100vコンセントの調子が悪いときの対処法

一般的な100Vコンセント
一般的な100Vコンセント

日常の生活の中で当たり前のように使っているコンセントについては、ほとんどの家庭で100vコンセントが使われています。その中で、コンセントにプラグを差しても使えないという場合には家電の故障と思ってしまう場合もありますが、コンセントが古い場合には家電ではなくコンセントが原因で家電が使えないというケースも少なくありません。

はじめに

100vコンセントは一般的な家庭で使われているものですが、何よりも便利に活用していると思いますが、その中でコンセントにも寿命があると言われています。長年使うことによりコンセントが故障してしまったり、電気を通さなくなってしまう事もあり、コンセントにプラグを差して使えない場合は、家電の故障と勘違いする人もいますが、家電の故障かコンセントの故障かを調べるためには、他の家電をコンセントに差して調べることができます。ほかの家電が使える場合には家電の故障といえますし、他の家電も使えない場合にはコンセントの故障と判断することができます。焦る人も多いと思いますが、自分で手軽に確認することができるので確認してみるようにしましょう。

①100vコンセントとは

100vコンセントは日本国内で一般的に利用されているコンセントとなっています。そのために各家庭に100vコンセントが取り付けられていますが、その理由としては国内で販売されている家電についてはほとんどが100v対応となっています。そのために住宅やオフィスなどで目にするコンセントに関してはすべて100vコンセントと思っている方が多いのですが200vコンセントもたまにあります。工場や大型の機器を動かすためには200vコンセントが必要となっています。更に最近では100vコンセントで使うことができない家電も増えてきている状態で100vコンセントを200vコンセントに変更するという方も増えてきています。家電を購入する際にしっかりと確認することが大切で100vコンセントで200vの家電を使うことは避けるようにしましょう。家電の購入の際に確認して変更が必要な場合には電気工事士の資格を持っている専門の方に交換を依頼する必要があります。

②100vコンセントの事例

実際に100vコンセントはどのような点において修理や交換が必要になるのか把握していないという人も多いと思いますが、しっかりと点検を行って安全な状態で使うことができる環境でコンセントを使っていく必要があります。

2.1 コンセントの増設

今の時代は各部屋にコンセントも用意されていて様々な家電を使うと思いますが、その中でガレージなどに関してはコンセントを設置していない状態でガレージにコンセントを増設したくて業者の方に依頼しました。機材をガレージで使用したいと思ったのがきっかけで100vのコンセントの増設をお願いして、現地に来てくれて確認作業を行って、増設が可能という事で作業を行ってくれました。最初からガレージにコンセントとつけておけばよかったのですが、増設を依頼した際にスムーズに取り付けることができて使いたい機材を使えている今満足しています。

2.2 エアコン用のコンセント

エアコン用のコンセントを増設したいと思って、今まで子供の部屋にはエアコンがなくエアコン用のコンセントもなかったのですが、子供が一人で寝るようになりエアコンが必要という事でエアコン用のコンセントの増設を業者に依頼しました。100vコンセントで使うことができるエアコンだったので100vコンセントを増設していただき、専用のブレーカーも設置を依頼しました。大掛かりな工事が必要だと思っていて、少しためらった部分もあったのですが、コンセントの設置もブレーカーの設置も思っている以上に作業が早く、業者の方に感謝しています。

2.3 コンセントの取り外し

エアコン用のコンセントを自分で取り外していたのですが、作業を行っていると感電してしまい業者の方にお願いしました。業者の方がすぐに駆け付けてくれて安全に取り外しを行ってくれて、その後、安全用のプレートなども設置してくれて感電リスクを無くしてくれて安心できました。最近では、自分でも簡単にできるという内容のものが多く、チェレンジしてみようと思ったのですが、最初から専門の方に依頼するべきだという事を実感することができて、これからはきちんと業者にお願いしていこうと思っています。

2.4 コンセントの交換

交換された100Vコンセント
交換された100Vコンセント

飲食店を経営しているのですが、店内で使用している200ボルトのコンセントを100ボルトへの交換を業者に依頼しました。すぐに現場に駆けつけてくれて新しい100vコンセントに交換していただき、取り外して付け替え作業もスムーズにできて、お店を開ける時間に間に合ってよかったと思っています。

③コンセントの種類

日常の生活の中でコンセントを選択する事って少ないと思います。その中でどのようなコンセントの種類があるのか知っておくことにより新しい家電を購入する際にも役に立つと思います。

3.1 種類

単相100vコンセントは一般的な家庭に用いられる種類のコンセントとなっていて一本が電気を受けるもの、もう一方が電気を送るために利用するもので交互に電気が行き来して日常の生活には欠かす事が出来ません。単相200vコンセントは冷蔵庫やエアコン、電子レンジなどの大きい電力を必要とする際に使用するコンセントとなっています。三相200vコンセントについては、穴が3つになっていて、そこからそれぞれ電気が送られて一つの力になり大きな動力を動かすことができます。業務用のエアコンや工場などで機械を使用する場合に使用するコンセントとなっています。

3.2 形状

コンセントと一口で言っても様々な形状のコンセントがあります。抜け止めコンセントについては、コンセントを回すとロックがかかる対応なので、コンセントから離れて使用する掃除機や日常の生活の中で抜き差しが少ないTVやパソコンに活用することにより安全性を高めることができます。アースターミナル付きコンセントについては、電気機械からの電気を地面に逃すことができて、感電や落雷被害、ノイズ、電磁波などを防ぐことができて、時に洗濯機や食器洗い機などの水回りの電子機器に使うことがお勧めできます。防水コンセントは、屋外にコンセントを設置したいと考えた時に雨や風の影響を受けないようにカバーが付いているタイプのものです。庭の芝刈り機や自動車の掃除や高圧洗浄機を使用するという時には最適なコンセントです。

④100vコンセントの正しい使い方

100vコンセントの正しい使い方を意識したことってありますか。日常の生活の中では当たり前のように活用しているコンセントの使い方については、正しい使い方を身に付けて使っていく必要があります。

4.1 たこ足配線

100vコンセントを使う中でたこ足配線を使っている人も多いと思います。また、いくつもの電化製品を同時に使う状態でたこ足配線には流れる電気の量に制限があり、一般的には12アンペアまたは15アンペアとなっています。それを超えて何台もの器具を使うことができるたこ足配線については、コードが過熱して火災の原因となってしまいますので家電が増えた場合には、たこ足配線を使うのではなくコンセントを増設して使用することにより安全に使っていく事が出来ます。

4.2 掃除

実際に各家庭にたくさんの家電があると思いますが、冷蔵庫やテレビ、洗濯機などに関しては使う時にコンセントにプラグを差し込むのではなく長時間差し込んだままの状態で使用する家電となっていますが、定期的に掃除をしっかり行う必要があります。コンセントとプラグの間にホコリなどが溜まってしまい、そこに湿気が加わることにより火災の原因となってしまう場合もあります。掃除をする際には濡れている布で掃除をすると感電や漏電の原因となってしまうので乾燥している布を使って掃除をするようにしましょう。

4.3 プラグの差し込み方

コンセントにプラグを差し込む際には、当たり前のように使っている場合でもしっかりと目で見て差し込む必要があり、プラグとコンセントの接続が不完全の場合にはプラグが外れてしまったり、発熱する原因となってしまい、コンセントやプラグが壊れてしまい感電やショートしてしまう事もあるのでしっかりと差し込んで使うようにしましょう。

4.4 使用後

実際に日常の生活の中で様々な家電を使うと思いますが、アイロンやドライヤー、トースターなどに関しては使い終わった後にはプラグを抜くようにしましょう。電源を切った状態で放置するのではなく使用後はプラグを抜いて使っていく必要があります。プラグを抜くときに引っ張って抜く人がいますが、コードを引っ張ることによりプラグやコードが傷んでしまい家電の故障に繋がってしまうのでプラグをもってしっかりと抜き差しを行うようにしましょう。

⑤100vコンセントの寿命

100Vコンセントのチェック
100Vコンセントのチェック

日常の生活の中で毎日のように使っているコンセントやスイッチについては、使い方や環境により寿命が違ってくると言われています。実際の寿命としては10年程度と言われていますが、使い方により10年も立たないうちに交換が必要な場合もありますし、10年過ぎても快適に使えるという場合もあります。

しかし、長く使えるから安心という事ではなく10年程度が寿命と言われているので早めに点検を行う必要があり、そのまま使うことにより熱をもってしまって発火してしまう可能性もあるので早めに状態を確認するようにしましょう。コンセントについては、決められた容量をギリギリまで使っている場合やホコリが多い、抜き差しの回数が多いという場合には寿命を縮めているといえます。

特に各部屋についているコンセントに関しては問題ないけど、台所にあるコンセントに関しては空気に塩分や油分が含まれる場所でコンセントの限界を迎えるペースが早まると言われていますので、しっかりと確認を行って早めに交換を行うようにしましょう。

コンセントには寿命があると言われていますが、寿命を迎えてもそのまま使うとトラッキング現象というものが発生する可能性があり、その現象は、コンセントとプラグの間に溜まったホコリが湿気を吸い込んでしまい漏電する事で発火を引き起こす現象のことです。

最近ではTVなどでもよく目にする現象となっているので、自分の家は大丈夫と考えるのではなく、早めに調査や交換を行う事が何よりも大切になってきます。

⑥コンセントの交換の相場

電気は日常の生活の中で当たり前のように使っているという人も多く、災害などで使えなくなると本当にありがたいものだと実感することができます。コンセントなどの電源を取り込む場所については、しっかりと考えて設置する必要があります。

コンセントの交換を検討している人は色々な考えがあると思います。寿命が近いとか、古くなっている、故障してしまったなどと理由があると思いますが、コンセントの交換の相場については業者により差があります。業者によっては交換する数が多いと安くなる事もあります。

コンセントの交換の相場としては大体5000円前後で場合によっては出張費や機能や部品などにより違いがありますので交換前に見積もりを出してもらうようにしましょう。最近では多くの業者で無料で見積もりを行ってくれるようになっていますのでまとめて交換するほうがお得といえますし、見積もりの相場で業者を選択する方法もあります。

コンセントの交換については、自分で行うと感電などの危険と伴う事も考えられますので業者に依頼するようにしましょう。業者にお願いする際にも1社だけに見積もりを行ってもらうのではなく数社で見積もりを行う事である程度の相場を知ることができます。

しかし注意が必要な点としては、見積もりが無料の業者にお願いする必要があり、見積もりに費用が掛かる場合には交換をお願いしない場合でも見積もり費用の支払いが必要になってくるケースもありますので依頼しないのに費用が掛かるとなればもったいないと感じますよね。そのためにしっかりと無料で調査や見積もりを受けてくれる業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

100vコンセントは各家庭に設置されていますが、実際に使い勝手などにより設置場所を変更したり、コンセントが不足すると増設したりして使っていくものです。100vコンセントは家電を使う際に必要ですが、正しい使い方で安全に使っていく事を意識して、寿命はありますが丁寧に手入れをしながら使っていく事により、キレイな状態で使うことができますし、交換時期についても長くする事が出来ます。

100vコンセントを10年以上使っているという方は是非、一度点検を行ってもらうようにしましょう。電気のトラブルは不便な生活となってしまうのでその前にしっかりと点検を行ってもらうことにより交換時期を知ることができますので快適にコンセントを使っていく事が出来ます。

コンセントを使っていく上ではコンセントを放置したり、寿命が過ぎても使い続けると火災の危険性があるので日常の生活の中で熱をもっていないか点検して、こまめに掃除を行っていくようにしましょう。コンセント交換については、素人が行うと危険を伴うのでしっかりと専門の業者に依頼するようにしましょう。

関連記事一覧

コンセントの料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円
測定器調査 測定器を用いて数値で異常箇所を特定する 3,000円~
分解調査 設備、器具を分解する 3,000円~
配線特定調査 問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業 5,000円~
結線処理 電線の接続部をやり直す 3,000円~
接触改善 ソケット内の接触不良を改善する作業 3,000円~
コンセント本体修理 部品を使わず修理する 3,000円~
コンセント本体交換 コンセント本体の交換作業 3,000円~
同一プレート内での複数交換 通常料金の50% 半額
取付枠交換 コンセント本体の取付枠の交換 6,000円~
コンセント全交換 本体、枠、プレートを全て交換する場合 8,000円~
防水コンセント交換 防水コンセントを交換する作業 8,000円~
新規増設 コンセントを新たに設置する 応相談
コーキング作業 コーキングを塗り防水処理する 3,000円~
電圧変更 コンセントの電圧変更作業 要相談
差込口変更 差し込み口が一致したコンセントへ交換する 6,000円~
コンセントプラグ交換 コンセントプラグを交換する 要相談
コンセント配線の接続 切れたコンセント配線を圧着する 3,000円~

電気の110番がコンセントに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がコンセントに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

コンセント

コンセント修理の特集記事

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。