電気温水器にトラブルが発生したときの解決法

作業費6,000円~対応中!
給湯器

温水器に関しては各家庭で欠かすことができないものとなっていますが、温水器に関しては様々な種類やタイプのものが販売されています。その中でどんな給湯器を購入するしたらよいのか迷ってしまうという事もあると思いますが、購入を検討している人は様々な情報をたくさん集めてみるようにしましょう。

はじめに

最近では温水器については様々なものが販売されていて、種類やメーカー、機能などが異なってきます。その中で自分の家庭に合ったものを選択するためには、それぞれの特徴などを知った上で選ぶ必要があります。今の時代は電気温水器が人気となっていますが、たくさんのメーカーで販売されていてそれぞれ特徴が異なってきます。同じ商品ではないという事で迷いなどもあると思いますが、快適に使うことができるものを選ぶことにより日常の生活の中で便利に愛用していく事が出来ると思います。

①電気温水器とは

電気温水器とは、電気を熱源としてお湯を作るシステムが搭載されている給湯器のことです。電気温水器の場合にはお湯の作り方についても電動ヒーターを使うことが一般的となっています。電気温水器といっても様々な商品が販売されていて、商品により機能に違いがあります。お湯張りとワンタッチ足し湯を行ってくれるセミオートやボタン一つでお湯張り、追い炊き、お湯足しまで自動で行ってくれるフルオートなどがあります。ガス給湯器の場合には、不完全燃焼の状態を避けるために屋外に設置する必要がありますが、電気温水器の場合には室外に置く必要もなく使うことができます。

②電気温水器にトラブル事例

電気温水器に関しては各家庭で愛用していると思いますが、その中でどのようなトラブルが多いのでしょうか。実際にトラブルが起きてしまうと焦ってしまうのですが、正しい方法で解決に導いていく必要があります。

2.1 水漏れ

電気温水器から水が漏れている場合には、きちんと漏れている箇所を確認する必要があります。原因に違いがあると思いますが、水漏れの原因としては一般的に貯水タンクの腐食、パッキンや弁の劣化、配管の亀裂などが挙げられます。放置することにより漏電してしまう可能性もありますので、しっかりと確認して業者の方に依頼して修理や部品の交換などを行ってもらう必要があります。

2.2 水しか出ない

水は出るけどお湯が出てこないというトラブルに関しては給湯器で最も多いと言われています。その場合には、ブレーカーの確認が必要でブレーカーに問題ない場合には、お湯を使い切った時や電気温水器自体の故障の可能性があります。故障の場合には専門業者の方に依頼して修理が必要となってきますが、修理を行ってもらう前にしっかりと見積もりを出してもらって、どのような原因でお湯が出ない状態になっているのかを説明してもらう事も大切です。

2.3 お湯に出が悪い

お湯は出るけど勢いがないというトラブルも多いのですが、そんな場合には、フィルターや配管の詰まりなどが原因となっている可能性が考えられます。また水道工事などを行った際にも配管や詰まりが生じやすくなります。自分でフィルターの掃除などを行っても解決できない場合には、配管の交換が必要となってしまうケースもありますので専門業者に依頼してみるようにしましょう。自分で解決することができないケースのトラブルに関してはしっかりと専門の知識を持っている方に依頼することによりトラブルを早く解決することができます。

2.4 お湯がぬるい

お湯は出るけどお湯がぬるいと感じる場合には、途中でスイッチが切れてしまっている場合があります。原因としてはタイムスイッチの故障やブレーカーが作動したという場合です。電気系統が故障している場合もありますので自分では対処することが不可能なためにプロの修理業者に依頼するようにしましょう。実際に設置を依頼した業者に連絡することがおすすめできますが、対応などが気に入らないという場合には、他の業者に連絡してしっかりと修理をお願いするようにしましょう。

③電気温水器のメリットとデメリット

電気温水器のメリットとデメリットについてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。実際に買い替えを検討している方などはしっかりとメリットとデメリットを知ったうえで決めるようにしましょう。

3.1 メリット

電気温水器のメリットとしては少しの電力でお湯を沸かすことができて地球環境への負荷を抑えることが可能となっています。また、割安な夜間電力を使用し貯湯するために、給湯コストを大幅に削減することができます。ガスを使用して燃焼させるタイプのガス給湯器と比べると故障原因となっている燃焼部分がないということで、寿命に関しても20年程度活用することができるという最大のメリットがあり、お湯をためておく方式ですが万が一の時でもある程度残り湯を使うことができるようになっています。

3.2 デメリット

電気を賢く使いエコな電気温水器のデメリットとしては、貯湯式がお湯を貯湯分以上使うことができないという事が挙げられます。ガス給湯器の場合には、一台の設置ですが、電気式の場合にはお湯を作るヒートポンプユニットとお湯とためる貯湯タンクの設置が必要となっているので場所を多くとってしまいます。電気温水器を設置する場合には、広くてコンクリート基礎工事が行われている場所となりますので設置コストに関しては給湯器の中でも高くなってしまう傾向にあります。水圧は直圧式のガス給湯器と比べると弱く、ためているお湯は基本的に飲むことができませんので蛇口側で別の浄水器の設置が必要になります。

④電気温水器について

電気温水器については、安全面やエコであるという事もありオール電化住宅が浸透して来ていて光熱費が安くなるという事もあり電気温水器を選ぶ人が増えています。電気温水器は、深夜電気代が安い時間帯にお湯を沸かす仕組みになっているので電気代を抑えることができます。

電気温水器は電気料金の安い深夜の時間帯に電気でお湯を沸かしてタンク内に設置したヒーターで湯をためて貯蔵しておく給湯システムとなっています。ヒーターはタンク内の上層と下層に組み込まれていてタンク内のお湯を温める時には下層部のヒーターを使用して、昼間お湯が不足すると上層部ヒーターでお湯を沸き足します。

タンク内のお湯に関してはいつも満水の状態は温度の違いで上の部分は60度~90度の熱いお湯で混合層、下部は水の3層になっています。タンクの下から給水された冷たい水は下層部ヒーターで温められ、お湯は冷たい水よりも軽いので上部に異動する仕組みがあり、その特性を生かして90度まで温められるのです。湯水の温度差が20度以上になると比重の差により混合層というお湯と水の中間層ができる用になっていて、電気温水器の供給口は上部にあるのでお湯を使用する際には、上部の熱いお湯が出るようになっています。使用したらその分だけ下部から水が足される仕組みになっています。

電気温水器を活用する中で効率的に使っていく事が出来るタイプのものを選択する必要がありますが、機能などに関しても各メーカーなどにより差がありますので、自分に合ったタイプのものを選択する必要があります。今の時代はオール電化の家庭も多くなっていますが、安全に使っていく事ができるという点でもおすすめできますし、寿命に関してもほかの給湯器よりは長く使っていく事ができると言われています。

⑤電気温水器の上手な活用法

電気温水器の上手な活用法については、フルオートタイプはすべて自動で行ってくれるので便利ですが、お風呂に入らない時でも保温機能でずっと通電している状態なのでその期間も電気代がかかってしまいます。セミオートや給湯専用タイプに関しては、お湯はりを行ったあとは電源がオフの状態になっているので保温に使う無駄な電気代は必要ありません。

電気温水器の上手な活用法としては、家族の人数が少ない場合や使わない場合には電源を切っておくようにしましょう。入浴する人数が少ないと空き時間が長くなってしまうケースもありますが、その間は電源を切っておくことにより、無駄な電気代を使わない状態で活用することができます。

更に入浴時間がバラバラだと光熱費が余計にかかってしまいます。入浴時間が空くとその間にお湯が冷めてしまい、入るたびにお湯を温めなおす必要があり、浴室が温かく浴槽が冷めないうちに続けて入ることにより電気代を節約することが可能になります。電気温水器を上手に活用する方法としては、電気温水器を購入する時にタンクの容量を決める事も大切ですが、家族の人数やお湯を使う頻度などをしっかり考えて選ぶようにしましょう。

大き過ぎてお湯が余ったり、小さすぎて足りなくなり沸き足しをすることによりそれだけ余分に電気代がかかってしまうといえます。温めるお湯の温度設定に関しても温度を高くすることにより電気代が高くなってしまいますので温度設定もしっかり確認して調節することにより節電することができます。

⑥電気温水器の選び方

電気温水器の選び方については、各家庭に合ったものを選ぶことが何よりも大切になってきます。その中でどのようなことを考えて選べば最適な電気温水器を選ぶことができるのでしょうか。

6.1 戸建て用やマンション用

電気温水器には、戸建て集合住宅用、ワンルーム向けなど様々なものがあります。タンクの形状には角型や丸型な素がありますが角型が主流となっていて、薄型の省スペースタイプのものもあり、各家庭に合ったものを選ぶようにしましょう。

6.2 種類

電気温水器に関してはお湯張りや足し湯、保温までリモコンのスイッチひとつで操作することができるフルオートタイプもあり、セミオートタイプ、給湯専用タイプなどがあります。追い炊きが可能なタイプもあり、使用するお湯の量をしっかり把握して、沸き上げ量を自動で設定することができる機能などが搭載されているものもあります。操作に関しても工夫されていて、デザイン性が高く見やすい画面のリモコンや浴室と台所で会話をすることができるタイプや操作の内容を音声やメロディーで知らせてくれる機能が搭載されているまで幅広くたくさんの種類がありますので自分が活用する機能などをしっかり活用できる電気温水器を見つけましょう。

6.3 家族構成

電気温水器に関しては、家族構成やライフスタイルに合わせてタンクの容量を選ぶことが大切になります。一般的には2~3人の場合には300リットル、3~5人は370リットルか460リットル、5人以上の場合には550リットルと目安として選ぶようにしましょう。電気温水器については、家族の構成や入浴スタイル、必要な機能や予算などをしっかり前もって考えた上で選ぶことが何よりも大切になってきます。

6.4 機能

電気温水器には追い炊き機能だけでなく様々な機能があります。お湯を使う場所や電気温水器を設置する場所によっては欠かすことができないものもありますので自分に合った機能が搭載されているタイプのものを選ぶ必要があります。高圧力型にちぃては、お湯の勢いが強く、快適にシャワーを使うことができてお湯はりに関しても早いといえます。2階や3階にお風呂や洗面台があるという家庭の場合には、高圧力型対応がおすすめできます。

まとめ

電気温水器を活用している家庭も年々増加しているのですが、何よりも各家庭に合ったものを取り付ける必要があります。機能に関しても様々なタイプがあり機能を重視すると節電ができない場合もありますので、節電を考えている場合にはきちんとどの機能を使うのか明確にしておくことも大切になってきます。

便利に活用することができるという事で人気となっている電気温水器に関しては、他の給湯器よりも長く使うことができるという事が挙げられますが、購入する際には、業者の方としっかりと相談してアドバイスなどをもらって決めるようにしましょう。便利な機能に関しては魅力がありますが、実際に使わない機能が付いているというケースも少なくありませんので、信頼できる業者の方に相談してどのタイプのものが家庭に合うのかしっかり聞いてみるようにしましょう。

今の時代は便利な時代となり自動でお風呂のお湯をためることが可能となっていますが、早くためてしまうと冷めてしまうなどという問題があり、保温できる機能が付いているものはずっと電気代がかかっている状態になっているので考えて選ぶ必要がありますし、節約するためには、購入する際に機能に関しても使う機能が搭載しているものを購入することで快適に使っていく事が出来ると思います。

また、電気温水器の故障やトラブルについては、自分では解決できないケースが多いのでしっかりと安心して修理や交換を依頼することができる業者にお願いすることが大切になります。また、普段から付き合いのある業者がある場合や設置した業者に修理や交換を依頼することにより安心してお願いすることができると思います。たくさんの商品の中なら各家庭にピッタリなものを選んで活用していくようにしましょう。