石油給湯器の特徴とトラブルまとめ

作業費6,000円~対応中!
給湯器

今の時代は給湯器を欠かすことができませんが、特に冬になると活用する機会も多くなると思います。災害などにより給湯器が使えなくなってしまうと不便に感じますが、何よりも快適に使うことができる環境に整えることが一番重要になってきます。

はじめに

石油給湯器を活用している家庭も多いと思いますが、今の時代は様々な省エネ商品が販売されている中でも昔から使っているものが良いと感じている方も多いと思います。新しいものに交換する場合には工事が必要になってくるという事を考えると使い慣れたものが良いと感じます。しかし、その中で石油給湯器に関しても様々な機能や特徴が年々進化している状態で便利になってきていますが、大切なことは上手に活用していく事が重要になってきます。石油給湯器の状態についても特に寒い冬にはトラブルなどが多くなってしまいますので、不便に感じることなく活用できるように状態を見極めて対策などを取り入れるようにしましょう。

①石油給湯器とは

石油給湯器とは、石油や灯油を熱源としたバーナーを利用してお湯を沸かす給湯器のことです。寒い地域に関しては、ランニングコストを考慮して利用することが多かったのですが、今の時代はオール電化の家庭が多くなり石油給湯器を使う家庭は少なくなっているのが現状です。石油給湯器に関しては、大型タンクを内蔵している貯湯式と必要な分だけその場でお湯を作る直圧式があります。最近では、排気熱などを利用した省エネの高いエコジョーズと同様に熱効率の高い石油給湯器も販売されるようになっています。何よりも便利に使うことができるという点で灯油を活用するという家庭も多いのですが、特に寒い地域に住んでいる場合には、暖かいお風呂に入ることができるという点において必要不可欠なアイテムとなっています。日常の疲れを癒すだけでなく、体の芯から温まることができる環境を求めている人も多いといえます。

②石油給湯器のトラブル事例

リモコン
リモコン

石油給湯器を活用する中ではどのようなトラブルが多いのでしょうか。実際の事例などを参考にすることにより、トラブルが生じてしまった際にはスムーズに解決に導いていく事が出来ると思います。

2.1 設定温度よりぬるい

設定温度のお湯が出てこないというトラブルが発生してしまう場合があり、給湯器本体に故障がない場合には、サーモスタットに不具合が生じていることが多いと言われています。サーモスタットは冷却水温を適温に保つように調節するバルブ設置のことで故障してしまう事により温度調整ができなくなってしまいます。そのために、設定している温度が出てこないと感じている人は業者に依頼して本体の故障かサーモスタットが、しっかりした原因を知るためには、プロの方にお願いするようにしましょう。

2.2 エラー表示を確認

どんな商品でも同じですが、不具合が生じてしまった場合にはリモコンにエラーコードが表示されます。コード番号については種類がたくさんありますし、給湯器の種類でも表示されるコードに違いがあります。エラーが表示された場合には、取扱説明書で確認してみるようにしましょう。明らかな不具合が生じている場合にはメーカーなどに問い合わせを行う必要があり、説明書に関してはエラーの内容を把握して自分で行うことができる対処法が記載されていますのでまずは、自分でできる方法を試してみるようにしましょう。それでも解決することができない場合にはメーカーや専門業者の方に相談する必要があります。

2.3 お湯や水が出ない

石油給湯器に関してはお湯が出ないトラブルが多いのですが、その中で水が出ないという場合もあり、水側の蛇口を開けている状態でも何も出ないという事があります。冷たい水も出ない場合には給湯器の入水口についているフィルターが詰まっている可能性があります。このトラブルに関しては一般的に使用している場合も生じるのですが、地下水を利用している場合には比較的多いトラブルとなっています。フィルターの確認をしっかり行うようにして、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

2.4 配管の凍結

冬には温かいお風呂に入って体を休めることが当たり前になっていますが、冬になると配管が凍ってしまう場合があります。お湯が出なくなってしまい不便に感じることも多くなりますが、給湯器が外に設置されている場合や築年数が古い家庭に多いトラブルとなっています。給湯器の周辺が凍っている場合には容易に改善することが可能となっていますが、床下や凍っている場所が特定できない場合には解決することが難しくなります。この場合、業者に依頼しても凍結している場所を改善することにより解消することができるトラブルとなっていますので、配管を守るための対策を取り入れるようにしましょう。

③石油給湯器の特徴

石油給湯器に関しては何よりも種類があり、種類により機能なども違ってきますが、石油給湯器を選ぶ際には、それぞれの種類の特徴をしっかり把握することにより、家庭に合ったものを選ぶことができると思います。

3.1 水道直圧式

水道水の圧力をそのまま利用するタイプの給湯器です。冷たい水道水を最初に補助熱交換器で温めて、主熱交換機で熱くして給湯する仕組みとなっています。水圧が強いので浴室が2階にある場合にはおすすめできるタイプで、家族でストレスなくお湯を使うことができて、お湯を使うたびに沸かすので灯油使用量を節約することができます。古い配管に関しては、高い水道圧に耐えることができなくなってしまうと破裂してしまうケースもありますのでその辺をしっかり考えて取り付ける必要があります。また、減圧式と比較すると灯油価格が高くなってしまいますので家族構成で考えて家族が少ない場合にはおすすめできますが、少量のお湯が出せないという点があるのでしっかり考えて購入するようにしましょう。

3.2 貯湯式

水道水の圧力をいったん減圧してからお湯を作り一定量のタンクに溜めるタイプとなっています。水道直圧式と比較すると給湯圧力は低くなります。また、水道直圧式と比較すると燃料費に関しては割安で減圧するために古い配管も使用することが可能で、配管の破裂などを気にすることなく使うことができます。また、少量のお湯でも出すことができるのでシャワーの勢いが良いわいことや2階に給湯したいと感じる際には、水圧に不満を感じてしまう事がありますので他のタイプと比較してみるようにしましょう。

3.3 エコフィール

エコフィールは、従来捨てていた非ガスの中の熱を集めて再利用する家計と環境に優しい石油給湯器です。熱効率が95%に高まるので灯油の使用量を節約することが可能で、従来の石油給湯器にありがちな運転音や灯油の匂いなども改善されているタイプなので初期の設備投資費が従来型の石油給湯器と比較すると7万~8万程度高くなり平均19万円以上になり高額といえます。このタイプにも直圧式と減圧式がありますので各家庭に合ったものを選択するようにしましょう。自分では判断することが難しいと感じた場合には、業者の方に相談することにより、どのように活用していくのか明確に伝えることで効率的に使うことができる石油給湯器を快適に使っていく事が出来ると思います。

④石油給湯器と他の給湯器の比較

石油給湯器に関してはたくさんの種類が各メーカーから販売されていますが、石油式は古いと感じる人も多いと思いますが、逆に根強い人気を誇っている給湯器とも言えます。

4.1 石油給湯器はパワフル

石油給湯器は灯油を燃料に燃焼バーナーを利用して給湯してくれる給油システムで、最大の利点としてはパワフルな給湯の能力を持っています。石油を用いた燃焼なのでガスや電気よりもパワフルに給湯してくれます。そのために、寒冷地との相性も良いといえますし、ガスや電気は寒冷地ではランニングコストが高くなってしまうのですが、石油給湯器はそんなこともなく、寒冷地でも安心して利用することが可能でコストもそこまで高額ではなく活用することができます。

4.2 設置工事も安い

石油給湯器の魅力としては経済的という事が挙げられます。寒冷地と相性が良い給湯器で寒くても安く給湯することが可能なので、寒冷地に関しては石油給湯器を使っている家庭が多いといえます。石油給湯器に関しては設置工事などに関しても安く済みますし、購入する際にも本体と設置費用についても他の商品と比べるとお得といえます。

4.3 機能が豊富

家庭用の石油給湯器は、3つの種類があり、給湯単機能タイプは、キッチン、洗面所、お風呂で使うお湯を作ることができます。浴槽にお湯をためるには手動でお湯をため追い炊き機能はありません。風呂給湯器に関しては、給湯単機能タイプと同じで給湯機能に追い炊き機能をプラスしたタイプとなっています。他の場所でお湯を使いながらお風呂の追い炊きもできて便利に活用することができます。風呂釜については、浴槽にためた水からお湯を沸かす風呂専用の給湯器でお湯が冷めた場合でも追い炊きが可能となっています。給油力が安定しているので毎日たくさんのお湯を使うという家庭にもおすすめできますし寒冷地に住んでいる方にもおすすめできます。石油給湯器は灯油が必要なので、定期的に給油を行う必要があります。設置する際にも灯油タンクの設置場所が必要になってきます。

⑤石油給湯器のトラブル対処法

石油給湯器に関しては、日常の生活の中で便利に活用することが可能となっていますが、しっかりとどのような状態か把握する為に、灯油を給油する際に点検を行っておくようにしましょう。

石油給湯器のトラブルを対処する方法としては、チェックする点としてゴム製送管を少し曲げてひび割れや亀裂がないか確認しておくようにしましょう。送油管やオイルタンク、本体などの接合部分にゆがみがないかを確認してみるようにしましょう。本体やタンクの下部から油漏れしていないか確認する必要があります。故障やトラブルに関しては、修理して使うか買い替えるかという問題となってきますが、トラブルの深刻度や修理可能か不可能か、製造年などチャックする必要もあります。

軽い故障なら修理で済ませることができますし、修理費用は修理内容や部品により異なってきますが、メーカーの保証がある場合には無料で修理をしてもらうことができる場合もありますし、メーカー保証を延長している場合などについても無料で修理することができる場合がありますので、保証がなくなってから買い替えを検討するという方向で考えても良いと思います。

依頼に関しては、修理や交換は給湯器の販売と設置工事などを行っている業者に依頼することにより、業者の方がしっかりと相談に乗ってくれますので自分で判断できない場合には業者の方と相談して決めるようにしましょう。その際に買い替えについても、どのようなタイプが家庭に合うのかアドバイスなども行ってもらうことができて適切な製品を選ぶことができると思います。

⑥業者を選ぶポイント

実際に石油給湯器のトラブルに関しては自分でできる対処は少ないと思いますが、そんな場合には業者に依頼する必要があります。どんなトラブルに関しても同じですが、しっかりと業者を選択することによりスムーズに解決につなげることができます。

業者を選ぶ際には、無料見積もりを行ってくれて、修理が必要な場合でもどの程度の費用が必要でその部分の部品を交換するなどを明確に伝えてくれる業者を選択する必要があります。また、業者を選ぶ際に大切なことは、特に冬は給湯器が使えないと不便なので対応が早い業者に依頼する必要があります。修理にしても交換にしてもすぐに対応してくれる業者を選ぶことにより、使えない期間も短く済みますのでその辺をしっかり頭に入れて考えるようにしましょう。

注意点としては、業者によっては最新型などを進める場合がありますが、高額な給湯器を強引に押し付けるような業者には注意して、信頼してお願いすることができる業者を探ようにしましょう。製品に関してもたくさんの種類のものがあり、機能なども詳しく説明してくれて相談に関してもしっかり対応してくれる業者に依頼することが大切になります。

まとめ

石油給湯器を活用している家庭はまだ多いといわれていますが、トラブルなどが生じてしまうと不安なども伴うと思いますが、信頼できる業者に依頼することにより、スムーズに解決に導くことができると思います。買い替えに関しても寿命で故障してしまう場合もありますので状態をしっかりと見極めてもらってから修理や買い替えを検討することが大切になります。

石油給湯器を選ぶ際には、どの程度のお湯を家族で使うかなどを明確にすることにより快適に使うことができるタイプの給湯器を選択することが可能となっています。機能だけで決めると後悔してしまう結果につながってしまう事もありますので、様々な情報を集めた上で家庭に合ったものを選択するようにしましょう。

素人ではわからないことがたくさんありますが、親身に相談に乗ってくれる業者を見つけることにより、様々なアドバイスなどをもらうことができて快適に使うことができる給湯器を選ぶことができると思います。