光コンセントが故障したときの解決法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

今の時代はインターネットを活用する中で光コンセントを欠かす事が出来ません。その中で大事なことは新築の場合には最初から取り付けるという方が多いのですが、多くの方が交換や工事を行って光コンセントを取り入れている時代となっています。

はじめに

インターネットを活用する中で様々な接続経路がありますが、光コンセントを取り付けることにより快適にインターネットを活用することができます。しかし、光コンセントは工事を行って取り付ける必要がありますが、光コンセントを付ける前に様々な点をしっかり把握することにより自分に合った方法でインターネットを楽しむことができると思います。便利な時代なり、ネットを活用するのが当たり前となっていますが、大切なことはどの業者で契約をするかという点も含めて検討する必要があります。

①光コンセントとは

光コンセントとは、光回線してインターネットを接続するために必要なコンセントとなっています。光コンセントは、主に電話線などがある場所に一緒に設置されている場合もあり、プレートなどに光という文字が記載されている場合には光通信を利用可能となっています。光コンセントについては、LANケーブルを差し込むケーブルとは形状に違いあり、互換制はないので注意が必要で、実際に最初から導入されている場合もありますが、新しく設置したいという方の場合には、工事を依頼する必要があります。さらに工事を行ってからでないと使えないという場合も多いので、自分が契約する業者にしっかりと確認を行ってみるようにしましょう。利用をやめた時には契約は解除することができますが、撤去などはする必要はありません。今の時代は光回線を使ってインターネットをする事が出来るのですが、多くの業者で光回線を使うことができるようになっているので、その中で様々なことを比較して自分に合った業者と契約をする事が大切になってきます。

②光コンセントの工事の事例

自宅で光回線用のコンセントを取り付けていたのですが、マンション全体で地元のケーブルテレビに加入したこともあり、以前導入した光回線用コンセントが不要になり、業者の方に撤去の依頼をしました。実際にマンションに取り付ける際にも大家さんに確認を行って工事を行ったのですが、不要になった今、撤去しておく必要があるという事を業者の方に相談すると大家さんにどのような工事をするべきか聞くようにといわれて、大家さんに相談すると原状回復レベルの工事でよいと言われて、業者の方に伝えるとしっかり工事を行っていただきました。光コンセントを取り外して壁に開いた穴は金属製のプレートをはめてくれて、工事が終了した後に大家さんにも確認していただくと大家さんも問題なしと言ってくれた安心しました。実際に自分が大家さんにお願いして工事を行ったために、引っ越しを行う時に戻せばよいといわれたのですが、忘れてしまいそうで不要になった時点で撤去を考えて業者に依頼してしっかりと対応してくれてよかったと思っています。

③光コンセントの修理

光コンセントを使っている中で修理が必要なる場合もあります。光回線を使用しているとすぐにでもインターネットの通信環境を復旧させたいと感じると思います。

3.1 断線した場合

今の時代は災害などで断線してしまうケースも多く、ペットを飼っている場合にはペットがかじってしまったなどと断線の理由としては様々となっていますが、断線するとプロバイダ側にわかるようになっているので利用しているサービスの担当の方から連絡が入ります。連絡がこないのに光回線が使えない場合には自分から連絡してみるようにしましょう。利用しているサービスの担当者と連絡が取れたら、復旧のための現地調査や作業の日程を相談する必要があります。

3.2 現地調査

現地調査に関してはどこで断線してしまっているか、ケーブルの交換などが必要かどうかを調べてもらう事が出来て、修復ができる場合にはすぐに復旧することができますが、ケーブルなどの取り替えの場合には、工事が必要になってきますので後日都合の良い日程を設定して交換することになります。工事を行ったあとは、スムーズに接続できているかという開通試験を行ったあとに問題ない場合には、インターネットの利用を再開することができて、問題がある場合にはもう一度しっかりと調査を行う必要があります。

3.3 復旧までの時間や工事費用

光回線が断線してしまうとネットを使うことができず、仕事などで活用している人はすぐにでも直してほしいと気持ちが焦ってしまいますよね。特に急ぎの仕事などがある場合には、焦りばかりで何でつながらないのという怒りが出てくる場合があります。光回線が断線してしまったら復旧するまでには時間がかかる場合もあり、当日で解決することができる場合もありますが、1週間程度かかる場合もあります。修理を行う際には費用も気になりますが、修理費用については断線している場所や作業内容で違いがありますが、無料で直してもらえる場合もあり10000円~20000円程度かかる場合もあります。NTTの契約の場合には無料で対応してもらうことが可能となっていますがその他の回線を活用している場合には、修理の前にしっかりとどの程度の費用が掛かるのか確認しておくようにしましょう。

④光回線が繋がらない時の対処法

光回線が急に繋がらなくなってしまった場合には、焦ってしまうケースも多いのですが、自分で確認できる範囲できちんと確認を行う必要があります。

4.1 ランプの確認

光回線が繋がらなくなってしまった時に最初にランプの確認を行ってみるようにしましょう。ランプの点灯や消灯により不具合の原因を特定することが可能となっています。ランプは数個ありますが、ランプの状態が緑色に点灯している部分に関しては問題がないという事になります。しかし、ランプの状態がおかしいと感じた場合には、しっかりとどの部分の不具合で使えなくなっているのか確認するようにしましょう。

4.2 ケーブルの確認

実際にランプを確認するとどの部分が原因かわかるようになっているのですが、一般の方は理解することができないと思いますが、ランプの状態が正常な場合にネットに繋がらないという場合には、LANケーブルが抜けている可能性が考えられます。ケーブルを一度抜いてカチッと音がなるまで差し込んでみましょう。ほかの線に関しても状態を確認してみましょう。

4.3 ルーターの再起動

ランプの状態も正常でLANケーブルを差し直して自分でできることを行ってもネットに繋がらないという場合には、ルーターの不具合が原因となっている場合もありますので、ルーターのコンセントを一度抜いて10秒程度放置して、再度コンセントを差し込んでみるようにしましょう。知識がある人はブラウザ上で直接ルーターを再起動しても問題ありません。古いルーターの場合には、突然不具合を起こしてしまう場合もありますので、ルーターの不具合で接続が途切れることがよくあるという方は、ルーターを新品と交換することにより、接続状態を維持することができて快適に回線を使っていく事ができると思います。

4.4 それ以外

実際にどんな方法を試しても光回線が繋がらないという場合には自分が契約しているプロバイダのサポートセンターに問い合わせを行ってみるようにしましょう。ほとんどの光回線プロバイダのサポートセンター窓口は土日祝日でも電話を受け付けていますので、連絡して自分の状態を伝えることにより、問題をすぐに解決することができると思います。自分では全く知識がないという方は、サポートセンターに問い合わせをすることにより、どのような対応を取ればいいのか理解することができると思います。

⑤光コンセントを取り付ける方法

実際に今の時代には、多くの家庭でインターネットを活用する方が増えている中で、引っ越しをしたらネットが使えないという状態になってしまうと光コンセントの取り付けを検討すると思いますが、マンションなどでは配線をどうするか選ぶことができる用になっています。

5.1 VDSL方式

VDSL方式は、マンションの建物までは光ファイバーを繋いでそこから各部屋に電話線を利用して繋ぐという方式となっています。電話線に関してはノイズを受けやすいと言われていて、インターネットの速度低下のデメリットがあり、申し込みから開通までは納期が最短という事ですぐに使いたいという場合にはメリットもありますが、長く快適に使っていきたいと思っている場合にはおすすめできません。

5.2 LAN配線方式

LAN回線方式の場合には、マンションの建物までは光ファイバーでつないで各部屋まではLANケーブルを使って利用することができる仕組みとなっています。速度に関してはVDSL方式よりも安定して使っていく事が可能ですが、申し込みから開通までについては時間が必要となってきます。

5.3 光配線方式

光配線方式については、マンションの各部屋に光ファイバーを入線する方式となっています。通信速度も安定させることができて、長く使っていくという場合には、この方式がおすすめできますが、申し込みから開通までに時間がかかる場合がありますのですぐに使いたいという場合には、向いていませんが、長い目で見ると安定した使い勝手でよい環境で使っていく事が出来る方式となっています。

⑥光コンセントの設置場所

光コンセントの設置に関しては、しっかりと設置する前に決める必要があり、自分の環境にあった場所を選択することにより快適に使うことができると思います。

6.1 電話を利用する近く

光コンセントの設置場所としては、電話の親機を使用している場所に近くに光コンセントを設置することがおすすめできます。光回線を活用する中では、光電話対応の回線終端装置に電話戦でつなげる必要があり、光コンセントの近くに電話機を設置することにより配線を行う際にもシンプルに配線も目立つことなく設置することができます。2階で使いたいという方も多いと思いますが、その場合には配線工事などをお願いする必要があり、思っている以上に費用が掛かるという場合もありますので、しっかりと相談して決めるようにしましょう。

6.2 ネットを使用する場所に設置

光コンセントを設置する場合には、なるべくインターネットを使う近くに設置するようにしましょう。例を挙げるとパソコンを有線で接続する場合にはパソコンを利用する部屋に設置して、リビングやスマホに関してはWi-Fiを使って使用する場合にはリビングに設置するようにしましょう。インターネットを無線で利用する場合には別の部屋でもつなげることができますが、速度が落ちてしまう可能性もあり、1階に設置すると2階では電波が届きにくいという状態になってしまうので無線を利用する場合には、その近くに無線ルーターを設置すると快適に使うことができます。家の中で無線を使用するという場合には、一番利用する場所に光コンセントを設置するようにしましょう。

6.3 クローゼットに設置

実際に家の中で回線などを設置する場合には配線なども問題もあり、見えるところに回線終端装置を設置したくないという方も多くなっています。そんな場合にはクローゼットの中に直接光ファイバーの線を引き込むことにより見えない場所に設置することが可能となっています。クローゼットの中には電源コンセントも必要になってくるので、新築を建てる場合にはハウスメーカーさんと相談してコンセントの設置場所などもしっかり決める必要があります。後で取り付けるとなるとクローゼットの中にコンセントを設置する必要があり、光回線の工事だけでなく、コンセント工事の費用も掛かりますので思っている以上に費用がかかる場合がありますのでしっかりと相談して決めるようにしましょう。

まとめ

光コンセントに関しては、何よりも自分が使い勝手の良い場所に設置する必要がありますが、大切なことはネットが繋がらなくなった際に焦るのではなく、自分で点検や確認できる範囲は自分でしっかりと対応することが必要になってきます。

ケーブルの線を繋ぎ直したり、差し込み直すだけでも回線が繋がる場合も多く、トラブルが起きてしまうと焦ってしまい、契約している業者などにすぐに連絡する人も多いのですが、おかしいと感じた場合には配線などがしっかり差さっているかどうか確認してみるようにしましょう。

災害などが起きた場合には、断線している可能性が考えられるのですが、その際には業者に連絡を行ってどの程度で使えるようになるのか聞くことである程度の内容を知ることができると思います。今の時代は当たり前のようにネットを使っていますが、いきなり繋がらなくなってしまうと仕事などをしていると困ってしまいますし、急ぎの場合には焦りも出てしまうのですが、冷静に行動して一つ一つできることを行っていく必要があります。

更に回線の故障と思っていたらパソコンの故障だったというケースもよくありますので、パソコンを使っている年数などもしっかりと計算して把握しておくことが大切になります。パソコンのトラブルの場合には、光回線を契約している業者に連絡しても解決することができず、パソコンの買い替えか修理を依頼する事で解決に導くことができます。