換気扇のモーター故障が見られるときの修理法

作業費6,000円~対応中!
換気扇

換気扇はどの家庭でも活用しているアイテムですが、当たり前のように活用している場合でも様々なトラブルが生じてしまうケースがあります。しっかりと対策や原因を知ることにより、自分なりに換気扇の使い方などを考えることができて換気扇を長く使っていく事が出来ます。

はじめに

換気扇に関しては各家庭により種類やメーカーにより使い勝手が異なってきますが、何よりも快適に使えるものを選択する必要があります。換気扇を使っている中では当たり前と思っていても機器なので故障してしまったり、寿命などもありますのでその辺を知っておくことにより、故障か不具合か把握することができると思います。換気扇は各家庭に必要なものとなっていますが、しっかりと正しい方法で使っていく事により、長く愛用することができる製品でもあります。

①モーター故障の原因とは

故障した換気扇
故障した換気扇

換気扇を使っていく中でスムーズに使える間は問題ありませんが、使えなくなってしまう原因としてはモーターの故障が原因となっているケースも多いと思います。完璧に故障してしまう前にしっかりできる対策を取り入れるようにしましょう。

1.1 換気扇から異音がする

換気扇のモーター故障については、修理依頼の中で一番多いトラブルとしては換気扇から異音がするというケースが多くなっています。長年利用していることで換気扇の内部にあるモーターの中心軸がズレてしまって音が生じてしまうという事が考えられます。モーターが原因となる場合には、一度解体する必要があり、自分では修理することが難しいために専門業者の方に依頼する必要がありますが、異音がした状態で業者に連絡することにより修理が可能ですが、異音の音が大きくなってしまった場合には修理で直すことができない場合もありますので異音に関しては早めに修理業者に依頼する必要があります。

1.2 回転音が大きい

換気扇に利用されているファンによっては、回転時に音がするものがあります。しかし利用する中で異常に回転音が多くなってしまう場合もあり、この場合にはモーター内部が劣化していることや周辺部品との摩擦が多くなってしまっているという状態となっている場合が多いといえます。対処するためには、モーター内部の確認が必要となってきますので、専門の方に診てもらうようにしましょう。自分で確認しても原因などを把握することができないために、しっかり電気屋さんなどに依頼することがおすすめできます。

1.3 換気が弱くなった

換気扇のトラブルに関してはファン自体が回っているのに、換気しているように思えないというケースもあり、この原因としてはモーターが寿命を迎えてしまい通常通りにファンを回転させることができないという事が原因になっている場合が多いといえます。主に経年劣化により生じてしまうトラブルで業者に依頼して故障しているという場合には本体の買い替えが必要になってきます。

1.4 オイル不足

モーター自体が故障していないのに異音が生じてしまう場合にはベアリングのオイルが不足していることが原因となっていることが多いといえます。カラカラといった乾いた音が鳴っている場合にはオイル不足が原因となっている可能性が高いので早めに対処する必要があります。対処法としてはベアリングに潤滑油を塗る必要があり、オイルに関しては市販で購入することが可能となっていますので音が気になる場合には、定期的にオイルを塗ってあげるようにしましょう。

②換気扇の修理や取り付け

換気扇の修理
換気扇の修理

換気扇の寿命としては10年程度といわれていますが劣化してしまうと取り替えが必要になってきます。その際にしっかりとどのように交換していけばよいのでしょうか。

2.1 耐久年数

換気扇の耐久年数としては交換時期として10年程度といわれています。使用頻度や手入れなどによっても劣化具合が違ってきますが、取り付けから10年が経っている場合は、換気扇のトラブルが発生してしまった時点で交換することがおすすめできます。修理することにより使うことが可能となっていますが、すぐに不具合が生じてしまうケースもありますのでトラブルが発生した時点でしっかりとどの程度の期間使っているのか確認して、長く使っているという場合には修理ではなく新しいものに交換することを検討してみるようにしましょう。

2.2 修理の注意点とポイント

換気扇の取り付けに関しては現状の取り付け状態や換気扇の種類により工事内容が違いますし、費用も変わります。プロペラ式をそのまま交換する場合やレンジフードのみの交換の場合には取り付けだけで済みますが、換気扇自体の交換については電気配線の工事が必要になってきます。今の時代は換気扇も進化していて、快適に使えるものを選択する人もいますが、プロペラ式からスリム型に変更する場合や設置場所を変える場合には、排気ダクトの改良工事などが必要になるので大掛かりな工事となってしまう場合があります。

価格の安さで選ぶ場合には、プロペラ式が最も安価で工事を済ませることができますが、レンジフードは横幅が広くなるほど価格が高くなってしまいますし、色でも価格が違ってきます。高機能が付いたものは価格も高くなるということ知っておくようにしましょう。メーカーや機能にこだわりがないという場合には、型遅れの商品や業者の過剰在庫を利用することにより費用を抑えることができます。

今の時代のレンジフードに関しては色も豊富ですが、特殊な形状をしているものなど個性的なデザインのものが多くなっています。キッチンに取り付ける場合には、アクセントになるデザイン性なども各キッチンに合ったものを選ぶことができるといえます。

また、充実している商品の中で機能によっては掃除がしやすいと商品を選ぶようにすることにより、自分で手入れをする必要もなく快適に使っていく事が出来ます。最近では、換気扇やレンジフードについては進化していて、リモコンで遠隔操作ができるものなども増えていますので何よりも自分が快適に使うことができるものを選択するようにしましょう。

③換気扇の故障を予防

換気扇を快適に使っていくためには故障を予防していく必要がありますが、どのように予防していけばよいのでしょうか。自分が簡単にできる方法を取り入れてみましょう。

3.1 フィルターを付ける

換気扇の故障を防ぐためには、フィルターを取り付けることにより、日常で換気扇に蓄積している汚れのほとんどをフィルターがキャッチしてくれるために、フィルターに汚れが溜まります。定期的にフィルターを交換することにより、換気扇の汚れを防ぐことが可能です。手入れを定期的に行うことができないという方は換気扇を綺麗に保つためにフィルターを取り付けるようにしましょう。また、車用のワックスなどを換気扇に塗ることと汚れ対策に効果的といわれていますので取り入れてみましょう。

3.2 定期的なお掃除が必要

日常の生活の中で毎日使う換気扇については、長持ちさせる方法としてはこまめに掃除を行うことが大切になってきます。定期的に掃除をすることにより換気扇の内部がどのような状態か把握する事もできます。何年も放置していた換気扇を開けてみたら予想以上の汚れでビックリしたという展開になってしまう場合もありますので換気扇の中の汚れの度合いにより故障に繋がってしまう事もありますので定期的にメンテナンスを行って利用していくようにしましょう。ちょっとしたトラブルに関しては、換気扇の掃除をすることにより解決できる場合もありますので、トラブルがある状態で使うのではなく掃除を行って使っていくようにしましょう。

3.3 洗剤の使用

換気扇の掃除を取り入れている方も多いのですが、掃除をする時には洗剤を使用しますが、塩素系漂白剤や台所用中性剤などを使用して掃除を行う場合が多いのですが、アルカリ性の薬剤なので濃度が高いほど汚れにしっかりと浸透してきれいに汚れと落とすことがでいます。しかし、きれいにはなりますが、濃度の高い洗剤を利用することにより換気扇の部品を傷めてしまう可能性が高まってしまいますので、薄めて使うようにしましょう。

④換気扇の故障について

換気扇を利用している中で換気扇が排気をうまく吸わない気がしたり、今までとは違う音がしたり、回転音が大きくなってしまうというトラブルが起こってしまう場合があります。そんなトラブルはなぜ起こってしまうのでしょうか。

4.1 換気扇が動かない

換気扇が動かないトラブルが起きてしまった場合には換気扇本体の寿命の可能性が高いといえます。寿命については10年程度といわれていて、使用環境や頻度により違ってきますが、10年程度使っている場合には換気扇の交換を考えてみるようにしましょう。また、換気扇から音がする場合や振動しているのに動かない場合には換気扇内部に汚れが溜まっている場合があり、掃除をする事で解決することができる場合もありますので自分ができる範囲で掃除を行ってそれでも動かない場合には、買い替えを検討してみましょう。

4.2 異音や振動

経年劣化やファンやプロペラについた汚れが原因となってモーターの軸がずれたり外れたりする場合もあり、その場合には変な音や振動がすることがあります。汚れが原因で回転がぶれてしまっている場合には掃除をする事で直すことができますが、変形や破損している場合の軸のずれに関しては修理が必要になります。修理をする事で使える場合もありますが、度合によっては買い替えが必要なケースもあります。自分では判断することができませんので専門の方に依頼するようにしましょう。

4.3 弱い、吸わない

換気扇については目安としてティッシュを1枚換気扇に近づけた時に吸い付くころです。正常な状態ではティッシュに吸い付きますが、換気が弱い場合には吸い付かない場合もあり、その場合には換気扇の汚れが原因となっているケースもありますが、換気扇のモーターの寿命という場合がありますが、長年使っているという場合には換気扇の交換を検討してみるようにしましょう。

4.4 音が異常

換気扇の回転音が今までよりも大きいと感じた場合には付着しているごみかモーター内部が経年使用によりすり減ってしまっている可能性あり、モーターがすり減ってしまうと正常に動作することができないので異音や騒音に繋がってしまいます。ファンやプロペラなどを外して掃除をしてモーターの回転軸に潤滑油を塗ってみましょう。回転がスムーズになり解決できる場合もあります。モーターの劣化が激しい場合には、交換する必要がありますが、何よりも自分ができることを行ってみるようにしましょう。

⑤換気扇について

換気扇については、日常の生活で活用するものなので異変などに関してはすぐに気が付くことができると思いますが、何よりもおかしいと感じた時点で確認する必要があります。日常で定期的に掃除などを行っている場合には、故障などを防ぐことができますが、メンテナンスを行っていないという場合には、故障を招く原因となってしまうので注意しましょう。

換気扇については、修理を素人が行うことにより危険を伴ってしまうケースもあり、複雑な作業が必要で取り外しなどはできてもどの部分が故障しているのか見極めることも難しいといえます。ファンの寿命が縮む原因になるベアリングの損傷などパーツの交換が必要なケースが多く、自分ができるのは掃除です。

先ずは掃除を行ってどのような状態か確認した上で自分では修理ができませんし、掃除をしても問題を解決することができない場合には、プロの方に調査を行ってもらうようにしましょう。修理で解決する場合もありますし、買い替えが必要という判断についてもプロの方がしっかりと明確に判断してくれますので、プロの方に相談して修理をするのか、買い替えをするのか決めるようにしましょう。

長年使っている場合には、修理をしても他の部分が故障してしまう場合もありますので買い替えの方がおすすめできますが、その辺はしっかり業者と話し合って決めるようにしましょう。

まとめ

換気扇のモーターの故障については自分で直すことができないために専門業者に依頼する必要がありますが、大切なことはしっかりとメンテナンスを取り入れて活用していく事です。掃除を定期的に行うことにより、換気扇の状態を把握することができますし、汚れを取り除くことにより換気扇の負担を軽減する事もできます。

今の時代は、換気扇の掃除などに関しても業者に依頼することができますので相談してみるようにしましょう。故障してしまうと買い替えが必要になりますが、しっかりと手入れを行うと換気扇の故障を防ぐことだけでなく、寿命をのばすことができますので、快適活用するためにはしっかり手入れを行って行くこと大切です。

換気扇の不具合やトラブルに関しては早めに対策を行うことにより故障を防ぐことができますし、修理をする事も可能ですが、完璧に故障してしまう事により修理が不可能な場合もありますので早めに行動するようにしましょう。自分で判断できない場合には専門の方に依頼することによりスムーズに解決に導くことができます。