ガス給湯器の詰まり・異音が見られるときの対処法

作業費6,000円~対応中!
給湯器

日常の生活の中で給湯器を多くの家庭で使用していると思いますが、その中で大切なことは使っている間にしっかりとチェックを行うという事が重要になってきます。ガス給湯器の詰まり・異音については、日常で意識することにより早めに対策を行うことが可能となっています。

はじめに

ガス給湯器の詰まり・異音などを感じた場合にはどのように対処していけばよいのでしょうか。危険と伴う場合もありますので正しい対処法で解決に導いていく必要があります。知識のある場合はどうにか対応することが可能となっていますが、素人の場合には自分で対処しようとするのではなく、しっかりと専門業者の方に相談することが大切になってきます。日常で快適にガス給湯器を活用していくためには、日ごろからしっかりと状況を知っておくことにより、早急に対応することができて、故障などのトラブルについても早く解消することができると思います。

①ガス給湯器の詰まり・異音のチェック

ガス給湯器に関しては、給湯する際には音がするものですが、給湯器の音が気になるという場合もあると思います。危険な音なのか正常な音なのかきちんと判断する必要があり、異変に気が付いた時点で修理や交換を行う必要があります。

1.1 ガス臭くないか

異音がする際には、同時にガス臭くないかという事をチェックする必要があります。異音がしている状態でガス臭い状態の場合には不完全燃焼している可能性があります。そんな状態の場合には、危険を伴う可能性でありますので、すぐに使用を中止するようにして専門の方に連絡するようにしましょう。連絡後はきちんと換気をするようにしましょう。

1.2 エラーコード

ガス給湯器の詰まり・異音に関しては、リモコンに見たことのない数字やアルファベットが表示される場合もあります。モーターの回転異常や吸排気の異常など様々な不具合が生じてしまう事により、エラーが発生して、リモコンにエラーコードが表示されるようになっているので、エラーコードの確認を行って取扱説明書を確認してみましょう。異音の原因などを知ることができて、自分で対処できない場合には、業者に依頼する必要がありますが、その選択も手軽に行うことができると思います。

1.3 排気口や排気管などのチェック

ガス給湯器の詰まり・異音については、日常で活用する中で掃除やメンテナンスを行わない状態で使い続けることにより、汚れやホコリなどが詰まって異音が発生する場合も多く、給湯器を室内に設置している場合には、燃焼排ガスが室内に漏れてしまったり、不完全燃焼や一酸化炭素中毒になってしまう危険を伴うケースもあります。普段から排気口や排気管などを点検するようにして、異音がした際にもしっかりとチェックしてみるようにしましょう。

②ガス給湯器の詰まり・異音のトラブル事例

ガス給湯器に関しては様々なトラブルが挙げられますが、詰まりや異音に関してはどのような事例があるのでしょうか。実際の事例を知ることにより対処法を知ることができると思います。

2.1 給水フィルターの汚れ

お湯が出るのに追い炊きができない症状がでてしまう場合もありますが、実際にこのような症状に関しては、故障と勘違いする人も多いのですが、フィルターは給湯器内部の配管に異物が流れ込まないための対策です。フィルターが汚れることによりごみが溜まったり、詰まってしまうということで異音が発生してしまう場合も多いので、フィルターの掃除を行ってみましょう。実際に異音などが気になり始めたらフィルターの確認を行って掃除をすることにより解決できるトラブルとなっています。故障と勘違いしてしまう事もありますが、きちんと状態を見極めて掃除をするとトラブルを解決することができます。

2.2 モーターの不具合

ガス給湯器に備わっているファンヒーターは、ガスと空気をバランスよくするための装置となっています。これが故障や不具合を起こしている場合には、低くなるような音を発生してしまう事も多く、長く使うことによりこのような音が発生してしまうので自分がどの程度の年数を使っているのか確認してみるようにしましょう。10年程度使っている場合には、買い替えを検討するようにして、まだ数年しか使っていないという場合には、業者に依頼して状況を確認してもらう事で解決に導くことができます。

2.3 燃焼時の部品の問題

ガス給湯器などで起こってしまうトラブルとしては、ファンモニターだけでなく給湯器内でガスを燃焼させるための部品が劣化してしまい不完全燃焼が起こっている場合があり、音だけでなくガス漏れの臭いなどを感じた場合には、利用するのをすぐにやめて専門の方に調査してもらうようにしましょう。実際に自分では解決することができず、業者の方に依頼することにより劣化している部分がわかり、その部分を交換することにより解決することができますし、長く使っているという場合には修理よりも交換するほうが良いという事を理解できて、自分で判断するのは難しいと思いますが、専門の方と相談して決めることにより早く解決することができます。

2.4 部品の劣化

今まで耳にすることがない異音が発生する場合には、部品が劣化している可能性が高いといえます。実際に部品の劣化に関しては自分では判断することができませんが、異音がしておかしいと感じた時点で電気屋さんなどに相談してみるようにしましょう。早めに依頼することにより大きなトラブルならずに部品を交換すると異音を解消する事が出来る場合も多いので異音に気が付いた時点で専門の方に状況を調査してもらうようにしましょう。

③ガス給湯器の詰まり・異音の対処法

ガス給湯器の詰まり・異音の対処法としては、何よりも異音を耳にした際にはどのような音がするのかきちんと確認する必要があります。そのために、ガス給湯器の電源をオフするようにしましょう。給湯器の詰まりや異音に関しては危険を伴うケースもありますので使用を中止することが重要になります。

電源をオフにしたあとに、ガス漏れが起きていないか確認してガスの臭いがする場合には、窓を開けて換気をしっかりと行う必要があります。ガスの臭いを感じたらすぐにメーカーに連絡するか、給湯器を購入したお店に連絡することが大切になります。

ガスのにおいがない場合には、取扱説明書を確認してみるようにしましょう。故障の可能性がある時の対処法などが記載されているためにどのような原因で音が出ているのかを知ることができる場合もあり、確認しても該当しないという場合には、専門の方に一度確認をしてもらうようにしましょう。

異音が出ている状態でもガス給湯器を使うことが可能ですが、異音を無視して使い続ける中でガス給湯器には安全装置が付いているので危険を察知した際には自動的に停止します。停止しない間は使うことができると感じている人もいますが、安全装置に関しては100%機能するというわけではなく、安全装置の機能しない状態だから安心というわけでなく、大事故につながる可能性もありますので、異音などが気になる場合には、早めに修理や交換を検討する必要があります。

異音が出ている状態はガス給湯器のどこかがおかしい状態なので故障する前兆とも言えるので、早めにメーカーや修理業者に確認してもらって、安全に使っていけるかどうか調査してもらい使うようにすることが大切になってきます。

④修理と買い替えの見極め方

ガス給湯器から異音がする際には、修理も可能となっているのですが、長く使っている場合には買い替えを考えると思います。実際の修理をするか買い替えるかとなれると見極めるのが難しいと思いますが、業者の方と相談して決めることがおすすめできます。

ガス給湯器はガスの燃焼を行い機器でなく使うことにより様々なトラブルが発生してしまいます。一般的な寿命としては10年程度といわれていて、10年使っている状態で異音が発生する場合には、修理を行ってもまた、違う場所が壊れてしまうという可能性が高いといえます。

更に修理を検討している場合でも古いものになると部品の在庫がなくなってしまっている場合もあり、買い替えを進められるのですが、8年~10年程度を目安に考えてそれ以降に異音が発生した場合には、修理ではなく買い替えがおすすめできます。

修理をする際には、メーカーや修理業者に依頼することが大切ですが、部品の交換が必要な場合には、取り寄せる必要があり、異音がする中でガス給湯器を使い続けることは危険といえますし、修理といっても部品が届くまで時間がかかったり、修理は部品の交換となり中身をバラして交換する必要があるので時間がかかってしまうケースもあります。

その間はガス給湯器を使うことができない状態になってしまうので、異音が気になり始めると使っている年数を数えて、長く使っている場合には、修理をするよりも安心して使うためには新しいものと交換することにより、不安なく使うことができます。修理か交換か見極めるには何よりもどの程度の期間使っているかという事をしっかりと考えてみるようにしましょう。新しいものならまだメーカーの保証で修理することが可能となっていますので、そんな場合には費用が掛からず修理することができますが、古くなると実費で修理をする必要があります。

⑤ガス給湯器の詰まり・異音の解決法

ガス給湯器の詰まり・異音に関しては、自分では判断することができずどのように解決していけばよいのかわからないという人も多いと思いますが、自分に合った解決法で対応していくようにしましょう。

5.1 様子を見る

給湯器に詰まりや異音というようなトラブルが発生した場合には、しばらくの間は様子を見てみるようにしましょう。すぐに業者に修理や交換を依頼することは避けて、自分ができる解決法を取り入れる必要があります。メンテナンスや掃除が不足している状態でも詰まりや異音の原因となってしまいますので、給湯器の状態をしっかり自分で確認してみるようにしましょう。その後、解決しないという場合には、業者に依頼することがおすすめできます。

5.2 使用をストップする

ガス給湯器に関しては、詰まりや異音が生じた場合には、ガス漏れや漏電を引き起こしてしまうケースもあります。配管や栓などをしっかりと止めて使用を避けましょう。コンセントも抜き電気を使用しない状態にした方がよいといえます。その後、業者の方に調査をしてもらい安全に使えるようになり、活用するようにしましょう。

5.3 修理と買い替え

詰まりや異音に関しては様々な原因があります。中には部品の修理や交換により使える状態にすることができますが、長く使っている場合には給湯器の買い替えを検討するようにしましょう。修理を行った場合には、他の部品がすぐに故障してしまうという場合もあり、修理費用が加算でしまう場合も考えられるので使った年数をしっかりと把握して、業者の方と相談して修理か買い替えを決めるようにしましょう。

5.4 メンテナンス

実際にガス給湯器は約10年の寿命といわれています。その中で日常の生活の中で定期的なメンテナンスや掃除を取り入れることにより故障やトラブルを防ぐことが可能となっています。メンテナンス方法としては、フィルターや配管、排気口のごみが溜まっていないかしっかりと確認して自分ができる範囲で掃除を行っていく必要があります。ガス給湯器はすぐに買い替えられる商品ではなく高額なので、それなりにメンテンナンスをきちんと取り入れて使っていく事により長く使うことができるといえます。

まとめ

ガス給湯器を使う中で大切なことは、詰まりや異音に関してしっかりと適切な対応で解決していく必要があります。配管やフィルターの汚れにより異音がする場合もありますが、メンテナンス方法に関しては取扱説明書を確認する事により、自分で手入れすることが可能となっているので定期的に掃除を行っていくようにしましょう。

詰まりや異音については、掃除を行うことにより解消することができる場合もありますし、逆に部品の故障の場合には修理が必要となります。修理に関しても業者により費用が異なってきますが、ガス給湯器に関しては早めに解決したいと感じる機器となっているので、長く使っている場合には新たしいものと交換することにより、安心して不安なく使っていく事が出来ると思います。

しかし、買ったばかりで異音が発生するという場合には、メーカーなどの保証で修理することができますので、購入した時の証明書などをしっかりと確認してみるようにしましょう。ガス給湯器のトラブルに関しては自分では解消する事は難しいと感じる事もありますが、説明書などを確認する事により、自分でもできる手入れなどを行ってそれでも解決することができない場合には業者に依頼することがおすすめできます。

異音に関してはどのような音は危険があるのか説明書に記載してありますので、音が気になる場合には、説明書でどのような状態か確認する事が大切になります。自分で判断が難しいと思いますが、異音に関しては日常で意識して使っていくようにしましょう。