修理業者に交換を依頼するようにしましょう。モーターに関しては精密機械なので分解して原因を調べたり、掃除をしてしまうと故障してしまう事もありますので、専門業者の方に依頼してしっかり対応してもらうようにしましょう。

④換気扇の汚れが原因となるリスク

ファン跡に見られる汚れ
ファン跡に見られる汚れ

換気扇の汚れが原因で起こってしまうリスクはどのようなことが挙げられるのでしょうか。換気扇が汚れている状態で使っているという方も多いと思いますが、しっかりリスクを知ることにより対策などを取り入れることができると思います。

4.1 カビや雑菌の繁殖

換気扇が汚れている状態だと、汚れをエサにしてカビや雑菌が繁殖してしまいます。カビや雑菌を含む油汚れなどが、料理をしている時に鍋に落ちてしまうと下痢や嘔吐、発熱などの症状を引き起こして食中毒の危険性が高まってしまいます。換気扇の役割としては汚れた空気を入れ替えることによりスムーズな調理を助けてくれていますので逆に邪魔になってしまわないように清潔な状態で使っていく必要があります。

4.2 換気能力の低下

換気扇に油汚れが溜まってしまうと空気を吸い込む内部ファンに負担がかかってしまい換気能力が低下してしまいます。換気能力が低下してしまう事で空気の取り込みや排出が追い付かなくなってしまい、吸いきれない油が部屋に広がってしまいます。そうなると換気扇の意味がありませんのでしっかり快適に使うことができる環境で活用する必要があります。

4.3 電気代がかかる

換気扇に汚れが溜まってしまうと換気能力が低下してしまい、換気扇を余計に回すのにエネルギーが必要となり電気代が増加してしまいます。同じ量の空気を吸い込むためにもキレイな換気扇と汚れている換気扇とでは回す量にちがいがあり、汚れているほど電気代がかかってしまうといえます。

4.4 故障や劣化

換気扇を汚れている状態で使うことにより、負担をかけてしまう結果につながってしまうので、故障や劣化してしまう事が多いといわれています。そのために、自分でできる範囲で換気扇の掃除を行うことにより、故障や劣化を防ぐことは可能となっています。

⑤プロペラファンについて

プロペラファンについては掃除を取り入れる事により快適に使っていく事が出来ますが、どのように掃除を取り入れたらよいのかわからないという方も多いと思います。今の時代は便利になりクリーニング業者に依頼する事も可能となっていますので検討してみるようにしましょう。

自分で行う場合には、中性洗剤を溶かしたぬるま湯にフィルターを浸します。食器洗いなどを使う場合には、ごみ袋などを活用することで汚れずに済みます。プロペラファンの掃除に関しては、硬すぎないタワシやブラシを使って汚れを落として水洗いで洗剤を流していきます。洗った後は、布で拭き取るのがおすすめできますが、自然乾燥でも良いと思います。

最近ではスプレータイプの洗剤が販売されていて、まんべんなくスプレーをかけて10分程度置いてブラシなどを使って掃除をして行きましょう。パーツを取り外す際や取り付ける際には、しっかりと慎重に行っていく必要があり、ファンは裏側にある溝がシャフトピンに沿うように差し込んでいく必要があります。

換気扇については、高い場所に設置されているという事もあり、年配の方などは掃除ができないという場合もありますが、専門業者に依頼することによりクリーニングが可能となっていますので、年に2回程度依頼するようにしましょう。費用は掛かってしまいますが、汚れた状態で使うことにより、健康被害なども起こしてしまう場合がありますので清潔な状態で使う必要があります。

自分で掃除を行うことが可能な方についても月に1回程度は換気扇の掃除を行うことにより、換気扇の寿命をのばすことができますし、衛生的に使っていく事が出来ます。汚れに関しては使う頻度により異なってきますが、家族が多い家庭では油などを使った料理に関してもたくさんの量が必要となり、換気扇も長く使いますが、使う頻度により換気扇の掃除回数を増やしたり、減らしたり調整しながら取り入れる必要があります。

換気扇の掃除に関しては難しいと感じている方も多いのですが、取り外して掃除を行って取り付けるだけで、基本的には簡単に行うことができます。自分で行うことが難しいと感じている人も多いと思いましが、一度チャレンジする事で慣れると掃除もラクになりますし、清潔な状態で使っていくためには掃除は欠かすことができません。

まとめ

換気扇のプロペラファンについては、定期的に掃除を取り入れる事により換気扇の負担を軽減することができますし、清潔な状態で使うことができます。汚れている状態で使うことにより、換気扇に負担がかかってしまい故障の原因となってしまいますので、自分で行うか業者に依頼するかを決めて掃除を取り入れていきましょう。

換気扇の汚れは、健康状態に被害をもたらす場合もありますし、逆に電気代がかかってしまう傾向にありますので、何よりも定期的な掃除を取り入れて快適に使っていける環境に整えて活用するようにしましょう。換気扇の状態についても使うたびに確認する事により、異変などが起きた場合でも気づきやすいと思います。当たり前のように使っている換気扇でも使えなくなるとキッチンで使っている場合には料理をする際に部屋の中に臭いがこもってしまい、食欲などがなくなってしまうという場合もありますので、快適に使えるように状態をしっかりと把握しておくようにしましょう。