浴室乾燥機の機能と電気代・本当に必要なのかを徹底解説

作業費6,600円~対応中!
換気扇

浴室乾燥機と聞いてまず思い浮かべるのは、なんでしょうか。高機能の換気設備、浴室内の冷暖房。浴室で洗濯物が乾くなど、あったら嬉しい機能でしょうか。浴室乾燥機はあった方がいい、あったら便利とききますが、実際のところはどうだろう? そんな疑問を持っている方には、今回の記事がおすすめです。浴室乾燥機の機能と電気代について、もう一度おさらいしていきます。浴室乾燥機に詳しい人もそうでない人も、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

浴室乾燥機の機能

それではまずはじめに、浴室乾燥機の機能をおさらいしましょう。浴室乾燥機は「浴室」乾燥機という名前の通り、浴室専用の空調設備です。たびたび浴室換気扇とも混合されていますが、「換気以外の機能」も豊富にあるのが浴室乾燥機です。ではその主な機能を一つ一つ見ていきましょう。

換気機能

浴室乾燥機には、浴室の換気機能があります。換気とあるように、浴室内の空気を循環・排出してくれる機能です。シャワーや入浴中に使うことで、浴室内に空気が籠ることを解消してくれます。浴室乾燥機にあるさまざまな機能の中でも、頻繁に使われるのがこの換気機能ではないでしょうか。

乾燥機能

名前にある通り、浴室の「乾燥」をしてくれる機能です。浴室乾燥機が発生させた温風により、浴室内の水気や湿気を取り除いて乾燥させます。浴室内に水気や湿気が溜まらないようにしてくれるので、カビなどの雑菌の繁殖を防ぐことができます。また浴室乾燥機能は、浴室だけでなく洗濯物を乾かすことにも使えます。梅雨場や冬など、洗濯物が乾きにくい季節には重宝します。

暖房機能

最近では一般的になってきた、浴室の暖房機能。発生させた温風により、浴室内を温めてくれます。寒い冬場でも浴室内を暖かくしてくれるので、お風呂に上がった後も快適。寒さに耐えることなく、体を洗ったりシャンプーをすることができます。また冬場の温度差による、ヒートショックなどの事故を防ぐメリットもあります。

涼風機能

こちらも最近は一般的な冷風機能。発生させた涼風により、浴室内の温度を下げてくれます。夏場の熱気が溜まりがちな浴室も、これを使えば温度も下がり快適です。

タイマー機能

タイマー機能は、換気や乾燥、冷暖房などの機能と併用します。各機能に時間を設定することで、自動で機能のOFFをすることができます。とくに乾燥で併用することが多く、洗濯物を乾かす際などに乾燥時間を設定して使用することが多い機能です。

予約機能

予約機能は、タイマー機能と似たようなものです。設定した時刻に、各機能を作動させることができます。浴室乾燥機の種類によって、タイマーとどう機能として扱われたり、別々だったりもします。

24時間換気機能

24時間換気機能は、浴室内のみならずお家全体の換気をしてくれる機能です。マンションなどの機密性の高い住宅の乾燥機に設置されるもので、使用することでお家全体の換気をしてくれます。

風向機能

風向機能は、浴室乾燥機から排出される空気・風の向きを変えてくれる機能です。浴室乾燥機の種類によって、あったりなかったりとまちまちな機能です。

浴室換気扇との違い

上記の浴室乾燥機の機能を見たら、自ずと浴室乾燥機との違いはわかったのではないかと思います。ですが今一度、おさらいしておきましょう。
浴室換気扇は、使用することで浴室内の空気を循環・排出する機能です。浴室乾燥機は上記のようなさまざまな機能がありますが、浴室換気扇は「換気」とつくように換気機能しかありません。代表的で分かりやすい浴室換気扇は、天井付近の壁に取り付けられた扇風機のようなもの。これを回すことによって、浴室内の空気が動いて外に排出されます。

浴室乾燥機のメリット・デメリット

浴室換気扇と比べても、機能の多い浴室乾燥機。そのメリットとデメリットもおさらいしていきましょう。

浴室乾燥機のメリット

  • 浴室の換気ができる
  • 浴室の乾燥ができる
  • 浴室で洗濯物を干せる
  • 浴室内で冷暖房が使える

浴室乾燥機のデメリット

  • 光熱費が高くなる
  • 洗濯物を干すスペースが狭い
  • 洗濯物を干すのが手間
  • 入浴中は乾燥機能は使えない

以上が浴室乾燥機の主なメリット・デメリットです。浴室乾燥機は高機能な反面、電気代がかかるなどのデメリットもあります。デメリットについては、こちらの記事「浴室乾燥機の5つのデメリットを理解して電気代を節約する方法」でより詳しくご紹介しています。気になった方は、合わせてこちらの記事もチェックしてみてください。

浴室乾燥機の電気代

浴室乾燥機は、高機能なためその分電気代もかかります。浴室換気扇であれば、24時間稼働させても月々の電気代は「約50円〜400円前後」。ですが浴室乾燥機で浴室乾燥を行うと、1回4時間の稼働だとしても「約120~200円」の電気代がかかります。機能や目的が違うのでなんとも言えませんが、浴室換気扇の数十倍の電気代がかかることになります。

浴室乾燥気を使うのに向いている人

浴室乾燥機について、機能や浴室換気扇との違い、メリット、デメリットをおさらいしたあと。最後は浴室乾燥気を使うのに向いている人についておさらいします。浴室乾燥機に憧れている人や、これから導入を検討している人。また引っ越しの際に浴室乾燥機のあるお部屋を探している人は、こちらもご確認ください。

綺麗好き・潔癖症の人

浴室内を常に清潔に保ちたい、カビや汚れは絶対嫌。そんな人は迷わず浴室乾燥機です。先述のように浴室乾燥機は、浴室内を乾燥させて雑菌の発生を防いでくれます。浴室内の赤カビや滑りは絶対許せない、そんな方はぜひとも浴室乾燥気を導入してください。

花粉症・鼻炎・アレルギー体質の人

体質的に、洗濯物の外干しが躊躇われる方は、ぜひとも浴室乾燥気を導入してください。浴室乾燥機で洗濯物を干せば、衣類やタオルなどに花粉やPM2.5などがつくことを防いでくれます。またベランダが道路沿いなどで、ホコリやゴミが多く飛ぶような場所に住んでいる方にも、浴室乾燥機はおすすめです。

いつでも洗濯をしたい人

雨の日だろうが雪の日だろうが、いつでも洗濯物を洗いたい。そんな方にも浴室乾燥機はおすすめ。天気が悪く外に洗濯物が干せない、気温が低くて乾かない。そんなときも、浴室乾燥機があれば、洗濯物を乾かせます。気になる生乾きや臭いも、浴室乾燥機なら温風でしっかり乾かすので大丈夫。また仕事が忙しくて、洗濯が夜になってしまうという方にもおすすめ。タイマー機能などを使用し、就寝前に洗濯物を干せば、寝ているうちに洗濯物を乾かすことができます。

洗濯物を外に干したくない人

一人暮らしの女性など、洗濯物をベランダに干したくない人にもおすすめ。浴室乾燥機なら、人目につかずに洗濯物を乾かすことができます。また派手目の服や下着の多い人、キャラクターの抱き枕を使っている人など、あまり人目につきたくない洗濯物がある方でも、安心して洗濯物を干せるのが浴室乾燥機です。

浴室乾燥機は必要か・必要でないか

浴室乾燥機は本当に必要なのか。その問の結論は、結局人それぞれとしか言いようがありません。浴室乾燥機はあれば便利なのは確実で、使い慣れれば手放せない機能になるでしょう。ですがその反面、電気代がかかるなどのデメリットもあります。またデメリットが気にならない方でも、使いこなせなければ不要な機能になってしまいます。浴室乾燥機の導入を検討されている方は、自分のライフスタイルに合っているのか今一度確認することが大事です。