エコワンの特徴と故障したときの解決法

作業費6,000円~対応中!
給湯器

今の時代は様々な商品が進化していますが、給湯器に関してもたくさんの種類があり各メーカーで機能や性能に違いがあります。その中で大切なことは何よりも自分の家庭に合ったものを選ぶ必要がありますが、しっかりと色々な商品を比較することにより、良い製品を選択することができると思います。

はじめに

エコワンって知っていますか。人気を集めている給湯器といえますが、買い替えなどを考えている人は是非、どのような給湯器なのかしっかり情報を集めてみましょう。省エネが当たり前の時代になっていますが、その中で光熱費の節約を考えている人も多く、環境に優しいというメリットと省エネ効果を期待することができますが、使い方や家族構成により、どのタイプの給湯器を選べば効率よく活用することができるのかなど様々な情報を集めることにより、家庭に合った給湯器を選んで上手に活用していく事が出来ると思います。

①エコワンとは

エコワンとはリンナイが製造したガスと電気を組み合わせて利用するハイブリット型の暖房システムを備えている給湯器です。大気を取り入れて熱エネルギーに換えるエコキュートと従来のガス給湯器と比較すると熱効率を高める機能が備わったエコジョーズの両方の良いとこを取り入れているのがエコワンとなっています。お湯を生み出す時に、より効率的に作り上げるためには、電気をガスを使い分けてくれて、生成した熱は、給湯や暖房、床暖房や浴室乾燥機などに使用することが可能となっています。多機能で省エネ性が高い次世代の給湯器がエコワンで新しく買い替えを検討している方などには人気となっています。今の時代はオール電化を取り入れる家庭も多くなっていて、新築を建てる際には床暖房などを考える人も多いのでその中でエコワンを設置することにより、便利に活用することができるということが言えます。

②エコワンのトラブル事例

エコワンについては、新築を検討している方は取り入れたいと考えている人が多いのですが、トラブルなど起きた時にどのように対応したらよいのかと不安を持っている人も多いと思いますが、実際の事例を参考にすることによりスムーズに解決に導くことができると思います。

2.1 給湯器から水漏れ

給湯器トラブルに関しては水漏れが多いといわれています。その中でエコワンも当てはまり、原因としては旅行などにより長い間使用していなかったという事や部品などの経年劣化などが挙げられます。エコワンは排気熱を利用してお湯を沸かすシステムを導入しているので結露が出やすいということが言えますが、水漏れでなく結露が出てしまうと水漏れと勘違いしてしまう場合もありますので、しっかりと結露か水漏れか確認する必要があり、給湯器の水漏れと判断できる場合にはすぐにでも業者に依頼するようにしましょう。

2.2 設置後すぐに異変

新しくエコワンを住宅に設置したばかりだという場合に水漏れやガスの臭いが漏れている症状がみられる場合があります。設置の際の施工不良の可能性もあるのですが、自分で少し動かしてしまった場合でも配管やガス管にズレが生じてしまう事もありますので、設置する際にしっかりと場所を決めて自分で動かさないようにしましょう。施工の不具合に関しては業者に連絡することで解決することができますが、業者に関してはしっかりとアフターフォローのある業者を選択する必要があります。

2.3 音がおかしい

エコワンには様々な部品が利用されています。ピーという高い音が鳴った場合には、ファンモーターに異常が発生している可能性があります。音自体は小さいがボンといった爆発音が鳴った場合には不完全燃焼を起こしている可能性があるのですぐに点検をしてもらうようにしましょう。業者に関しても設置作業を行ってもらった業者に依頼するのがおすすめできます。

2.4 追い炊きおかしい

追い炊き機能を利用したときに温度が上がらない、設定している温度とは違うというトラブルが起こってしまう場合がありますが、その原因としては、主に浴槽循環口の詰まりや汚れが原因となっていることが多く、掃除やメンテナンスを行うことにより解決することが多いといえます。しかし、配管内部が詰まっている場合には自分で対処することができませんので専門業者に依頼して解決するようにしましょう。

③エコワンのメリットとデメリット

エコワンの導入を検討している場合には、メリットやデメリットをしっかりと踏まえて考える必要がありますが、きちんと把握して考えてみましょう。

3.1 メリット

エコワンのメリットとしてはランニングコストの安さとなっています。特に北国など寒い地域についてはお湯をたくさん使うと思いますが、お湯をたくさん使う場所ほど、光熱費を安くすることができます。エコキュートはお湯を蓄えるために巨大なタンクが必要になりますが、エコワンにはそれもありません。また、太陽光発電と組み合わせて使うことが可能となっているので発電した電気をエアコンに使ってお湯を出す事も可能なので光熱費の節約ができるという点が最大のメリットとなっています。

3.2 デメリット

エコワンは他の給湯器と比較すると導入費がかかる製品です。従来の給湯器よりも5万~10万程度高くなってしまいます。電気とガスのどちらかの調子が悪くなってしまうと修理が必要になり、どちらも維持していく必要があり、維持費がかさんでしまうということがデメリットといえます。実際に購入する際には、安く購入することができないので高いお金で設置したのにと感じてしまう事もあり、エコワンに関しては最も新しい給湯器で設置している家も少ない状態なので、使用した方の感想なども少ないという事と寿命の目安についてもどの程度の期間使えるのかという事もはっきりしていないという事がデメリットで、コンパクトですが、ガスと電気の室外機を設置する必要があり、マンションやビルの壁面に給湯器をつけている場合には設置が難しいといえます。  

④エコワンへの取り替え注意点

エコワンを導入する際には大掛かりな工事が必要となります。給湯器だけでなく床暖房を取り入れる方も多いと思いますが、新築や大規模なリフォームを考えている際に設置することがおすすめできます。逆に給湯器が故障した時に取り替えたいと考える人も多いのですが、エコワンにするのは難しいといえます。まだ、エコワンに関しては取り扱っているお店が少ないので導入を考えている人は取扱店を探すことから始める必要があります。

エコワンの導入に関しては新築を考えている場合には、設置する際も基礎の状態で取り入れる事も可能となっていますが、床暖房などに関しても大掛かりな工事が必要になってくるのでエコワンを取り入れたいと考えている場合には、大掛かりな工事が必要になってくるという事もしっかり考えておく必要があります。

給湯器が故障してしまうと家の中で快適にお湯を使うことができる不便に感じてしまう事も多いと思いますが、給湯器の交換については、電力会社やガス会社の直営店や家庭用設備機器を販売、設置する会社が交換を行ってくれるようになっています。そのために、給湯器が壊れてから新製品を選ぶ際には時間がかかってしまいますし、快適に使うためにはすぐに取り替えを依頼すると思いますが、同じメーカーのものを選ぶ際には、大掛かりな工事は必要ありませんが、他の給湯器を選択する場合には工事が必要になってしまう場合もあります。

そのために便利に活用するためには、しっかりと業者の方と相談してからアドバイスなどをもらって決めるようにしましょう。従来の給湯器からエコワンを導入する場合には、大掛かりな工事が必要でお湯を快適に使うことができる状態になるまで時間がかかってしまいますし、工事を行ってくれる業者もまだ少ない状態なので、給湯器を選択する際には業者に相談して決めるようにしましょう。

また、給湯器の調子が悪くなってしまうと設定温度がうまくいかなくなってしまう事が多く、そのような症状が出てきて、10年程度使っているという場合には、いつ故障してもおかしくない状態といえますので早めに給湯器の交換を行う必要があります。夏は問題ないと思いますが、特に冬は給湯器が使えない状態で過ごすのは辛いと思いますのでその辺をしっかり考えることにより、不便なく使っていく事が出来ますし、トラブルなども起こすことなく予防することができると思います。

⑤エコワンの導入について

エコワンの導入を考えている人も多いと思いますが、多くの家庭で使われているわけではなく、使っている人は少ないといえます。そのためにどの程度の費用が掛かるのか、工事期間などについてもしっかり把握して決める必要があります。

エコワンを導入する際には、総工費として60万~70万円程度かかると言われています。ガス給湯器を使用していたという場合には、構造変更の大掛かりな工事が必要なり、工事に関しても2日程度かかると言われています。さらに取り付ける際にもきちんと取り付けが可能かどうか現地調査が必要となっていて、現時点では導入が難しい価格といえます。

エコワンに関しては、今までの給湯器とは違ってスマホから各種操作を行うことができるIOT技術が取り入れられていて、今後のスマートライフも十分に対応できる性能があり誰もが便利に活用できるということで導入を検討するのですが、今までの給湯器と取り替えるという考えで簡単に導入することができないという点が難点となっていますが、新築などを建てる際には取り入れが可能となっていますのでハウスメーカーさんなどを話し合うことにより、導入も可能となっています。

エコワンに関しては電気使用量を抑えることができてコストを下げることに繋がっていますし、今までの給湯器の欠点も克服しているという事が言えますが、価格に関してしっかりと考えてみるようにしましょう。今後取り入れる家庭も多くなると思いますが、給湯器を交換する際に変更するという事は無理といえますので、その辺を考えてどうしても取り入れたいと考えている場合には、大掛かりなリフォームを検討してみましょう。

⑥給湯器の選び方

今の時代は号数や型、機能など様々な給湯器が販売されています。その中費用に関しても異なってきますが、今の時代はどの給湯器を選んでも省エネで活用することができますが、しっかりと自分の家庭に合ったものを選択することにより、便利に使っていく事が出来ると思います。

給湯器の費用に関してもタイプや交換時期により差が出てきますが、費用を抑えて給湯器を買い替えたいと考えている場合には、見積もりを依頼するのが基本となっています。1社ではなく複数の会社で見積もりを依頼することによりしっかりと相場を把握することができます。給湯器交換については、メーカー希望小売価格で買う人はいません。給湯器交換業者が本体の価格を割引して工事費をプラスした費用を支払う必要があります。

ガス給湯器にしても電気式給湯器にしても施工の際には、国家資格が必要なり資格を持っていない人が取り付けることはできません。給湯器交換の費用に関しては、設置する取り付け業者を通じて最終的な総額が最も大事な価格となりますので見積もりを行ってもらってしっかりと比較するようにしましょう。

大手の会社に依頼することにより価格は安い場合がありますが、逆に工事がすぐに行えないというケースもあり様々点を比較する必要がありますが、すぐに対応してくれる業者を選択することにより、不便な時間を短くすることが可能ですが、価格だけで安く済ませればよいという考え方では、すぐに交換できず不便に感じる期間が長くなるという事もしっかり考えておきましょう。

また、業者により商品の種類や在庫状況、工事時期などでも価格は大きく変動してしまいますので、複数で見積もりを行うことにより、自分が求めている給湯器の在庫が多い場合には少し安く購入することができる場合があります。見積もりに関しては、依頼する会社で違いがありますが、ネットで手軽に見積もりを行うことが可能となっていますので故障してしまう前に不安に感じた時には、早めに見積もりを行ってもらうことにより比較することが可能ですが、壊れてからでは比較することができず購入費用が高額になってしまうケースもあります。

まとめ

エコワンに関しては最新式の給湯器といえますが、今までの給湯器と比較すると進化しているもので、今までの難点を解消して作られたものですが、導入を考える際にはしっかりとどのような方法で行えばよいのか知っておくと便利だと思いますが、新しい給湯器という事もあり確実なトラブルや故障の内容などに関しては情報がまだない状態です。

しかし、新築を建てる場合や大掛かりなリフォームを検討している場合には業者の方に相談することにより、取り入れることが可能となっていますので、検討してみるようにしましょう。どんな商品に関しても年々進化して便利に使うことができるものが多くなっているのでその辺を含めて考えると魅力的な製品といえます。