エコキュート貯湯タンク容量の選び方!使用湯量の簡単計算も紹介します

作業費6,600円~対応中!

エコキュートを導入する時に、一番重要なのが『貯湯タンクの容量』を間違えないことです。

なぜなら、エコキュートは『その日に使うお湯を先に沸かしておく』仕組みだからです。

夜間の割安な電気料金でお湯を沸かして、貯湯(ちょとう)タンクに溜めておき、必要な時に取り出して使います。

「お湯が足りなくならないように、少しずつ使わないと…」なんて考えるのは絶対に嫌ですよね?

タンクの容量を間違えないためには、次の3つのポイントを確認しましょう。

  • 家族の人数
  • お湯の使い方
  • 住んでいる地域

エコキュートを導入する最大のメリットは『光熱費の削減』です。

どうせなら無理はせず、できるだけ効率良くお湯を使いましょう。

この記事では、エコキュートの貯湯タンク容量の選び方について解説しています。

エコキュートの容量はどのくらい?

エコキュートは同じ機種でも、タンクの容量はいくつかあり選ぶことができます。

『家族の人数』で必要な容量はある程度決まっています。

  • お風呂のお湯はり:180リットル
  • シャワー:80リットル/人
  • キッチン・洗面所:30リットル/人

もちろん個人差はありますので、上記の数字は参考程度に考えてください。

貯湯タンクの容量は、大きく5つに分かれています。

それでは、容量ごとに見ていきましょう。

容量200リットル前後は単身世帯など少人数向け

エコキュートの貯湯タンクの中で、一番小さいタイプです。

  • 集合住宅や少人数世帯向け
  • 単身~2人家族を想定
  • スペースが狭くても設置可能

容量300リットル前後は夫婦2人世帯など少人数向け

エコキュートの貯湯タンクの中で、少し小さめなタイプです。

  • 2〜3人家族が使うことを想定
  • 各メーカーからも発売されている一般的な容量

容量370リットルは3〜4人家族向け

エコキュートの貯湯タンクの中で、一番多く選ばれるタイプです。

  • 3〜4人家族が使うことを想定
  • 一番売れているサイズ

容量460リットルは4〜5人家族向け

エコキュートの貯湯タンクの中で、少し大きいタイプです。

  • 4〜5人家族が使うことを想定
  • 370リットルで不安な場合に選ばれる
  • 各メーカーからも発売されている一般的な容量

容量550リットル前後は大人数の世帯向け

エコキュートの貯湯タンクでは最大の容量になります。

  • 5〜7人の家族を想定
  • 来客が多い家庭でも対応可能
  • 選べる機種は少なめ

ここまでで、貯湯タンクの容量をある程度絞り込めたと思います。

エコキュートの容量は使える湯量じゃない?

エコキュートは沸かしたお湯を貯湯タンクに溜めておきますが、ここで注意するポイントがあります。

【貯湯タンクに溜めるお湯の量=使えるお湯の量】ではないということです。

実際にお湯を使う時は、貯湯タンクのお湯と水道水(約10度)を混ぜて、設定温度(約40~50度)に調整するからです。

そのため、住んでいる地域季節によって使えるお湯の量は変わります。

  • 冬 < 夏
  • 寒い地域 < 暖かい地域

つまり、使えるお湯の量が少なくなる『冬』に合わせて、貯湯タンクの容量を考える必要があります。

住んでいる地域の『水温』を発表している自治体は少ないので、東京都水道局のデータを参考にしてください。

東京より寒い地域なら容量の大きいものを選び、暖かい地域なら少な目でも問題ないと判断できます。

使える湯量の計算方法

実際に使用するお湯の量は、計算で簡単に求めることができます。

  • 貯湯タンクのお湯の温度 – 水道水の温度=
  • 使用するお湯の温度 – 水道水の温度=
  • 貯湯タンクの容量 × /

ちなみに、貯湯タンクの温度や使用するお湯の温度は、自分で設定できます。

以上のことから、冬に使うお湯の量を計算することで、どの容量を選べば良いのかが分かります。

「それなら、夏はお湯が余ってしまうの?」と思うかもしれませんが、問題ありません。

水温が高い夏の場合

『夏』にエコキュートのお湯を効率良く使うためには、2つの方法があります。

  • 貯湯タンクのお湯の温度を下げる
  • 貯湯タンクのお湯の量を減らす

どちらも、自分で設定することは可能です。

さらに言えば、各メーカーには『おまかせ』機能があり、直近1週間の使用データなどに基づいて自動で湯量や温度を調整してくれます。

ですから、基本的にエコキュートにまかせておけば良いでしょう。

エコキュートの容量と電気代の関係性

「貯湯タンクが大きくなると、電気代も高くなりそう…」と思っていませんか?

タンクの容量が違っていても、沸かすお湯の量が同じなら、電気代はほとんど変わりません。

大きめの貯湯タンクを選ぶことのデメリットは、本体価格設置スペースが少し増えるくらいでしょう。

それよりも、お湯が足りなくなって追加で沸かす方が電気代は高くなります。

なぜなら、夜間の電気料金が割安になるプランの場合は、昼間の料金が高くなっているからです。

もし貯湯タンクの容量で迷っているなら、大きい方のサイズを購入しましょう。

エコキュートの意外なメリット

エコキュートには『光熱費の削減』の他にも、いくつかメリットがあります。

  • 停電時でも少しの間はお湯が出る
  • 断水時でも貯湯タンクの水を生活用(飲めません)に使える
  • ガスに比べて火災のリスクが少ない

災害時に使える水が確保できているのは、とても心強いです。

まとめ

ここまで、エコキュートの貯湯タンク容量の選び方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

貯湯タンクを選ぶ時は、次の順番で考えてみましょう。

  • 家族の人数から候補を絞る
  • 冬に使うお湯の量を計算する

この2点を確認しておけば、必要な貯湯タンクの容量は分かるはずです。

しかし、中には「うちの場合はどれを選べば良いのかわからない…」と悩む方もいらっしゃるでしょう。

なぜなら、生活スタイルは各家庭で大きく異なるからです。

  • 朝はシャワー、夜はお風呂に入る
  • 家族が7人以上
  • 来客が多い

などの場合は、タンクの容量を選ぶのは難しいかもしれません。

そんな時は、専門業者に相談してみましょう。

多くの経験や事例から、あなたのご家庭に合わせた解決方法が分かるかもしれません。

『DENKI110』では、エコキュートの【導入に関してのご相談】にもお答えいたします。

また、【お見積もりも無料】で行いますので、エコキュートに関してお悩みでしたらぜひお気軽にご相談ください。