エネファームに異常が見られた場合の解決策

作業費6,000円~対応中!
給湯器

今の時代は、家庭で蛇口をひねるだけで手軽にお湯を使うことができる時代となっていますが、その中でも様々な商品が販売されています。何よりも大切なことは各家庭にあったものを選択することにより快適に使っていく事が出来ると思います。

はじめに

便利にお湯を使うことができるアイテムとしてエネファームが人気となっていますが、大切なことは自分の家庭に合ったいるかどうかをしっかり把握することにより、効率的に活用していく事が出来ると思います。省エネ性に優れているという事もあり、多くの家庭で取り入れられるようになっていますが、エネファームについて様々な情報を集めることにより、自分の家庭に合っているかどうかという判断をする際に参考になると思いますが、どのように活用するとよいのか、異常が発生した時などに関しても知っておくことにより上手に活用していく事が出来ると思います。

①エネファームとは

エネファームとは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの愛称となっていて、機器内の酸素と水素を科学反応させて発電する燃料電池と発電時に発生した排熱を再利用するコージェネレーションの両方の機能を有しているシステムとなっています。この機能に関しては、送電が不要となっているので送電ロスが少なく、高い省エネ性と電気代の削減に成功していて、自立運転が可能なので、災害が起きた場合には停電などで使うことができないものが多いのですが、エネファームは災害などで停電した際も利用することが可能となっています。テレビコマーシャルなどでも多くの方が目にする機会が多くなり、知名度も高まっているエネファームは様々な場面で活躍することが可能で人気となっています。

②エネファームによくあるトラブル事例

エネファームを検討している人も多くなっていますが、その中で一番気になるのはトラブルなどが起きた時の対処法が気になると思いますがエネファームには、どのようなトラブルが多いのでしょうか。

2.1 発電が停止している

エネファームは発電機能を備えている給湯器です。場合によっては発電機能が利用できないというケースもあり、発電機能にトラブルが生じてしまった際には、エラーコードが表示されるようになっています。その原因となっているのは部品交換や修理が必要になる場合が多いので、エラーが表示された場合には、自分で解決することが難しいので専門業者などに調査を依頼するようにしましょう。機器に関しては自分では判断することができない場合が多いのですが、大切なことは、早めに業者に依頼することにより、大きなトラブルとならずに解決に導くことができると思います。

2.2 ドレン配管の詰まり

エネファームには、排水が生じるようになっていますが、排水に関しては酸性濃度が高いので中和器を通ることで通常の水に戻して排水する仕組みになっています。ドレン管も中和器もホコリやごみが溜まってしまう可能性があり注意が必要になってきますが、自宅の外に設置することが多いために落ち葉などが入りやすい場合には適度に掃除を行うようにしたり、点検やメンテナンスをしっかり行っていく必要があります。ドレン配管の詰まりに関しては、何よりも自分なりに対策を行っていく事が出来ますので定期的に掃除などを行っていくようにしましょう。

2.3 排気口の詰まり

エネファームには、排気口から給気口、換気口がついているものがあり、空気の通り道になっている場所にホコリやすすが溜まるケースがありそうなってしまうとトラブルが起こってしまう可能性があります。塞がっている場合には、自分では手をつけることができませんのでメンテナンス業者などに連絡を行って点検や掃除を行ってもらうようにしましょう。日常で早めにしっかりと点検や掃除を行ってもらうようにすることによりトラブルなく活用することができると思います。

2.4 外装の変色やはがれ

エネファームは、精密な機器を大きな外装で覆っているのですが、天候などにより傷がついてしまったり汚れたりする場合があり、水漏れが生じてしまう場合もありますが、外装や下部のさびを招いてしまう原因となってしまうので注意が必要で、雨風などの次の日には布などを使ってキレイに拭くようにしましょう。自分なりにできるメンテナンスを取り入れる事により、外装などを守っていく事が出来てトラブルを回避することができます。

③エネファームのメリットとデメリット

エネファームを取り入れたいと考えている人は、メリットやデメリットをしっかりと把握した上で検討するようにしましょう。何より大切なことは、良い点だけでなく悪い点を踏まえて考えることが大切になります。

3.1 メリット

エネファームの代表的なメリットとしては省エネと電気代削減が挙げれます。ガスから水素を取り出し、その水素で燃焼電気が発電を行って掃除に排気を利用して給湯を行う仕組みとなっているので電気代を削減することが可能ということが最大のメリットといえます。その他のメリットとしては、停電時にも自立運転が可能なので災害などが起きた場合でもお湯を使うことができます。また、設置する際には国や自治体の補助金制度が設けられているので活用することが可能で、発電した電力を使えるので電気代の節約を行うことができます。メーカーの努力もあり、高額だった製品も徐々に価格が下がってきていますので求めやすくなっています。エネファームを設置している住宅専用のガス料金優遇プランもあり、燃料電池を採用しているので、発電時に二酸化炭素や有毒ガスを出すことなく使用することができます。さらにコージェネレーションの機能があるので発電時の排熱を有効利用することができて、リモコンを活用してモニターからリアルタイムで発電量や使っている電力量を知ることがでいて、エネファームを設置した住宅で発電を行うので送電ロスがないなどというたくさんのメリットがあります。

3.2 デメリット

エネファームに関してはメリットがたくさんありますが、その中でデメリットとしてどのようなことが挙げられるのでしょうか。実際にエネファームに関しては課題や問題点もあると言われています。最大のデメリットとしては補助金制度を利用することが可能となっていますが製品の価格が高いといわれていて、停電した時に自立運転が不可能になってしまう場合もあり、太陽光発電とは違って、発電した電力を電気会社に売電することができません。また、製品価格が高額なために、設置導入による電気代削減効果がありますが、使っていく中で満足できないという事もあり、無期限に使っていくことができるものではなく、メンテナンスや点検を行った場合でも寿命は20年程度といわれています。都市ガスに用いられている天然ガスは海外からの輸入に依存しているので輸入価格が高騰することにより、ガス料金が高くなってしまう可能性に関してもデメリットとなっています。 

④エネファーム導入について

エネファーム導入を検討している家庭も多くなっていると思いますが、エネファームは水素を用いた発電により省エネと電気代削減を実現することができるということで人気を集めている発電システムとなっています。

発電設置として優れている点については、自家発電のために送電ロスがなく活用することができて、発電する際の排熱を有効利用してお湯を作ることが可能なのでエネルギー利用率が高く、火力発電の約2倍の効率で発電することができます。補助熱源機を組み合わせて活用することにより湯切れの心配もなく安心して使っていく事が可能となっています。

エネファームを設置する際には、設置場所を確保する必要があり地面に基礎を作る工事や配管、配線経路の工事を行う必要もあり、電気会社への申し込みが必要になります。場合によっては、分配盤の取り替えが必要な場合もあり、エネファームで発電した電気は電力会社に売ることができません。

なるべく費用を抑えてリフォームしたいと考えている場合には、複数の工務店や専門会社に見積もりを出してもらうことにより比較することが可能で、自分に合った会社を見つけることができると思います。今の時代は、見積もりを依頼する際には会社のホームページなどで手軽に行うことが可能となっていますし、同時に会社の情報などにも目を向けることにより、経験や実績などを確認することができると思います。

見積もりに関しては無料の会社もありますし、費用が掛かる会社もありますので無料で見積もりを行ってくれる業者を探すことが大切で見積もりに費用が掛かってしまうと断る際にも費用が発生してしまうのでしっかりと無料で見積もりを行っている会社に依頼するようにすることが大切なポイントになります。

⑤エネファームの種類

エネファームに関しては省エネ、高効率という事が言えるのですが、どの家庭についても光熱費を抑えたいと考えている人が多いと思います。エネファームは自家発電をするので送電ロスがなく、火力発電の2倍で発電することができる高効率な発電システムとなっています。発電する際の排気を有効利用してお湯を作ることができるので光熱費を節約するこできます。

エネファームの種類に関しては、自宅で使用する電気は自家発電にすることで経済的になっています。今までは戸建て住宅に取り付けるものしかなかったのですが、マンション開放廊下側のパイプシャフト内への取り付けが可能な種類も販売されるようになっていて、マンションや集合住宅などでも取り付けることができるようになり、耐震性や耐風性も高まってきているので高層階での取り付けに関しても種類によっては可能となっています。

エネファームに関しては、取り付ける機種類や設置方法、希望するエネファームの種類により違いがありますが、現状の設備状況などによっても必要な工事が違ってくると言われていて費用については大きな差が出てしまうケースもあります。エネファームは各メーカーで商品自体の価格に違いがあり、停電が発生した場合でも発電を継続できる種類に関しては、高額となっています。

その他でも新築で導入する場合には、現在の家に取り替え導入するという場合とは必要な工事が異なってしまうので費用に差が出てきます。また、エネファームを導入する際には、各ガス会社にエネファーム専用のプランが用意されているかどうか確認する事も大切で、導入されている場合にはガス料金を抑えることができますが、用意されていない場合には、ガス料金が高額になってしまう場合もありますのでしっかりと考えて検討するようにしましょう。

⑥エネファームの活用法

エネファームの寿命に関しては、10年程度といわれています。その中でエネファームを購入するとなると初期費用が高額となってしまうのですが、どのような活用法が良いのでしょうか。

実際にエネファームに関しては太陽光発電システムと併用して活用する家庭も多くなっています。エネファームと太陽光発電システムにより電力に余裕が生まれて、より効率的な発電システムとして運用することが可能となっていて、組み合わせることにより、より安定した自家発電が可能となり、二酸化炭素の削減になり、地球温暖化や環境破壊に関しても貢献することができます。

夜の間は給湯や暖房、発電にはエネファームを利用して、天気のより日には太陽光発電システムと活用することにより、光熱費を節約することができて、快適に使っていく事ができると言われています。初期費用に関しては高額となってしまいますが、何よりも様々な方法で使っていく事により、お得というだけでなく快適に使っていく事が可能となっています。

エネファームに関しては、定期的なメンテナンスや修理を行った場合にでも寿命として20年程度といわれていて、どんな商品に関しても寿命がありますが、様々な点をしっかり比較することにより活用法も選択することができますし、自分に合ったものを選ぶことができると思います。

まとめ

エネファームについては、良い点もありますし、悪い点もありますが大切なことは、自分で判断するのではなく業者の方としっかりと相談して最終的な決断を出すようにしましょう。今の時代は設置に関しても各業者で無料で見積もり請求を行うことができるようになっているので、複数の業者で見積もりを依頼して自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

業者を選ぶ際には、料金面だけでなく信頼や実績などがしっかりあるのか確認する必要があるのでホームページなどを見てどのような工事を行っているのか、また、導入にあたってはメリットだけでなくデメリットもしっかりと伝えてくれる業者を選ぶことにより安心してお願いすることができると思います。

エネファームに関しては、他のシステムの機器よりも高額となっていますが、補助金制度などを活用することも可能となっています。また、実際に使っている方々の口コミや活用法などを参考にすることにより、自分の自宅に合っているかどうか知ることができますし、便利な点と不便な点についても理解することができて比較する際には参考になると思います。