電気温水器のお湯が出ないときの対処法

作業費6,000円~対応中!
給湯器

今の時代は便利になり電気温水器を活用している家庭が増えています。その中でお湯が出ないなどのトラブルが発生してしまう事がありますが、何よりも大切なことは自分でできる解決法を取り入れた上で業者に依頼することが重要になります。

はじめに

電気温水器を活用する中では様々なトラブルが発生してしまうのですが、お湯が出ない状態になってしまうと故障してしまったと勘違いして業者に依頼する方も多いのですが、電気温水器自体の故障が原因の場合もありますし、断水や機器の凍結、お湯切れなどが原因となってしまっている場合もありますので、電気温水器の故障と決めつけるのは早いといえます。そのために、地域により断水していなかったかなどという事をまず確認することが大切になってきます。また、ブレーカーなどが落ちてしまうとお湯が出ない状態になってしまうのでその辺の確認も行うようにしましょう。自分なりにできる確認を行った上で業者に依頼するようにしましょう。

①お湯が出ない原因

実際に電気温水器を使っているとお湯が出なくなってしまうと故障と思ってしまう人も多いのですが、原因を知る事で自分で解決することができる場合もあります。

1.1 電源の確認

電気温水器からお湯が出ない場合には、最初に確認する必要があるのは電源がきちんと入っているかどうかです。お湯切れでない場合でも電気温水器の電源が入っていない場合には、お湯が出ません。そのために単純ですが、お湯が出ない場合には焦ってしまう人が多いのですが、電源が入っているかどうかを確認してみるようにしましょう。

1.2 エラー表示

電気温水器からお湯が出ない場合には、電気温水器にエラー表示が出ているかどうかを確認してみましょう。エラーが表示されている場合には、エラーの内容を確認する事により、解決に導くことができる場合も多いといえます。さらに電気温水器に関しては一時的なエラーでお湯が出ないという場合もありますので、エラーの内容を確認した後に対処を行っていきましょう。エラーの内容に関しては、購入した時の取扱説明書やメーカーのホームページを確認する事により記載してありますので自分で調べてみましょう。

1.3 お湯切れ

電気温水器のお湯が出ない原因として最も多いのはお湯切れです。電気温水器の故障と思ってしまう人も多いのですが、電気温水器のお湯切れは、お湯の使いすぎが原因となっています。特に蛇口から水が出る場合にはお湯切れの可能性が高いといえるので、入浴時の浴槽のシャワーの湯量が適切でない事も関係していますし、頻繁にお湯切れの症状が出てしまう場合には、湯量を見直したり、貯水タンクの容量を見直すことによりお湯切れを解消して快適に使っていく事が出来ます。

1.4 断水や凍結

電気温水器からお湯が出ない場合には、蛇口から水がでるかどうか確認してみましょう。水が出ない場合には凍結や断水が原因となっている可能性があり、電気温水器だけでなくほかの場所の蛇口を使って確認してみましょう。その時に水が出ない場合には凍結や断水が原因となっているので、水道局などに問い合わせを行ってみましょう。特に寒冷地に関しては凍結が起こりやすく冬場はしっかりと凍結対策を行うことにより電気温水器の故障を防ぐことができます。

1.5 何を調べてもお湯が出ない

実際に様々な方法でお湯が出ない方法を調べた後に原因はないのにお湯が出ないという場合には、温水器の故障が原因となっている可能性もあります。そんな場合には、業者に依頼してしっかりと状況を伝えるようにしましょう。

②故障の原因

電気温水器に関しては様々なトラブルを引き起こしてしまう事がありますが、自分で確認しても問題なく電気温水器からお湯が出ない場合には、専門業者に依頼するようにしましょう。

2.1 貯水タンクが問題

電気温水器の貯水タンクに関しては屋外にあるという事も多いと思いますが、雨風荷より劣化が起こりやすいといえます。そのためにお湯切れが起こる場合やお湯が出ないという症状が頻繁に起こってしまう場合には、貯水タンクが原因となっていることがあり、その場合には早急に修理を依頼することが大切になります。水漏れなどがひどい場合には貯水タンクの交換が必要になってくるので、自分なりに日常の生活の中で適度に貯水タンクの確認を行うようにしましょう。

2.2 安全弁が原因

電気温水器の安全弁が故障してしまうと漏水が起きるのですが配水管から水が漏れてしまうと電気温水器が正常に作動しなくなってしまい、いつも通りに使っている場合でもお湯切れが起こりやすくなり、電気温水器からお湯が出ない故障の原因となってしまいます。電気温水器の安全弁に関してはメーカーや専門業者への修理が必要になっていますので、温水器からお湯が出ない状態になって自分では対処することができない場合には、業者の方に調査を依頼する必要があります。

2.3 ブレーカーの作動

電気温水器からお湯が出ない原因としてブレーカーの作動が関係している場合もあります。ブレーカーが作動した原因がわかる場合は故障ではないといえますが、原因が不明な場合には、業者に依頼して原因を確認してもらう必要があります。

2.4 耐久年数

電気温水器に関しては、長く愛用することによりお湯が出なくなってしまうというトラブルを引き起こしてしまうケースもありますが、一般的な電気温水器については15年~20年程度が寿命といわれています。一定年数を超えて使っている場合には電気温水器の故障といえますので業者の方に相談してみるようにしましょう。新しいものと交換する方法もありますし、修理で済ませることもできますが、長く使っている場合には、トラブルを起こしやすい状態になってしまうので買い替えがおすすめできますが、各家庭により考え方が異なってくると思いますので、業者の方と相談して決めるようにしましょう。

③電気温水器の電気代節約法

電気温水器に関しては電気代を節約しながら使っていきたいと考えている人も多いと思いますが、オートタイプやフルオートタイプについては、使い方を見直すだけで電気代を節約することが可能となっています。

お風呂の温度設定した温度に保ってくれる自動保温に関しては便利な機能といえるのですが、入浴中も入浴していない状態でも湯温をキープするために自動で定期的に追い炊きを行うために分電気が無駄に使われている状態となります。そのために、家族でお風呂の時間を一緒にすることにより、風呂に入る間隔を短くすることができるので無駄な追い炊きが減り電気代を節約することができます。

また、追い炊き運転よりはタンク内の熱いお湯を直接浴槽に入れる高温さし湯の方が熱効果的にお得になるといえます。中には、昨日の残り湯を翌日沸かして入るという人も多いのですが、電気温水器関しては沸かして入るよりもお湯を張り直した方がお得になるケースもあります。

電気温水器の追い炊き運転はヒーターを使うのでその都度電気代がかかってしまうために、極力追い炊きを使うのではなく貯湯タンク内のお湯を使うことがお勧めできます。電気温水器に関しては便利な機能が付いていると感じる人も多いと思いますが、使い方により余計な電気代がかかってしまっている場合もありますので、使っている機能の見直しを行ってみるようにしましょう。

普段の生活の中で見直す事もなく設定などに関しても触れたことがないという方も多いと思いますが、節約して活用していくためには何よりも設定内容の見直しを行うことにより、電気代を節約することができますし、さらに快適に使っていく事が出来ると思います。

④メンテナンス方法

電気温水器に関してはメンテナンスをしなくても故障しないと思っている人が多いと思いますが、しっかりとメンテナンスを取り入れていく必要があります。各メーカーによりメンテナンス方法などを参考にして取り入れていきましょう。

電気温水器のタンク内は、水道水の不純物が沈殿するので年に2回程度はタンクの水抜きを行うようにしましょう。メンテナンスを取り入れる事によりタンクの状態を把握することができますし、お湯が出ない場合には、お湯切れの可能性も考えられますが水漏れなどしている場合には、早めに対処することができると思います。

メンテナンス方法については、商品により異なってきますので、メンテナンスの手順に関しては説明書を確認してしっかりと順番通りに行っていきましょう。また、説明書などで把握できない場合には購入したメーカーに連絡することにより、どのような手順でメンテナンスを行っていけばよいのか知ることができます。電気温水器のタンクの掃除に関しは電気温水器の各メーカーで推奨されていますので、メンテナンスを行うことにより、トラブルや故障を防ぐことができるので取り入れて行っていきましょう。

⑤お湯が出ない時の解決法

電気温水器のお湯が出ないトラブルが発生した場合には、水は出るのかしっかり確認する必要があり、お湯ができない原因としては様々なことが挙げられますが、自分ができる範囲で確認を行うことが何よりも大切になります。

実際に断水状態なのにお湯が出ないことで業者に依頼しても解決することができませんし、調査や確認のために料金が発生してしまうケースもありますので、自分ができる範囲で確認を行ったあとに判断する必要があり、それもお湯が出ない場合には、専門業者やメーカーに連絡するようにしましょう。

電気温水器は日常の生活で便利に活用することができて使うことができるのが当たり前と感じている人も多いのですが、実際に機器なのでトラブルや故障などをする場合もあり、自分では修理や交換は不可能なのでしっかり業者に依頼して解決していくことがおすすめできます。

お風呂に入るにも電気温水器が必要となりますし、寒い冬は食器を洗う時でもお湯を使って洗うと思いますが、冬に故障していますと特に不便に感じますが、その前に状態をしっかりと確認しておくことにより、トラブルを防ぐことができると思います。長く使っている場合には、買い替えなどを検討することにより、トラブルなく使っていく事が出来ますし、しっかりとメンテナンスを取り入れる事により状態を把握することができ、劣化状態で修理や交換を検討することができると思います。

電気温水器のお湯が出ない時の解決法としては、自分で判断することができない場合には業者に依頼することが大切ですが、信頼と実績のある業者を選択するようにしましょう。また、重要なポイントとしては近くの業者に依頼することがおすすめできます。修理や交換に関しては電気温水器のトラブルは専門業者で解決することができますが、業者により費用が異なってきます。

遠い業者の場合には出張料などが加算されてしまいほかの業者よりも高額になってしまう場合も多いので、近くで信頼できる業者を探すようにしましょう。今の時代は、専門業者のホームページなどを参考にすることにより、どんなトラブルに対応しているのか知ることができますし、どの程度の費用が掛かるのか相場も記載されている場合が多いので、しっかりと複数の業者を比較して選ぶようにしましょう。

特に冬に関しては、電気温水器が使えない状態が続いてしまうのは辛いと思いますが、業者によってはすぐに対応できる場合とできない場合がありますので、その辺の確認も最初にしっかりと行って依頼するようにしましょう。電気温水器の故障に関しては、修理や部品の交換で解決することができますが、10年以上使っている場合には、買い替えを検討してみるようにしましょう。修理を行ってもほかの場所が故障してしまう可能性が高くなってしまいますので、快適に使っていくためには、ある程度の年数を使っている場合には、買い替えの方がお得なる場合もありますので業者の方と相談して決めるようにしましょう。

まとめ

電気温水器のお湯が出ない場合の対処法に関しては様々な確認が必要となっていますので、原因を知るために自分ができる確認を行ってみるようにしましょう。故障したと思ってしまいがちですが、故障ではなく水やタンク、凍結などが原因となっていることも多いのでしっかり確認した上で解決に導いていく必要があります。

また、電気温水器を使っている中では節約を考えている人も多いと思いますが、節約するためには設定の見直しが必要になります。自分では判断できないという場合もあると思いますが、様々な情報を集めることにより、節約してお得に活用していく事が出来ると思います。

電気温水器からお湯が出なくなってしまうと焦ってしまいますが、そんなトラブルを避けるためにはきちんとメンテナンスなども取り入れることにより、故障やトラブルを防ぐことができるので自分ができるメンテナンスを行っていきましょう。

電気温水器のお湯が出ない時の解決法としては、冬に関しては凍結などが原因となっている場合が多いのでその辺も理解してそうなる前に対策を取り入れていくようにしましょう。