電気温水器の水漏れを改善するための手引き

電気温水器については多くの家庭で活用していると思いますが、トラブルや故障などを引き起こした場合には、自分で対処することが難しいと思いますが、大切なことはしっかりと原因を知ることにより、どのようなことが原因か理解することができますのでその後に修理や交換を検討する必要があります。

はじめに

電気温水器は今の時代は各家庭に欠かすことができないアイテムとなっています。その中で何よりもトラブルなどが起こってしまうと故障してしまったと勘違いする人も多いのですが、電気温水器のトラブルとして代表的ことは水漏れです。様々なことが原因となっているので解決するためには、水漏れの場所をしっかり把握することが大切になってきますが、自分では修理や判断は難しいために専門業者の方に依頼して修理や部品の交換を行ってもらう必要があります。さらに劣化により水漏れを起こしてしまっている場合には、買い替えを検討する事も視野に入れて考えていきましょう。

①電気温水器の貯湯タンク

電気温水器の水漏れの原因としては、何よりも様々な箇所で起こってしまう可能性があり、自分では判断することが難しいと思います。しかしどのような場所か知ることで確認を行うことができるので、業者に依頼する際にも明確な情報を伝えることができると思います。

1.1 貯湯タンク

電気温水器は安い深夜電力を利用して沸かしたお湯を貯湯タンクに貯めて使う給湯器となっています。経年劣化によりタンクに亀裂が入ってしまう事により水漏れしてしまう事があり、この場合には、タンク周りが漏れた水で濡れてしまうので、確認するだけで一目でわかります。内臓減圧タイプの電気オン好きの場合にはタンク内部の配管や配管の部品などが劣化して水漏れを引き起こしてしまう場合もあります。内部の配管が原因となって水漏れを起こしている場合にはメーカーが部品を保有している場合には交換することにより解決できますが、タンク自体の問題の場合には修理が困難となってしまい新しいものと交換する必要があります。

1.2 排水バルブ

電気温水器の貯湯タンクにはタンク内に水の排出をするための排水バルブが取り付けられていますが、バルブのしまりが悪くなったり、配管部分が錆びてしまう事により水漏れを起こしてしまう場合があります。排水バブルに関しては交換する事で直すことが可能となっていますが、配管部分に関しては鉄管を使っているので、錆びてしまうとタンク側のネジに支障を与える場合があり交換が難しい場合もあると言われていますが、おかしいと感じた場合には、業者に依頼して調査を行ってもらう必要があります。

1.3 安全弁から水が出る

電気温水器の貯湯タンクにはお湯を沸かした時にタンクにかかる圧力を逃がすための安全弁が取り付けられています。安全弁の排水部分から水が出ているのを水漏れといいますが修理を依頼する必要があり、お湯を沸かしている状態で安全弁から水が出るのは水漏れではなく正常なので心配ありませんですが、お湯を沸かしていない状態の時に安全弁から常に水が出る場合には問題となります。しっかりと業者に依頼して原因を突き止める必要があります。

②電気温水器の水漏れの原因

電気温水器の水漏れの原因としては貯湯タンクが原因となっているケースもありますが、機器自体に問題が生じている場合もあり、しっかりと原因をすることにより対処する際にスムーズに行動することができると思います。

2.1 経年による材質変化

電気温水器の水漏れの原因としては、経年により部品の劣化がほとんど言われています。パッキンなどで使用されているゴムやプラスチックは劣化しやすく水漏れの原因となってしまう事が多く、貯湯タンクや配管に関しては、特に冬になると凍結が原因で亀裂が生じやすくなってしまうので、水漏れを引き起こしてしまっている場合には早めに部品の修復か交換を行う必要があります。

2.2 減圧弁の故障

減圧弁とは、場所により異なる給水圧力を一定に維持する調節弁のことですが、給湯器の配管に取り付けられているのですが、この減圧弁から水漏れが発生してしまうケースもあります。減圧弁が故障した際には部品を新品に交換することになりますが、しっかりと専門業者に依頼して交換を行ってもらう必要があります。

2.3 逃し弁からの水漏れ

電気ヒーターの過熱によりタンク内の圧力が上がってしまいます。逃し弁は蒸発した水をタンク外に排出して圧力を一定に保つ調整弁で水が排出されるのは主に夜間なので昼間に排出されている場合には、不具合が生じている可能性が高いといえますのでしっかりと業者に調査を依頼するようにしましょう。

2.4 接合部からの水漏れ

電気温水器の施工時に水がると数年でパイプの接合部から水が漏れてしまう事があり、未熟な人がパイプの接続工事を行うと起きてしまうトラブルですが、使用年数が寿命に近づくと様々な箇所から水漏れが発生しやすいために専門の方に依頼する必要があり、資格などを確認して実績と信頼のある業者に設置をお願いすることにより、このような水漏れは防ぐことができます。

③水漏れを改善するには

電気温水器の水漏れに関しては、しっかりとプロの方に依頼して修理や部品の交換を行ってもらう必要がありますが、業者に依頼することによりたくさんのメリットがあります。水漏れを改善するためには、自分で水漏れしている箇所が理解できた場合でも修理を行うことができませんが、専門業者の方に依頼することによりスムーズに改善へ導くことができます。

もしも集合住宅に住んでいる場合には、管理会社や大家さんに連絡することにより、給湯器を設置した業者を紹介してもらうことが可能となっています。一軒家の場合には、自分が購入した電気温水器のメーカーに連絡を行って修理の依頼を行っていきます。実際にメーカーは製造や管理をしている専門の業者に依頼することにより水漏れに関しては早急に対応することができますので、自己判断で不適切な修理をしてしまうと他のトラブルを招いてしまう可能性がありますので、しっかりとプロの方にお願いする必要があります。

電気温水器の水漏れに関しては、自分なりに調べてみても原因を突き止めることは難しいのですが、専門業者に依頼することにより、明確な原因を知ることができて、電気温水器の状態なども把握することができる止めに、原因により修理を行うのか買い替えをするのか話し合って決めることができると思います。

実際に専門業者に依頼した場合でも修理をすることができない場合がありますが、経年劣化により部品が破損している場合や型番が古くなってしまうと部品自体がないという事で修理が不可能な場合もあります。その際には、新しいものを購入する事が前提となりますが、購入する際でも相談に乗ってくれますし、コストパフォーマンスなどの点からも業者に依頼することによりベストな選択を提案してくれてしっかりと対応してくれるので自分で判断するのではなく、相談してよいスムーズに解消できる方法を選択するようにしましょう。

④水漏れ箇所のチェックと注意点

電気温水器の水漏れについては、場所によっては自分で対処できる場合もあり、確認する必要がある場所をしっかりと知っておくことにより水漏れが起きた際にも対応が可能になり、業者に依頼する時にも状態を明確に伝えることができると思います。

電気温水器が水漏れを起こしやすい箇所としては、配管や給水ホース、タンク、部品の接続部分、減圧弁などの弁となっています。たくさんの水が漏れている場合には一目でわかりますが、じんわりと水漏れしている時には見落としてしまう場合もありますので、確認する際には、パッと見て判断するのではなくしっかりと確認するようにしましょう。

電気給湯器の水漏れに関しては、大量に水漏れしている時や水漏れしている場所がわからない時、部品交換などが必要な場所に関しては素人では解決することができませんのでしっかりと対応してくれる専門業者に依頼するようにしましょう。水漏れに関しては少しだけだと大丈夫と自分で判断してしまう人も多いと思いありますが、電気温水器の水漏れを放置することにより不完全燃焼を起こしてしまう危険性もありますので、少しの水漏れでも気が付いた時点で対処する必要があります。

電気温水器を長年愛用している場合には、水漏れを修理してもほかの箇所にトラブルが発生してしまう場合がありますし、修理が高額になってしまう事もありますので、しっかりと一度調査を行ってもらって見積もりをとるようにしましょう。

その結果で、修理が高額になる場合には買い替えなどを検討する事も可能になってきますが、修理を行った場合には、まだ使っていかないと修理したばかりだからと感じてしまうので電気温水器のトラブルで多い水漏れが起こってしまった場合には、業者の方としっかりと相談して解決を目指していく必要があります。

⑤電気温水器の水漏れの対処法

実際に電気温水器から水漏れが起こってしまったら、止水栓をしめてコンセントを抜いて被害が広がらないようにすることが大切になります。その後に専門の修理業者に連絡するようにしましょう。電気温水器に関しては、水と電気を使う機器なので取り扱う際にも危険が生じてしまう可能性がありますので自分でどうにかしようと考えるのではなく専門の方に依頼する事でその後も安心して使っていく事が出来ます。

勝手に分解したり、素人の判断で修理などを行うことにより、トラブルが増えてしまう可能性も高まってしまうので、電気温水器に関しては、業者に連絡して設置している場所や水漏れをしている箇所がわかれば明確に伝えて、状況や使用年数、不具合などをしっかり伝えるようにしましょう。

水漏れが起こってしまった際に業者に依頼すると費用が気になるという方も多いと思いますが、水漏れ部分や原因、使用年数などで違いがありますが、基本料金に加えて部品の交換を行った場合の相場としては10000円~15000円程度となっています。配管などを交換する場合にはさらに費用が掛かってきますのでその辺も修理を行う前に業者の方にどの程度の費用が掛かるのかしっかり確認しておく必要があります。

電気温水器の修理に関しては、水漏れしている場合に止水栓を止めた後で複数の水漏れ業者に連絡して大体の価格を見積もりしてもらうことにより相場を知ることができると思います。地域や水漏れ箇所により価格は違ってくると思いますが、しっかりと見積もりを行ってもらう際には明確に状態を伝えることが大切になります。

電気温水器の水漏れについては、気が付いた時が夜の場合には、次の日に業者に依頼する必要があり、夜に依頼することにより費用が高額になってしまう事がありますので、翌日連絡するようにしましょう。お風呂などが不便だと思いますが、夜間に業者に依頼すると深夜料金を請求されることがあり、水漏れ修理はできても思っている以上に高額な請求がくる場合もありますので注意しましょう。

電気温水器については、水漏れしている状態で使い続けることにより電気代や水道代が高額になるばかりではなく、漏電に繋がってしまう事もありますので水漏れに気がついた時点で業者に依頼して状態を確かめてもらうことが一番の解決法となっています。電気温水器の寿命としては、他の商品と比べると長いと言われていますが、設置場所や使い方などで劣化に差が出てきますので、その辺もしっかり理解しておくことにより、家族が多い家庭ではそれだけ使っているという事で買い替えの方がお得なることもあります。

様々なことを視野に入れて考えてみると自分に合った方法で修理や買い替えを検討することができると思いますし、お得に活用していくためには、業者に相談することが一番ベストだといえます。修理にしても買い替えにしても状態を知ることにより、安心して活用できる方法を選択することができると思いますので、実績と信頼のある業者に依頼するようにしましょう。また、最近では業者のホームページを確認する事でどのような事例があるのか知ることができますので活用してみるようにしましょう。

まとめ

電気温水器の水漏れの原因としては様々なことが挙げられますが大切なことは、水漏れに気付いた時点で業者に相談することが重要になってきます。少しの水漏れだと安心して使う人もいますが、大きな問題になってしまう場合もありますので、少しの水漏れで業者に依頼することにより、大きなトラブルを防ぐことができて、修理をする際にも費用を抑えることができます。

大きなトラブルにつながってしまうと修理ができない状態になってしまうケースもありますので早めの対策が重要で素人が修理をするのは危険を伴うために、きちんと専門業者に依頼して安心して使える状態で電気温水器を活用していく必要があります。今の時代は電気温水器に関しても従来のものとは違って進化していますが、買い替えを検討している人は、自分が便利に利用することができる機能が搭載されているタイプのものを選ぶようにしましょう。

取り付けなどに関してもメーカーや商品により工事が必要となることがありますので、その辺も業者の方に聞いて、費用がかさむようなら使っているものも新しい型番を選ぶと工事などの無駄な費用を掛けずに使うことができます。メーカーや種類が異なると工事が必要になるので確認した上で決めるようにしましょう。

関連記事一覧

給湯器の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円

電気の110番が給湯器に強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番が給湯器に強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

給湯器

給湯器修理・交換の特集記事

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。