コファー照明に異常が発生したときの解決法

作業費6,000円~対応中!
照明

今の時代は様々な照明を取り入れる家庭が多くなっていますが、その中で何よりも自分の自宅に合ったものを選ぶ必要があり、今回はコファー照明について紹介していきますが、色々な面をしっかりと比較してみましょう。

後で後悔しないためにも、どんな照明なのかをしっかり知ることにより、トラブルなどがあった際でも対応をスムーズに行う事が出来ると思います。

はじめに

照明は家を明るくするために欠かす事が出来ませんが、今の時代はオシャレな照明が人気となっています。そこで間接照明の種類の中にコファー照明がありますが、どのような照明か説明していきます。実際に照明のトラブルなどに関しても戸惑いなどを感じてしまう事がありますが、しっかりと対応できるようにどのように解消していけばよいのか、メリットやデメリットについても紹介していきます。

①コファー照明とは

コファー照明とは、堀り上げ天井と呼ばれる構造を利用することにより取り入れる事が出来る間接照明です。堀り上げ天井については、天井の中央部分が底の開いたドーム型の空洞になっているものです。光源は、コファー内部に隠されて配置する事が可能となっていて、空洞内に光を拡散して使われることが多く、間接照明は、天井の広さが一定以上であることが条件となり、天井の広さを確保する事が出来ない場合には、取り入れる事が出来ません。

コファー照明と取り付ける場合には、陰影を均一にする為にランプの種類を揃える必要があり、ソケットや器具、シェードの影が映らないように設置する必要があり、エッジ部分に関しても発光する照明が必要となってきます。今の時代は様々な照明の種類がありますが、何よりも照明の役割としてオシャレな雰囲気を求めるだけでなく、実際に部屋の雰囲気を良くすることができる照明を選ぶ必要があります。

②コファー照明のメリットとデメリット

コファー照明のメリットとデメリットについては、何よりも間接照明の一種となっていて、様々な演出を求めることができる照明といえますが、その中でメリットとデメリットをしっかりと把握して自分に合ったものを選ぶ必要があります。快適な空間を作るためには、何よりしっかりとメリットとデメリットを把握して検討するようにしましょう。

2.1メリット

コファー照明の最大のメリットとしては、部屋をオシャレにすることができて、コファー照明を取り付けることにより、オシャレな空間を手に入れることができます。天井の照明は均一の明るさを部屋全体に届けるためのめりとした感じになるのですが、間接照明に関しては、照らす部分を限定するため照らされたものの陰影を浮かばせる事が出来るので、部屋の中を広く見せることもできます。狭い部屋の場合には取り入れることにより、効果を期待する事が出来ます。

また、コファー照明については、リラックス効果も期待する事が出来て、間接照明に関しては、光源を直接見せず、反射を利用するために穏やかな光なので眼にも優しい光なので安眠効果を期待する事が出来ます。今の時代は寝る前にスマホなどを見ることにより、眠気が飛んでしまって、寝つきが悪いという方が多くなっていますが、スマホなどを寝る前に見ることにより、脳が活性化してしまう事が原因となっています。その中で間接照明のコファーを取り入れることにより、部屋の中が暗くなるので、快適な睡眠ができる環境を手に入れることができます。

更に紫外線ガットも期待する事が出来ます。間接照明のコファーの照明をLEDにすることにより、虫が寄ってこないというメリットがあり紫外線をカットする事も出来ます。実際に一般的な家庭の照明には、夜窓ガラスに虫が引っ付いているという事がよくありますが、LEDにすることにより、虫がよってこなくなるというメリットがあります。

2.2デメリット

コファー照明のデメリットについては、間接照明にもスイッチがありますがつけるのが面倒という事があります。天井につけることにより壁のスイッチを押してつけていきますが、一気にすべての照明が付くという事ではなく、間接照明の場合には、一個一個の電源をつけていく必要があります。間接照明に関しては、多くあればよいという問題ではありませんが、複数取り付けることにより、立体感などを出す事とともにリラックス効果も期待する事が出来るために、たくさんつけることにより、スイッチを入れるのが面倒と感じる人も多いと言われています。

また、間接照明だけでは暗いというデメリットもあり、部屋を広く見せたりリラックスできる空間を作ることができますが、光の量が少ないと感じることもあり、明るさが足りないと感じる場合も多いといえます。実際に、寝室などの場合には問題ないと感じますが、寝室で読書などをするという人には向いていないといえます。寝るだけの部屋ならリラックス効果を期待する事が出来てメリットを感じることができますが、寝室で本を読んだりする習慣があるという人にはデメリットが多くなってしまいますのでその辺をしっかりと検討して決める必要があります。

③間接照明について

間接照明についてですが、良いと感じる点もありますが、逆に物足りないと感じる点もありますが、間接照明に関しては上手に活用することにより、空間にメリハリをつけることができて、最高の空間で過ごす事が出来ます。

間接照明と一口に言っても大きく分けるとコファー照明、コープ照明、コーニス照明の3種類があります。コファー照明に関しては、明るさはあまりないと言われていますが、柔らかい光が広がるためにリラックス空間を作ることができて、今の時代は疲れているという人も多いと思いますが、リラックスできる空間を作ることができて、日常のストレスなどを軽減することができて、ゆっくりと自分の時間を満喫する事ができリラックス空間で安らぎの時間を手に入れることができる照明といえます。

実際にリラックスしたいと感じている人は、何よりもまずは一つコファー照明を取り入れることにより、部屋の雰囲気を変えることができて、生活の中で同時に疲れも癒すことができると思います。部屋の中の空間を変えるという事に関しては、照明一つで部屋の中の雰囲気を変えることができるという点で今の時代は多くの方が取り入れています。

全ての部屋に取り入れるのではなく、寝室などに取り入れる人が多くなっていて、自分の時間を大切にして心が安らぐ時間を作りたいと感じている人が多くなっている中で、リフォームなどを検討している人も多いと言われています。

④コファー照明のトラブルの解消法

実際にコファー照明を取り入れてもトラブルなどが起こってしまった際には自分で対処する事が難しいと感じると取り入れる事が難しくなってしまいます。その中で今回は実際に起きたトラブルに関して紹介していきますので参考にしてみてください。

4.1電子部分の交換作業

リビングと寝室にコファー照明を取り入れているのですが、突然点灯しないというトラブルが発生しました。業者に連絡して、調査をしてもらった結果、LEDに電気を供給する電子部分の故障と発覚して部品の交換をお願いしました。その結果、元通りに点灯するようになり安心しています。自分が好きな空間だったので、すぐに直していただいて本当に感謝の言葉しかありません。

4.2蛍光灯を交換しても点灯しない状態

リビングの照明が壊れて蛍光灯を自分で交換したのですが、点灯しない状態で業者の方にお願いしました。業者の方に修理してもらうとすぐに点灯して、蛍光灯の付け方に問題があったのかなと感じています。しかし、修理でなおすことができてよかったと思っています。

4.3天井照明がチラつく症状

天井照明がチラつく症状が続いて、業者に修理をお願いしました。LED電球がきれかけていると思っていたのですが、電球には問題はなく内部の電子部品が故障しているという事がわかり、40分程度の作業で天井照明のチラつきの症状を解決する事が出来ました。

4.4部屋の照明がつかない

部屋の照明がつかず、困っていたのですが、業者に連絡するとすぐに駆けつけてくれました。接触が悪い状態という事だったのですが、すぐに修理をしていただいて問題を解決する事が出来ました。

⑤照明の異常を解決するには

日常の生活の中で照明は大事な役割をしていますが、何よりも異常を解決するためには、しっかりと確認を行う必要があります。また、どのような症状がしっかり見極めることが重用なポイント荷なります。

5.1電球や蛍光灯の不具合

実際に電球がチカチカしている状態になると電球が切れる前兆だと考えられますが、電球を新しいものに交換する事が大切です。新しい電球に交換して、もう一度電源を入れてみましょう。電球のチカチカに関しては、電球を変えることにより解消することも多いのです。

5.2照明器具に異常

照明をつけるためには、様々な器具が使用されています。その中で一つでも故障してしまうと照明に異常が発生してしまう事がありますが、知識がない場合には、照明の異常を感じた際には、業者に相談するようにしましょう。

5.3ブレーカーを確かめる

照明に問題が起きてしまうと焦ってしまうという人も多いのですが、その前にプレーカーなどを確認する必要があり、全てのブレーカーを切って、上げていきますが、上がらないものがある場合にはブレーカーが問題となっているケースもあり、そのままの状態にしておくと火災などが起きてしまう可能性がありますので早めに業者に相談するようにしましょう。

何よりも照明のトラブルに関しては、照明だけでなく器具やグレーカーなどが問題になっているケースもありますのでしっかり確認して早めに対処する事が大切になってきます。修理をお願いする際には、何よりも見積もりや現地調査などを無料で行ってくれる業者を探すようにしましょう。各会社のホームページなどを確認することにより、様々なトラブルを解決する事が出来る場合もありますし、無料で見積もりや調査をしてもらうことにより、お得にトラブルを解消することができます。

⑥間接照明の修理

間接照明の修理に関しては、業者の作業費や部品などの材料費、天井工事が必要な場合にはその費用が掛かるという事をしっかり頭に入れておく必要がありますが、業者により価格設定について差がありますので、自分で費用を明確にすることはできません。

間接照明の修理に関する問題に関しては、明確な費用が知りたい場合には見積もりを依頼する事が大切になります。照明の修理を行う際には、天井の工事が必要になってくる場合もあり、その場合には費用が高額になってしまうケースもあります。各家庭において状況が異なってくると思いますが、しっかりと自分の自宅の照明の状態を調べてもらう必要があり、電話などでは把握する事ができませんので、無料で見積もりを行ってくれる業者に連絡をして、現場を見てもらって見積もりを出してもらう事が重要になってきます。

1社だけでは費用の比較を行う事が出来ませんので数社に見積もりを行ってもらうことにより、費用の目安を知ることができますし、業者の方の対応などについても確認することができて、自分に合った業者の方に依頼する事が出来ると思います。業者については、近くの業者に依頼する事がおすすめで、遠い場合には出張料金などが発生してしまう場合もありますのでその辺も最初に確認しておくようにしましょう。

まとめ

間接照明のコファー照明は寝室やリビングなどゆっくりとした空間を楽しみたいという方が取り入れていますが、その中で大切なことは故障などをした際にはしっかりと業者を見極めることが重要なポイントになります。大切なことは、見積もりをお願いすることにより費用面だけでなく業者の雰囲気も同時に知ることができると思います。

業者により対応にも違いがありますが、照明の種類でも費用に違いが出てきますのでしっかりと調べた上で業者を選択するようにしましょう。照明の故障だけでなく、コファー照明を自宅に取り入れたいというリフォームを考えている人もしっかりと調査が必要になってきますので、無料で調査を行ってくれる業者に見積もりをお願いすることにより、相場を知ることができて、取り付けを前向きに考えることができると思います。

業者を選ぶ際に一つ言えることは、近くの業者に依頼する事が大切で、遠い場合には別料金で出張料金などが発生してしまう場合もありますので、その辺もしっかりと確認しておくようにしましょう。今の時代は、リラックスする事が体の疲れを癒すためにもストレスを解消するためにも重要になっていますが、照明を変えるだけでも様々な効果を期待する事が出来るといえます。

実際に迷っている人も多いと思いますが、自分が快適に過ごす事が出来る空間を目指すことにより、精神的な面においても前向きな環境を作ることができて、家で過ごす機会が少ないという方でも家にいる間は快適な空間を作ることが大切という事が言えます。照明の選び方に関しても迷いなどもあると思いますが、どのような感じになるのかしっかりと様々な情報を集めることにより把握する事ができると思います。