浴室乾燥機のお掃除【フィルタ・カバー】のクリーニング方法

作業費6,600円~対応中!
換気扇

みなさん、浴室乾燥機のお掃除は行っていますか。「導入してから一度も掃除をしたことがない」「そもそも掃除って必要なの?」なんていう方も多いのではないでしょうか。浴室乾燥機は天井にあることもあり、目が届きにくい人が多いようです。汚れもぱっと見ただけではわかりずらいので、お手入れをしようという気もなかなか起きないものです。が、浴室乾燥機の掃除を怠るのはよくありません。今回は目の届きにくい「浴室乾燥機のお掃除」についてお話をしていきます。

そもそも浴室乾燥機に掃除は必要なの?

そもそも、浴室乾燥機に掃除を必要なのか。そう聞かれれば、ズバリ「必要」です。浴室乾燥機を下からぱっと見上げると、汚れはそんなに目立ちません。ですがカバーを開けると、フィルターにホコリがびっしり・カビが繁殖していることがあります。浴室乾燥機は浴室を換気する際に、浴室内の湿気とともにホコリや繊維、人体から出る油などを吸い込んでいます。一回の使用であれば大した量ではありません。ですが毎日、毎月、何年と使っていくうちに、この汚れがどんどん蓄積されていくわけです。こういった汚れはカビなどの餌になるので、放っておくと汚いだけでなく衛生的にもよくありません。

また汚い・不衛生だけではありません。フィルターの汚れの蓄積は、浴室乾燥機の換気効率を落とす原因にもなります。フィルターに汚れが溜まっていると、浴室内の湿気や空気をうまく取り込めなくなります。これにより換気ができない、冷暖房が聞かないといったトラブルにつながるわけです。浴室内がこもる、ニオイがするなども、主に掃除不足が原因です。

浴室乾燥機の掃除頻度は?

浴室乾燥機の掃除は大事、定期的な清掃・お手入れが必要とご紹介しました。が、実際にどれぐらいの頻度で掃除をすればいいか、気になりますよね。浴室乾燥機は天井にあり、なかなか手に届かないもの。掃除をするにもそれなりの準備や気合が必要。これが「毎日だと嫌だなあ。。。」そう思われた方もご安心を。浴室乾燥機の掃除は、毎日する必要はありません。下記のパーツごとの目安をご確認し、掃除を行いましょう。

  • 浴室乾燥機のカバー(外側のパネル)1週間に1回程度
  • 浴室乾燥機のフィルター(内部)1ヶ月に1回程度

上記は目安ですので、浴室乾燥機やお風呂場の使用頻度でお掃除の回数を増減させてください。またこまめにチェックができる方であれば、汚れに応じてお掃除するのも良いでしょう。大事なのは浴室乾燥機も掃除が必要だという認識を持ち、お手入れを実行すること。1回も掃除をしたことがないという方は、今すぐ浴室乾燥機をチェックしてみてください。きっとホコリで汚れているはずです。

浴室乾燥機のお掃除方法

浴室乾燥機のお掃除方法は、いたってシンプル。特に特別な作業や、必要なものもありません。いつもご家庭で行っている掃除を、浴室乾燥機にも行えば大丈夫。とはいえ、はじめての方は不安もあると思うので、まずは以下の必要なものをご確認ください。

浴室乾燥機掃除で用意するもの

  • 雑巾
  • 掃除機※あると便利
  • 綿棒※あると便利
  • 歯ブラシ※あると便利
  • 脚立※あると便利

以上3つが掃除で必要なもの。浴室乾燥機のお掃除は、主にホコリを取る作業。なので雑巾さえあれば大丈夫です。ではつぎに、お掃除の具体的な方法についてご紹介します。

浴室乾燥機の掃除の前に

浴室乾燥機を掃除する前は、必ず電源をオフにしてください。電源がついたまま掃除を行うと、思わぬ事故や怪我、故障につながることもあります。できれば浴室乾燥機に繋がっているブレーカーを落としておくと、より安全に作業を進められます。

浴室乾燥機のカバー(外側のパネル)の掃除方法

まずは浴室乾燥機の表面、カバー部分の掃除方法です。まず天井に近づく作業なので、脚立があれば用意しましょう。次にカバーが取り外せれば取り外します。取り外せないものであれば、そのままでも大丈夫です。

掃除方法としては、カバーの表面を濡れた雑巾で拭きます。吹き出し口の目などの窪みは、汚れが溜まりやすくなっています。こういった隙間は、綿棒や歯ブラシで汚れを掻き出しましょう。カバーが取り外せた場合は、丸洗いしてしまうのも手です。が、丸洗いをする際は、水気をしっかり取り除くようにしてください。水気があるままで浴室乾燥機を稼働させると、故障の原因になります。

浴室乾燥機のフィルターの掃除方法

次にフィルタの掃除。浴室乾燥機のカバーを外すと、フィルターが見えるのでこれを外します。フィルターにはホコリがいっぱい詰まっているので、まずは掃除機で吸ってしまうとあとが楽です。掃除機で吸い終わったら、雑巾で汚れを拭き取ります。汚れがひどいときには、丸洗いしてしまうのもOK。その際、薄めた中性洗剤でつけ置きすると綺麗になります。あとはフィルターを乾かして、元の場所に取り付けます。こちらも濡れたままだと故障原因になるので、しっかりと乾かすのがポイント。丸洗いしたときは半日ほど天日干しにしたり、ドライヤーで乾かすと良いです。

浴室乾燥機のお手入れ時の注意点

注意点1「転倒」

浴室乾燥機のお掃除で注意したいのは、転倒などの怪我。高いところにある浴室乾燥機は、掃除が難しい場所です。掃除をするときは必ず安定した足場を作ってください。脚立があれば脚立を使い、なければ椅子を使うなど。横着して浴槽の縁などを足場にすると、不安定で滑りやすいため転倒する恐れがあります。

注意点2「故障」

浴室乾燥機のお手入れには、カバーやフィルターの取り外しが欠かせません。あまり触っていないところだと、ホコリが溜まって取り外しにくくなっていることがあります。これを無理に外そうとすると、破損してしまうことに。また関係のない部品を傷つけて故障してしまうことがあります。取り外す際は無理せず、また作業前には一度説明書を読んでおくことをおすすめします。

注意点3「洗剤」

浴室乾燥機のお手入れに洗剤を使うときにも注意が必要です。まず汚れがひどくない場合は、洗剤を使わず水と雑巾で対応してください。どうしても汚れが落ちない場合のみ、台所用の中性洗剤を薄めて使用します。そのほかのアルカリ・酸性洗剤や、アルコールの入ったものだと、変色や変形・破損につながる恐れがあります。またカビキラーなどのカビ用洗剤の使用も禁止です。中性洗剤でも、浴室乾燥機に直接吹きかけるなどをすると、故障の原因になります。

注意点3「雑巾」

浴室乾燥機のお掃除に雑巾を使うといいましたが、この素材にも注意が必要です。一般的な綿や柔らかい布であれば問題ありませんが、マイクロファイバークロスなどは浴室乾燥機に傷をつける可能性があります。また歯ブラシで掃除をする際は、新品のものより使い古して柔らかくなったものを使用してください。そのほか金属製のたわしなど、硬いものの使用は、傷をつける可能性があるので避けましょう。

浴室乾燥機のお手入れは無理せずに

最後になりましたが、浴室乾燥機のお手入れは無理せずに行ってください。定期的な清掃は必要ですが、無理して怪我や故障をしてしまっては元も子もありません。浴室乾燥機の掃除をするための足場がない、手は届くけどカバーが開かない。そんなときには無理をせず、清掃業者に依頼するのも手です。浴室乾燥機のお手入れは、エアコンのようにクリーニング業者に頼むことも可能です。私たちDENKI110にご依頼いただければ、浴室乾燥機のクリーニングにも柔軟に対応させていただきます。