浴室乾燥機の故障原因と寿命【この症状は修理?交換?】対処方法などを徹底解説

作業費6,000円~対応中!
換気扇

お住まいの浴室乾燥機について、こんなお悩みがはありませんか。最近換気ができない、冷暖房などの空調が効かないなどの、症状はありませんか。浴室乾燥機の調子が悪いといったとき、故障しているかもしれません。浴室乾燥機について、気になることがあったらまずはこの記事をチェックしてみてください。浴室乾燥機の故障原因や寿命についてご紹介、交換・修理費用なども合わせてご案内します。

浴室乾燥機が故障するときの主な症状と原因

浴室乾燥機は、故障するとさまざまな症状を起こします。最近浴室乾燥機の調子が悪いと思っているあなた、まずは以下の5つの症状に該当するかを確認してください。

  • 電源がつかない・稼働しない
  • 換気しない・換気効率が落ちた
  • 冷暖房が効かない
  • 洗濯物が乾かない・時間がかかる
  • 異音がする・音がうるさい

上記5つが、浴室乾燥機の主な故障の症状です。それでは一つひとつについて、詳しくみていきましょう。

電源がつかない・稼働しない

浴室乾燥機の電源がつかない・稼働しないといった場合、浴室乾燥機の故障が考えられます。リモコンやスイッチを入れても電源がつかない、また途中で電源が落ちてしまうというときも同じです。この原因はさまざま考えられ、一つは浴室乾燥機の経年劣化。長年使用していることにより、基盤や配線部分が傷みショートしてしまうというものです。この場合はブレーカーが落ちることがよくあるので、ブレーカーが下がっていないか確認してみてください。

換気しない・換気効率が落ちた

電源はつくけど換気しない。稼働音はしているけどなかなか換気できないと言った場合、多くはフィルターが目詰まりしていることが原因です。浴室乾燥機の掃除を怠ると、フィルターにほこりが詰まって換気効率が悪くなります。この場合は掃除をすると解消されるので、まずはフィルターをチェックしてみてください。フィルターが綺麗、こまめに掃除しているのに換気しない場合は、やはり浴室乾燥機事態の劣化・故障が考えられます。

冷暖房が効かない

冷暖房が効かない場合も、高確率でフィルターの汚れが原因です。換気しないときと同様、フィルターが汚れていると冷暖房の効率が悪くなります。

洗濯物が乾かない・時間がかかる

こちらも換気・冷暖房同様に、フィルターが汚れていると洗濯物が乾きにくくなります。それに加えて、浴室内が濡れていたり、洗濯物を干し過ぎていたりすると、換気効率が落ちるので、洗濯物が乾かなくなります。こういった場合は、正しい洗濯物の干し方をすることで、症状が改善されます。浴室乾燥機での正しい洗濯物の干し方については、こちらの記事もご確認ください。洗濯物を上手に干す方法や、時短・節約テクニックもご紹介しています。

異音がする・音がうるさい

浴室乾燥機から異音がするといった場合、こちらは浴室乾燥機の故障や不具合が原因として考えられます。異音と故障の関係は、音によってさまざまなので以下をご確認ください。

浴室乾燥機の異音の種類とそれぞれの原因

  • 「キュルキュル、キュキュ」モーターのオイル不足
  • 「カラカラ、ギシギシ」モーターの破損、軸の歪み
  • 「ゴー、ゴー」内部に詰まったほこり
  • 「ジー、ジー」モーターやファンのサビ、劣化

など

浴室乾燥機の寿命は約10年

浴室乾燥機に限らず、家電製品の寿命は平均して10年とされています。先述のような症状が出てくるのも、だいたい浴室乾燥機を導入してから10年前後に多くみられます。もちろん丁寧に使っていれば10年以上持つこともありますし、逆に6年くらいで不具合が頻発することもあります。それでも多くのメーカーでは、安全に使用できる期間を10年と設定していて、定期点検を推奨しています。とくに浴室乾燥機は、「特定保守製品」というものに定められていて、定期的な点検を必要とする製品となっています。

ちなみにこの特定保守製品」とは、経年劣化などで重大事故につながる危険のある製品というものです。みなさんご存知の特定保守製品はガス湯沸器以前、経年劣化した湯沸器が原因の一酸化炭素中毒などがありましたね。浴室乾燥機にも、経年劣化によってそういった危険が発生する可能性があるので、10年の定期点検が必要になっています。

寿命がきたら修理?交換?

浴室乾燥機に寿命がきた、壊れたといったとき、多くの方が悩まれるのが「修理にすべきか?」「交換すべきか?」ということではないでしょうか。多くの方がなるべく修理がいい、部分的に直して長く使い続けたいと思っているはず。浴室乾燥機のような設備は高そうだから、修理でなんとかしたい。そう思われる方が多くいますが、ですがこれは大きな間違いです。

まず、浴室乾燥機に寿命が来た場合、浴室乾燥機のさまざまな部品が劣化していると考えてください。たとえば異音がしていたとき、音のモーターですがほかの基盤なども劣化していることが考えられます。確かにモーター交換だけをすれば修理代は安そうですが、後々別のところが原因の不具合が発生することもあるのです。またメーカーや国も10年前後の買い替えを推奨しているので、安全に使うためにも交換する方が後々のためにもなります。

浴室乾燥機が故障・寿命になったらすること

それでは最後に、浴室乾燥機が故障した・寿命が来たときにまずすべきことをご紹介します。というよりも、故障や寿命になったら、以下の選択肢から交換を依頼します。

  • 浴室乾燥機の製造メーカーに連絡する
  • 浴室乾燥機を購入した店や業者に連絡する
  • 電気の110番のような電気工事士に連絡する

それでは上記3つの選択肢について、詳しくみていきましょう

浴室乾燥機の製造メーカーに連絡する

浴室乾燥機の本体やリモコン、また説明書などを確認して、製造メーカーに問い合わせてみます。取り付けから10年以内の場合は、修理対応になる可能性があります。が、10年以上経っている場合は、対応外となる可能性大。また10年も経つとメーカー自体がなくなっていたり、生産を終了している可能性があるので注意が必要です。

浴室乾燥機を購入した店や業者に連絡する

購入した店や業者の保証範囲内であれば、無償で交換してくれる可能性があります。また有料でも、依頼すれば修理や交換をしてくれる可能性があります。

DENKI110のような電気工事士に連絡する

一番確実なのは、DENKI110番のような電気工事士に連絡をすることです。とくにDENKI110では、浴室乾燥機を多く扱ってきた工事士がいるので、交換もバッチリ。また電気工事士なので浴室乾燥機以外の作業をすることも可能です。たとえば浴室乾燥機の不具合の原因が、配線不具合や漏電だった場合、こういった症状も修理できるというわけです。浴室乾燥機の調子が悪いと思ったら、「実は漏電していた」というのはよくあること。メーカーや浴室乾燥機の販売店・業者ではこういった症状は対応できないので、電気専門業者に頼むとなにかとスムーズです。

浴室乾燥機の調子が悪くなったら「DENKI110」へ」

最後のまとめになりますが、浴室乾燥機が故障した・寿命がきたと感じたら、お気軽にDENKI110へご連絡ください。電気工事士が現場までお伺いして、浴室乾燥機の状態を確認してから交換作業を行います。詳しい料金については、こちらのページの下部にある料金表をご確認ください。またお電話によるご相談や、出張依頼にも対応しています。