換気扇が回らないときの解決法

作業費6,000円~対応中!
換気扇

日常の生活の中でどの家庭にも設置してある換気扇については、いきなり回らなくなってしまったり、故障してしまうというケースもありますが、実際に原因を知ることにより対策や予防を取り入れることができます。快適に使っていく事が出来るようにきちんと原因を知ることが何より大切になってきます。

はじめに

換気扇については日常で食事を作る際などに換気が必要なりどの家庭でも活用していると思いますが、回らなくなってしまうと逆に家の中に臭いがこもってしまい、衣類なども心配になってしまいますが、しっかりと原因を知ることにより自分ができる対策を取り入れることが可能となっています。換気扇を当たり前のように活用している場合でもトラブルを招くことがありますが、トラブルに対してどのように対応すればスムーズに解決することができるか知っておくようにしましょう。

①換気扇が回らない原因

故障した換気扇
故障した換気扇

換気扇が回らない原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。原因を知ることにより、自分なりに対応する事も可能となっていますし、無理な場合には業者に依頼するなどスムーズな解決へ導くことができると思います。

1.1 電気が流れていない

換気扇が回らない原因の一つとして換気扇に電源が伝わっていないという事が挙げられます。台所などの水回りで利用するという場合には、ショートなどが原因で電気が通っていないという事が考えられるので解決を目指すには、配線などの確認が必要になりますので、自分で行うことは危険と伴う作業となるので電気屋さんに依頼することが大切になってきます。しっかりと状態を伝えることによりスムーズに解決に導くことができるのでどのような換気扇を利用しているのか、メーカーなども分かる範囲で依頼する際に伝えるようにしましょう。

1.2 油汚れが原因

台所で利用するレンジフードなどでよく見られる換気扇が回らないトラブルで多い原因としては油汚れの付着です。実際に換気扇が回らなくなると故障と思ってしまう人も多いのですが、故障ではないケースもありますので、自分なりに換気扇の掃除を行ってみましょう。モーター軸などに油汚れが付着すると動かなくなってしまうので洗剤などを使って掃除を行うようにして、この時に注意する事は電気部分などには水がかからないようして掃除を行っていく必要があります。

1.3 回る速度が遅い

換気扇自体は回るけど回わる速度が遅いという場合があります。この場合には油汚れやホコリの付着などが原因となっている場合もあり掃除を行っても変化がない場合には、モーターに異常がある場合もありますので、修理専門業者の方に依頼して調査してもらうようにしましょう。換気扇に関してはコーティング剤を塗ることにより予防につながりますので取り入れてみましょう。

1.4 スイッチの不具合

換気扇が回らない時のトラブルとしてスイッチの故障や不具合が考えられます。換気扇自体には問題はなく、スイッチが故障している場合には、業者に依頼する必要があります。スイッチの交換が必要になり配線などに触れる作業が必要になってきますので素人の方が修理を行うことが危険を伴ってしまいますので専門業者の方に依頼して修理を行ってもらう必要があります。

②換気扇のメンテナンス

メンテナンス
メンテナンス

換気扇に関しては、換気扇が回らない原因として油汚れなどが挙げられますが、日常の生活の中でメンテナンスを取り入れる事により原因を対策や予防することができて、換気扇を快適に使っていく事が出来ます。

2.1 フィルターの手入れ

換気扇の手入れは必要不可欠となっていますが、掃除などが面倒と感じている方は使い捨ての外付フィルターを備え付けのフィルターやカバーの上からかぶせることにより、内部は汚れにくくなります。汚れる外付けフィルターは定期的に交換するだけでよいので簡単に手入れを行うことが可能となっています。

2.2 掃除をする

フィルターの手入れをした場合でも油が混じった空気は換気扇の中を通るので時間とともに汚れてしまいます。換気扇内部の油汚れは、実は自分で簡単に掃除することが可能となっています。しかし、換気扇のタイプにより分解方法が異なってきますのでしっかりと自分の換気扇の種類を把握して掃除を取り入れていく必要があります。

2.3 業者に依頼する

換気扇が回らなくなると故障と勘違いする人も多いのですが、自分で掃除などができない場合には業者の方にクリーニングを依頼するようにしましょう。換気扇は高い位置にあり掃除がしにくく、分解も複雑で自分では無理を感じる人も多いと思いますが、業者に依頼することにより、綺麗に掃除をすることができますが、定期的に依頼する必要があります。

2.4 故障

換気扇の不具合を感じると汚れているからだと感じる人も多いと思いますが、故障している場合も多いといえます。その際には買い替えが必要となりますが、換気扇については経年劣化により故障してしまいます。10年以上使っている場合には掃除をしても調子が悪いと感じた場合には交換がおすすめできます。

③業者に依頼する場合

換気扇の掃除は大変だと思いますが、何よりも業者に依頼することによりキレイにしてくれるというメリットもあります。その中でどのように業者に依頼する場合には、どの点に注意が必要なのでしょうか。

3.1 クリーニング

換気扇のクリーニングに関しては業者に依頼することにより換気扇の各パーツを外して家庭では掃除が難しい部分まで徹底洗浄してくれます。業務用の強力な洗剤ならではの汚れ落ちやポイントを抑えた手際のよい掃除で短期間でピカピカの換気扇になります。自分で同じように掃除をすることは難しいのでたまにはプロの方に依頼してピカピカの状態に仕上げてもらう事も大切になります。

3.2 料金設定

実際に換気扇のクリーニングを依頼する場合には費用が気になると思いますが、ホームページなどを調べると費用や作業内容などを知ることができますが、請求金額にビックリしてしまうというケースも少なくありません。換気扇のクリーニングについては、汚れの状態や換気扇の形により追加料金がかかり請求額が跳ね上がることがありますが、そのようなことを防ぐためには、オプションや追加料金が発生する可能性があるかどうかという事を記載している業者に依頼する必要があります。

3.3 口コミをチェック

今の時代は便利な時代なり換気扇のクリーニングを業者に依頼する人も増えています。その中でたくさんの業者がありどの業者が良いのか自分で判断することが難しいと感じてしまう事があります。そんな場合には、ネットを活用することによりたくさんの業者があり、口コミなどを記載しているサイトやサービス内容などに関しても便利に理解できるようになっています。実際に口コミを参考にする際には、仕上がりの内容に関して満足しているかどうかという事だけでなく、どの程度キレイな状態を維持できるかなども確認してみるようにしましょう。

3.4 保証制度

換気扇のクリーニングを行う際には、換気扇を破損してしまうケースもあり、その際に保証をしっかりしてくれる業者に依頼する必要があります。実際に業者が破損した場合でも故障していますという業者もいますのでクリーニングを行う際には、運営者の確認をしておくことにより、トラブルなどが起きた際には会社の代表の方に連絡することができて、弁償してもらうことが可能となっていますが、個人運営などの場合には、知らんぷりするという人もいますので、どの辺もしっかりと依頼する中で確認しておく必要があります。

④換気扇のトラブル対処法

換気扇については日常の生活の中でキッチンやお風呂などに活用するアイテムとなっていますが、機能まで回っていたのに回らなくなったり、音がするようになったりすることがあります。そんな場合にはどのように対処していけばよいのでしょうか。

4.1 吸わない

換気扇自体はいつもと同じように動いているのに全く吸わないというような現象が起きてしまうケースもあります。この場合には、経年劣化やダクト内の詰まり、汚れなどにより吸う力が弱まっている可能性が高いといえます。そのほかにも吸う力が弱くなってしまう原因があり、締め切った部屋で使っているという事が挙げられます。換気扇は基本的に部屋の空気と外の空気の入れ換えを行うものです。締めきった部屋で空気の入口を別に確保していないと換気扇を使っても空気を循環させることができません。通常は給気口を開けておき、外からの空気を入れるのですが、冷房や暖房を使っている際には、効率を上げるために給気口を閉めた状態で換気扇を使っている場合があり、故障も汚れもないのに換気扇が吸わないと感じた場合には給気口の確認を行ってみるようにしましょう。

4.2 回らない

換気扇のスイッチを入れても全く回らない場合には、電源が入っているかどうか確認してみるようにしましょう。何かの拍子に電源が抜けてしまいそれが原因で動かないという場合もあります。また、スイッチが故障している可能性もあり、その場合にはスイッチを交換することによりすぐに解決することができます。電源は入っているのに回らない、力が弱いと感じる場合には、異音や吸わなくなった際の原因と同じですが、経年劣化や汚れが原因となっている場合が多いので、回る速度が遅くなっている場合に汚れが原因なので掃除を取り入れてみましょう。掃除をしないでそのまま使い続けることにより、モーターに負担がかかってしまい故障に繋がってしまいますので、故障してしまう前にしっかりと対応する必要があります。

4.3 換気扇の交換

換気扇のトラブルに関しては様々なことが原因となっている場合も多く自分では解決することができない場合も多いのですが、自分で解決できない場合には業者に依頼する必要があります。換気扇の交換時期については、フィルターは早くて1ヶ月程度で交換するようにして、遅い場合でも3ヶ月に1回は交換するようにしましょう。換気扇の交換時期については、手入れ方法によっても差がありますが、換気扇を長持ちさせるためにはしっかりと手入れを行いましょう。換気扇のモーターの寿命としては10年程度といわれていますので手入れなどをしっかり行っていても調子が悪いという場合には交換する必要があり、換気扇については各家庭により使う頻度や機種で交換時期は変わってきますが、しっかりと自分ができる対処法を取りいれても解決できない場合には、プロの方に依頼するようにしましょう。

⑤換気扇の上手な活用法

家の中で活躍している換気扇に関しては、日常の生活の中で湿気やホコリは日々溜まってしまいますが、手入れや点検を行うことにより劣化を防ぐことができて長く活用することができます。実際に換気扇の掃除に関しては大掃除などに行うという人が多いのですが、大掃除だけでなく年に2回~3回程度取り入れる必要があります。こまめに使うことにより、換気扇のトラブルや故障を防ぐことができて快適に活用することが可能となっています。

毎日使うものなので不具合などを起こしやすいという事が挙げられますが日常の生活が忙しく掃除などを取り入れることができないという場合には、業者に依頼するようしましょう。手入れや定期的な点検を心がけることにより異常をはやく発見することができますので故障する前に対処することができて、不要な故障を防ぎ長く快適に換気扇を使っていくことができます。

換気扇のトラブルに関しては様々なことが問題となっていますが、自分で解決することができる問題もありますので実際に自分が使っているメーカーの換気扇の取扱説明書を確認してみるようにしましょう。そうすることにより掃除方法などに関しても知ることができますし、どの程度の頻度で手入れを行えば長く活用することができるのかという事も理解することができると思います。

まとめ

換気扇が回らない原因としては汚れなどが関係していますが、定期的な掃除を取り入れることにより、換気扇を快適に使っていく事が出来ると思います。換気扇のメンテナンスに関しては、換気扇の種類やメーカーで違いがありますが、きちんと説明書を参考にして取り入れるようにしましょう。

間違った方法で掃除などをすることにより故障に繋がってしまったり、部品を破損してしまう事もありますので、慎重に順序を把握して行っていく必要があります。忙しい場合には業者に依頼することも可能となっていますが、費用が掛かってしまいますので依頼する前にどの程度の費用が掛かるのかしっかり確認しておく必要があります。依頼して掃除が終わって驚くこともありますので、前もって相場を知っておくことが大切になってきます。

最近では便利な時代となりインターネットを活用することにより、相場などを調べることができますのでたくさんの業者のホームページを確認して相場を知ることにより、業者を選ぶ際にも失敗することなく良い業者を選択することができると思います。業者の比較を行うことで自分に相応しい業者に依頼することができますので、確認をしっかり行い業者を決めるようにしましょう。