ガス給湯器の風呂給湯器のトラブルまとめ

作業費6,000円~対応中!
給湯器

ガス給湯器の風呂給湯器に関しては故障やトラブルなどが生じてしまう事により、お風呂に入ることができなくなってしまいます。そのためにしっかりと日常の生活の中で状態を把握しておくことが必要となってきます。特に冬に故障してしまうと温まることができなくなってしまうので注意しましょう。

はじめに

ガス給湯器に関しては、お風呂で使うものもあれば、洗面所や台所で使うものもありますが、寒い時期になるとお湯は欠かせません。そんな時に大切になってくることはしっかりとどのような状態か日常で確認をしておくことが大切になります。音の変化やお湯の出かたなどをチェックしておくようにしましょう。おかしいと感じた際には業者に依頼して快適に使っていける環境に整える必要があります。

①ガス給湯器の風呂給湯器について

ガス給湯器の風呂給湯器については、自分の自宅の給湯器の本体が場所に設置してあるかしっかりと理解しているでしょうか。浴室などにリモコンがあるので本体もその場所と思っている人も多いと思います。ガス給湯器の風呂給湯器が故障してしまうとお湯が出なくなってしまったり、追い炊きができなくなってしまい実際に故障した事で給湯器が必要だと感じることがあり、給湯器の場所を把握するというケースも少なくありません。

ガス給湯器の風呂給湯器については、設置している場所の周りに障害物などを置かないようにすることも重要になってきます。ガス給湯器の風呂給湯器は、排気ガスの成分に微量ですが、硫黄成分が含まれていて空気中や排気中の水分と化学反応を起こして亜硫酸、硫酸などの腐食性の酸を作るのです。機器内部の配線や部品が劣化して故障してしまう原因となってしまう事もありますのでしっかりと環境を整えて活用していく必要があり、排気カバーや配管カバーを設置することにより、故障を防ぐことができて、お風呂に入れないというようなトラブルを軽減することができます。

風呂給湯器に関しては、一般的にお風呂で使用する給湯器のシステムですが、風呂釜が湯沸かしや追い炊きに特化しているのに対して風呂給湯器に関しては、オートタイプとフルオートタイプの2つがあります。オートの場合には張ったお湯の温度が低下してしまうと自動的に追い炊きするシステムとなっていて、フルオートはお湯の量が減ってしまうと自動で足し湯をしてくれるタイプのものとなっています。

②風呂給湯器のトラブル事例

ガス給湯器の風呂給湯器のトラブルの事例についてですが、どのようなトラブルが多いのでしょうか。お風呂は1日の疲れを癒すために欠かすことができませんがトラブルをどのように対処していけばよいのか紹介していきますので参考にしてみてください。

2.1 コンピュータ系のバグ

給湯器コントローラになんらかのバグが起きてしまう事によりお湯が出ない症状が現れる場合があります。その場合には、一度、風呂給湯器のコンセントを抜いて数分放置して、再度コンセントを差し込んで電源を入れることにより、普段通りに使うことができる場合があります。しかし、復帰しないという場合には自分では直すことができませんので、専門業者の方に依頼して修理を行う必要があります。

2.2 点火しない

お湯を出そうとしても給湯器のリモコンに点火のマークが表示されずお湯を出す事が出来ない場合があります。給湯器に関しては激しい雨が降ると湿気の影響により一時的に点火しにくい状態になってしまったり、冬場や寒い地域では配管が凍結してしまっている場合もあります。自然に解決することができる場合もありますし、解決できない場合もありますが、自分ではどうする事も出来ないという場合には、専門の方に相談してみるようにしましょう。修理などが必要ない場合でも対応法などをアドバイスしてくれます。

2.3 追い炊きができない

お湯がいつもと同じように出るけど、追い炊きができないトラブルが発生してしまうケースもあります。この場合には、浴槽内のフィルターにごみや髪の毛が付着している場合があり、循環不良を起こしてしまう場合があります。フィルターに関しては自分で掃除することができますので、掃除を行って追い炊きができるかどうか試してみましょう。それでも解消できない場合にはポンプの故障が原因となっていることがありますので業者に相談してみるようにしましょう。そうすることにより早めに解決に導くことができると思います。

2.4 設定した温度にならない

風呂の沸き上がり温度が低い状態で設定している温度にならないというトラブルが起きてしまう事もあり、この場合には、給湯器に過度な負担がかかっている状態で使っている可能性が考えられます。家庭用なのに業務用として使っている場合には、号数の能力を超えて使用しているために故障へつながってしまう事もありますし、耐久年数を下げてしまう事もありますので、業務用で使う場合にはしっかりと業務用で使えるものを選択する必要があります。故障の可能性が高いといえますので買い替える際には業務用を取り付ける必要があります。

③風呂給湯器の設置場所

ガス給湯器の風呂給湯器は、浴室に面する場所に設置されることが多いと言われています。パイプを伸ばすことによりどこにでも設置することが可能となっていますし、室外機のサイズやタイプにより異なってきますのでしっかりとあった場所に設置することがおすすめできます。

風呂給湯器に関しては号数と種類があり、3つのパターンがあります。16号、20号、24号となっていますが、水温は気温に対して左右するので夏と冬で出すお湯の量については変動があります。お風呂で髪を洗う場合には、キッチンなどで洗い物をしているとシャワーの勢いが弱くなってしまうという事がありますが、給湯器が出せるお湯に関しては限界があり目安としては号数でわかります。家族が少ない場合には少ない号数が良いのですが、多くなれば大きな号数を選ぶことが大切になってきます。

また、ガス給湯器に関しては種類があり、貯湯式と瞬間式があります。貯湯式は一定の量をタンクにためて、やかんの湯を沸かすようにガスで起こした火の熱で設定した温度まで水を温めるタイプで設定した温度になると自動消火しますが、温度が下がると点火する仕組みになっています。

瞬間式については、パイプの周りに直に火があたり、その中を通る水を一瞬で沸かす方法となっていますが、水がパイプを通る間にお湯になるので必要な時に使いたいだけ使うことが可能となっています。ガスの量を調整することにより火力が変化して設定温度に関しても調整することができます。

④風呂給湯器を守るポイント

風呂給湯器には寿命があると言われていますが、何よりも安く購入することができず、使うことができるだけ使っていきたいと考えている人が多いと思います。そのためには、様々なポイントを抑えていく必要があります。

4.1 手入れ

給湯器の故障に関しては錆や吸気口、排気口にホコリやごみなどを溜まってしまわないように月に数回は水拭きして汚れを拭き取る必要があります。お風呂のお湯と水の出入り口になっている循環アダプターフィルターに関しても髪の毛やごみが詰まってしまわないようにこまめに手入れを取り入れることが重要になってきます。フィルターが詰まることにより追い炊きがうまくできず、給湯器に負担がかかって故障につながるケースも実際に多いので自分ができる範囲のメンテナンスを取り入れていく必要があります。

4.2 入浴剤に注意

給湯器にとって入浴剤の利用については注意が必要となります。入浴剤に含まれている硫黄や酸、塩などの成分が配管に溜まってしまう事により配管を劣化してしまう場合もあり、白濁タイプの入浴剤に関しては、濁る成分が配管に付着することにより追い炊きの熱交換器内で局部沸騰を起こしてしまう場合があり寿命を縮めてしまう事もあると言われています。入浴剤が入ってお風呂は気も良いと感じるのですが、給湯器が壊れてしまう場合もありますので、入浴剤を使用する前にしっかりと説明書などの注意点の部分を確認して使うことができないタイプのものには使用をしないようにすることが大切になります。

4.3 水道水で給湯

給湯器を使用する際の水に関しては水道水がおすすめできます。地下水や井戸水、温泉水には異物が混入している場合もあり、異物が給湯器内に溜まってしまう事により熱効率が悪くなるだけでなく局部沸騰を起こしてしまう場合もあります。給湯器メーカーが推奨しない水室を使用して故障した場合には、保証期間内である場合でも有償対象なってしまい保証で直すことができず実費負担となってしまう場合もありますので注意が必要となります。

⑤風呂給湯器のトラブル対処法

実際に風呂給湯器についてはトラブルが起きた時に給湯器自体の故障の可能性も考えられるのですが、水が出ない場合やガスに問題がある場合でも使うことができないといえます。そのために、何が問題になっているのかしっかりと確かめる必要があります。

日常の生活の中で温かいお風呂に入ることにより、快適な睡眠時間を確保することができますが、風呂給湯器が故障してしまう事により、体の疲れを癒す事も出来ず、壊れてしまうとすぐに解消する事が出来ない場合もあります。そのためにしっかりと自分ができる範囲で確認を行ってみるようにしましょう。

風呂給湯器に関しては、寿命が10年~15年程度といわれています。そのために長く使っている場合には故障してしまったととらえることができますが、お湯が出ない場合には、故障ではなく勘違いというケースも少なくありません。

給湯器からお湯が出ない原因としては水道、ガス、給湯器の3つがあります。まずは水の元栓が閉じていないか、断水中ではないか、水漏れが発生していないかという事を確認してみるようにしましょう。水に問題がないとしっかり確認でき給湯器からお湯が出ない場合には、今度はガスを調べてみましょう。ガスコンロがしっかりと使えるか確認して、ガスが使えない場合には、ガスがきていない可能性がありますのでガスメーターが点滅していないか確認してみましょう。

水もガスも問題がない場合には、給湯器に原因があるという可能性がありますが、その際にもブレーカーが落ちていないか、リモコンのスイッチは入っているか、コンセントは入っているか、給湯器の温度設定が低くなっていないか、リモコンにエラー番号が表示されていないかという事を確認するようにしましょう。

エラー番号は表示されている際には、取扱説明書を確認するとエラーの原因を把握することができて、処置方法も記載されていますのでどのように対応すればよいのか知ることができますし、エラーによっては電源をリセットすることにより、普段と同じように使うことができる場合もあります。風呂給湯器が壊れていると判断できた場合には、業者に依頼することができますが、給湯器の故障に関しては購入したお店や販売店、ガス会社に修理を依頼する必要があります。

エラーコードなどが把握できる場合には、表示されている番号を業者に伝えることにより給湯器の交換や修理とスムーズに進めていくことができると思います。給湯器の交換が必要な場合には、どの程度の時間がかかるのか気になると思いますが、給湯器を取り扱っている会社に在庫があれば、半日程度の時間で交換することが可能となっています。

在庫がない場合には取り寄せが必要になってきますので、商品が届いてからの交換となり1週間程度かかってしまうケースもあります。また、取り付けている商品と違ったタイプのものを設置するとなれば配管工事なども必要になるケースがあり、数日かかる場合もありますので何よりも様々な面をしっかりと業者の方と相談して決めるようにしましょう。

⑥風呂給湯器の交換の相場

ガス給湯器の交換で一番気になる点に関しては交換の費用だと思います。給湯器自体に関しても高いし、工事費用などとプラスすればもっと高くなってしまいます。給湯器に関しては交換する給湯器メーカーや給湯器販売業者によっても価格に差があります。そのためにしっかりと比較して決めるようにしましょう。

今の時代は、便利な時代となり電話で見積もりなどを行ってくれる業者も多くなっていますので費用が気になる場合には数社に見積もりを依頼してみるようにしましょう。同じメーカーの給湯器でも費用が異なってくる場合もありますし、工事費などに関しても差があり、どの程度かかるのか把握することができると思います。

風呂給湯器の取り付け費用としては3万~4万程度となっています。後は保証などを付ける場合には費用が掛かってきますし、給湯器の価格により金額に差が出てきます。その辺をきちんと含めて比較することによりお得に取り付けることができます。

まとめ

ガス給湯器の風呂給湯器については日常の疲れを癒すためにも、快適な睡眠時間を確保するためにも重要になってきますが、故障やトラブルに関しては、前兆などを感じる事もありますのでおかしいと感じた時点で業者に調査をお願いすることにより、早めに対処することができると思います。

また、交換するのか修理で済ませるのかしっかりと業者の方のアドバイスを耳に入れて、長年使っている場合には交換するほうが安心できると思いますが、数年しか使っていない場合には、保証内容などの確認を行ってみるようにしましょう。毎日使うものなので、しっかりと長く付き合うことができる業者を選ぶことにより、トラブルがあった時にはすぐに解消に導くことができると思います。