ガス給湯器の配管トラブルの解決法

作業費6,000円~対応中!
給湯器

ガス給湯器を活用する中で冬にトラブルを起こしやすいと言われているのですが、その原因や対策法を知ることにより、ガス給湯器の配管トラブルを防ぐことができます。冬には特に温かいお風呂でゆっくりと日常の疲れを癒す必要があり、トラブルを引き起こしてしまうとお風呂にも入れなくなってしまいます。

はじめに

ガス給湯器の配管トラブルに関しては、冬場に多いと言われているのですが、トラブルを引き起こさないためにはしっかりと対策を行っていく必要があります。快適にガス給湯器を活用する中で自分が取り入れることができる対策を行って、体の芯から温まることができる環境を整える必要があります。ガス給湯器の配管トラブルに関しては、様々な対策を取り入れるだけでトラブルを回避することが可能となっているので、特に冬場には注意が必要になっているので徹底的に対策を行ってよい環境で使うことができるようにしていきましょう。

①配管トラブルの原因

ガス給湯器の配管トラブルの原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。自分なりに対策ができる点については取り入れてみるようにしましょう。

1.1 循環口の詰まり

配管のトラブルに関してはお風呂を利用している給湯器で起こりやすいと言われていて、特に追い炊き機能は浴槽の循環口を通して水やお湯が行き来する仕組みになっています。その際に垢や汚れなどが詰まってしまう事により、配管のトラブルを引き起こしてしまうケースも少なくありません。

1.2 給湯器の移動

ガス給湯器の配管のトラブルとしてはサイズが大きいという事もあり取り付けの際に業者の方は動かさないで取り付けるという選択で設置する場合が多いと言われているのですが、設置後に利用者の方が勝手に給湯器を動かしてしまう事により、配管などがずれてしまい水漏れなどが生じてしまう場合が多いと言われています。給湯器に関しては自分でずらすのではなく、設置の際に業者の方と相談して違った場所に設置する場合には、業者の方に依頼することが大切になってきます。

1.3 凍結や劣化

ガス給湯器の配管トラブルについては、配管が劣化して破裂してしまうというトラブルが多くなっています。凍結や経年劣化が原因となっていて、給湯器の内部や配管に関しては交換する必要があり、自分では解決することができない原因となっていますので専門業者に依頼して交換や修理を行ってもらう必要があります。配管の破裂や凍結に関しては原因を把握することにより予防などを行っていくことができます。

1.4 設置の不備

ガス給湯器を購入して設置する際にプロの業者ではなく、安く済ませるために少し知識がある人に依頼する事も多いと思います。しかし、そんな場合には後々で配管トラブルを起こしてしまう原因となってしまいますので、ガス給湯器を安全に快適に使っていくためには、しっかりと専門の業者に依頼することがおすすめできます。トラブルがあってからお願いすることも可能ですが、必要以上に費用が加算でしまう場合もありますので、最初から専門の方にお願いすることで防ぐことができるトラブルとなっています。

②配管トラブル解決法

ガス給湯器の配管トラブルを解決する方法を知ることにより、焦ることなく冷静に対応していく事が出来ると思います。素人の方でも取り入れることができる解決法を紹介していきます。

2.1 元栓や止水栓を閉める

ガス給湯器に関しては、配管トラブルが生じてしまった際には、被害を食い止める必要があり、配管トラブルに関しては水道代が高額となってしまう可能性も考えられるので、元栓や止水栓を締めて、コンセントを抜くようにしましょう。この対応により給湯器からの水漏れやガス漏れを防ぐことができますので、その後は修理を依頼して使えるようになり、元栓や止水栓を開けるようにしましょう。

2.2 定期的なメンテナンス

配管トラブルに関しては、メンテナンス不足により発生してしまう事が多いと言われています。そのためにガス給湯器を快適に使っていくためには掃除やメンテナンスをしっかりと取り入れる事により対策を行っていく事が出来ます。給湯器の寿命に関しては10年程度といわれていますが、毎日使うものなので日々劣化してしまうものですが、配管に関しても年々劣化してしまいトラブルをなってしまう場合が多いので、自分では対応することが難しいので業者に依頼してしっかりと対策を行っていくようにしましょう。

2.3 集合住宅の場合

ガス給湯器の配管トラブルに関しては、集合住宅の場合には、直接業者に依頼するのではなく大家さんや管理会社の方に連絡するようにしましょう。修理などが必要な場合でも業者に連絡すると実費となってしまいますが、賃貸や集合住宅の場合には大家さんや管理会社の方が修理を行ってくれる場合も多いので、実費を避けるためにしっかりと対応する必要があります。

2.4 交換や取り替え

ガス給湯器の配管トラブルが生じてしまった場合には、最終手段として給湯器の交換や取り替えが必要になります。修理を行った際でも給湯器が故障してしまうという場合もあり、配管の状態をしっかり整えてから給湯器の交換や取り替えを検討する必要があり、配管だけ修理しても本体がすぐに故障してしまったというケースも少なくありませんので、業者の方に状態をしっかりと見極めてもらい検討するようにしましょう。

③配管トラブル対策

ガス給湯器の配管トラブルを対策することにより、何よりも快適に使っていく事が出来ますが、一番重要な事は冬に時に注意が必要となってきます。できる対策を取り入れてみるようにしましょう。

3.1 通水による方法

冷え込みが厳しい冬になると給水や給湯配管や給水元栓の凍結を防ぐ対策を取り入れる必要がありますが、リモコンのスイッチを切り、ガス給湯器のガス栓を閉める、給湯栓を開いて少量の水を流したままの状態にしておくと効果的です。

3.2 凍結予防ヒーター

給湯器内の凍結予防ヒーターが凍結の危険のある気温に達すると自動的に作動する仕組みになっています。電源プラグを抜いてしまう事により作動しなくなってしまうので電源プラグは抜かないようにしましょう。運転スイッチに関しては、入、切に関係なく凍結を予防することが可能となっています。

3.3 水抜きによる方法

ガス給湯器を快適に使っていくためには、凍結予防が必要となってきますが厳冬期については完全に凍結を防ぐことができない場合もあると言われています。大寒波が到来した時には、ガス給湯器や配管が凍結しないように水抜き作業を行うようにしましょう。水抜き作業に関してはガス給湯器の取扱説明書を確認するより記載されています。

3.4 活用する際の注意点

ガス給湯器の配管トラブルで凍結してしまった場合には、自然に解凍できるまで待つのが一番おすすめできますが、すぐにお湯が使いたい場合には、布を給水元栓の周りに巻いたり、50度程度のお湯を配管に巻いた布にかける、この時の注意点としては配管に直接お湯をかけるのは避ける必要があります。

④配管トラブルを防ぐ方法

気温の低下により給湯器や配管内に溜まってしまった水が凍結してしまうと給湯器の破損やお湯が出ないというトラブルが行ってしまいます。配管の破裂してしまい給湯器が破損してしまう場合もあります。

4.1 電源プラグを抜かない

ガス給湯器に関しては気温が0度近くになると自動的に凍結防止ヒーターを作動させる機能がついていて、お湯を使用しない状態でも電源プラグを差し込んだ状態にしておくことにより凍結防止を行うことができて、配管トラブルを予防することができます。実際に数日間家を開けるという場合もブレーカーを入れておくようにしましょう。給湯器の凍結防止ヒーターについては、給湯器外部にある配管の凍結に関しては予防することができません。

4.2 配管を保温する

ガス給湯器の配管トラブルを防ぐためには、外部に露出してある配管に関しては、タオルや保湿チューブなどを使って凍結防止をしっかりと行うことが効果的となっています。給湯配管の根元まで覆うような感じでしっかりと巻き付けるようにしましょう。給湯器の排気口をタオルでふさいでしまうと火災の原因となってしまいますので配管の凍結を防ぐことも大切ですが、火災などを引き起こさないようにしっかり注意して行う必要があります。自分では難しいと感じている人は業者に依頼することにより効果的に凍結防止を行うことができます。

4.3 凍結したら

給湯器が凍結してしまった場合には無理に解凍させようとするのは避けるようにしましょう。自然に溶けるのを待つのがおすすめできます。すぐに使いたいという場合には、お湯などをかけるという人も多いのですが、急激な温度の変化により配管が破裂してしまう可能性が高くなります。自然に解決することが大切になりますが、給湯器から水が出るようになったら、給湯器や配管から水漏れをしていないかしっかり確認する必要があり、水漏れなどを起こしている場合には業者に依頼して修理を行うようにしましょう。

⑤修理を依頼する時の注意点

ガス給湯器が故障してしまうと修理が必要になってきますが、きちんと資格を持っている方に依頼する必要があります。中には悪質な業者もありますので見極めて安心してお願いできる業者を選ぶようにしましょう。

5.1 資格を持っているか

ガス給湯器の修理を行う際には、液化石油ガス整備士、給水設置工事主任技術者といった資格が必要となります。業者の中にはコストを軽減するために無資格の作業員を雇っている場合もあり、ガス工事の不備は最悪の場合は、命の危険と伴う事故につながってしまう場合もありますので、修理担当者が資格を持っているか確認する必要があります。

5.2 修理の内容の説明

ガス給湯器の修理に関しては、見積もりを出して作業に取り掛かることが基本となっていますが、見積もりを出す時には、修理内容を詳しく説明する必要があり、修理内容や状況を伝えてくれない業者の場合には修理代金を上乗せする恐れもありますので、給湯器のどの部分が破損していて、どのような修理を行っていきますと説明を受けて納得した上で依頼することが大切になってきます。説明を聞いてもわからない場合もありますが、長く使っている場合には、新しいものを購入するなどと相談する事も可能となっていますので、説明をしっかり行ってくれる業者に依頼するようにしましょう。

5.3 修理後の保証

業者の中には一度修理をすると後は知らんぷりする業者も実際に多いと言われています。しかし、修理を行ってすぐに故障してしまうという場合もあり、修理の不備とも考えることができます。そのために修理後の保証やメンテナンスが充実している業者を選ぶようにしましょう。実際に保証が充実している業者に関してはそれだけ自信があるととらえる事も可能なので、しっかり対応してくれる業者を選択する必要があります。

5.4 対応

ガス給湯器を購入して設置すると故障などのトラブルに関しても購入した業者や設置してくれた業者に依頼することが一番おすすめできます。購入と設置を同時に行ってくれる業者を選択することにより、次も同じところで購入する事が可能となっていますし、故障や修理に関してもどのような対応を取っているかという事を判断しましょう。対応が良いと感じた場合には、同じ業者で次の購入する時も買うと決めることができますので、新しいものを設置する際に業者の対応をきちんと確認しておくようにしましょう。

まとめ

ガス給湯器の配管トラブルに関しては特に冬の厳しい寒さが原因となっていますが、配管をタオルなどで巻いたり、特に寒い地域に住んでいる場合には業者の方に凍結しない対策をしっかりと行ってもらうようにしましょう。自分では対策できないという事もありますし、冬にはゆっくりと体を温める必要があり、お風呂が入れない状態になってしまわないように前もって対策を取り入れる必要があります。

対策を行うことにより配管トラブルを防ぐことができますし、給湯器が古くなっている場合には、トラブルを防ぐために新しいものと交換する事も検討してみましょう。配管トラブルに関しては、破裂などしてしまう事により、他の場所でも水道が使えない状態になってしまい、水道代金が高額になってしまう場合もあります。

給湯器の配管トラブルを引き起こさないためにもどのような状態になっているか定期的に確認する必要があり、劣化している場合には交換や応急処置などを業者に依頼するようにしましょう。素人の方がタオルなどで凍結予防などを行うことにより、間違った方法を取り入れる事により違ったトラブルにつながるケースもありますので、設置する際に業者の方に相談してしっかりと対応してもらっておくことにより、快適に使っていく事ができると思います。

ガス給湯器の配管トラブルに関しては特に冬に注意が必要となってきますが、正しい方法で対策を行って快適に使っていく事が出来る環境にすることが何よりも大切になります。自分では難しいと感じている人は業者に依頼する事も可能となっていますので、検討してみましょう。