光壁・光天井の修理が必要な場合の手引き

作業費6,000円~対応中!
照明

光壁・光天井って知っていますか。実際に今の時代は様々な照明が人気となっていますが、その中で光壁・光天井を取り入れたいけど修理やメンテナスのことを考えると決断する事が出来ないという人も多いと思います。その中で何よりも様々な照明を取り入れることにより理想の空間を実現する事ができます。光壁・光天井に照明を取り入れることにより、素敵な空間を作りだすことができますが、しっかりと計画を立てることが大切になってきます。

はじめに

光壁・光天井についてですが、間接照明の1つと言われていて壁自体が光を放っているように見えるという事が言えます。明るさについては暗めといえますが、落ちついて過ごす空間を作りだすことができて、高級感を出す事が出来るという事もあり、レストランやホテルなどに採用されている照明でもあります。実際にレストランやホテルなどに出向いた時に落ち着けると感じたり、雰囲気が良いと感じることが多いと思いますが、その一つに照明が大きくかかわっているといえるのです。自宅に取り入れる事が難しいと感じている人も多いと思いますが、実際に様々な形で取り入れる事が可能となっています。

①光壁・光天井とは

光壁・光天井は間接照明と言われていて、レストランや事務所のエントランスなどで隠れている場所から壁面や天井面に光を当てることにより、明るさ感や開放感を高める事ができる照明手法となっています。光源が直接見えないという事で不快なまぶしさを感じることもなく空間全体を均一に明るくすることができて、光の色温度によって空間の雰囲気を変えることができて、電球色などを活用することにより、暖かい雰囲気を作りだすことができて、昼白色のランプを使うことで全体が爽やかな雰囲気になります。

電球色については、多くの方が落ち着きやよい空間と感じるホテルやレストランなどのくつろぐ空間に使用されていることが多く、白昼色は事務所のエントランスなどで爽やかな感じや緊張感が必要となる場所で使用されることが多いと言われています。光壁・光天井については、様々な演出ができて、間接照明だけで照度を確保することは難しいという事でベースの照明も必要になってきますが、しっかりと計算を行って必要な明るさを確保する事により自分が求めている快適な空間を作りだすことができます。

憧れている空間を作りだすことは難しいと感じている人も多いと思いますが、工夫することにより素敵な空間を作りだすことができますので専門の方にしっかりと相談するようにしましょう。

②光壁・光天井の特徴

光壁・光天井については、照明器具本体が見えないように天井面にアクリルやポリカーボネートの樹脂製乳白パネルなどを使って、輝度を緩和して照明が均等になるように高める方式となっています。下から見上げても照明器具が見えることがありませんが、パネルに照明器具が近い場合にはライン上に照明器具が見える場合もあります。

光天井部分の放熱を十分に検討してパネル面の焼け付きや天井内の汚れなどに関して考慮する必要があり、有効な熱抜きが必要になってきます。照明器具を天井や壁に接触するくらい近づけることにより、光が広がらず線が入ったような強い光になってしまうためにその辺もしっかりと考える必要があり、壁や天井から光源を離すことにより柔らかい光で照らすことができます。光壁・光天井については、どのように活用しても光の演出として使うことができますので、光の特性を理解することにより、効率的に活用することができると思います。

光壁・光天井については、天井面をまんべんなく明るくしたいと考えている場合には200㎜程度の空きを確保することにより光のラインは薄くなります。また、近づける場合には光のラインが入ったような演出となる仕組みです。何よりも自分では判断する事が難しいと感じる人も多いと思いますが、最大限に魅力を引き出すためにはしっかりと業者の方と相談してどのように取り入れていくのかを決める必要があります。

照明器具には、メーカーが品質を保証できる設置方法があり、ランプが仕上げ材に近すぎてしまったり、熱の影響、ランプの交換などに関してしっかり確認する必要があります。これは故障の際の保証の問題となってしまいますので、しっかりと確認して照明を活用するようにしましょう。

③光壁・光天井の修理の事例

実際に光壁・光天井に関しては、自分で修理やメンテナンスを行う事が難しいといえますが、その中で業者にお願いする必要があります。光壁・光天井の修理に関してはどのような事例が多いのでしょうか。

3.1電球の交換

店内で使用している光壁の照明が一部点かなくなってしまい業者に連絡しました。店内という事もありなるべく早めに対応してほしいという事を伝えたのですが、すぐに業者の方が駆けつけてくれて、調べてもらった結果、電球切れが原因となっていて、新しいものに取り換えていただいてすぐにトラブルを解消することができて、本当に助かっています。

3.2照明が眩しい

オフィスの光壁として使用しているLEDが明るすぎるのか眩しく感じてどのように対応したらよいのかわからなかったのですが、業者の方にワット数を落としてほしいと伝えたのですが、現場で専用のカバーを取り付けてくださってすぐに眩しさがなくなり、明るさを抑えることができて快適に過ごす事が出来るようになりました。

3.3一カ所つかないトラブル

オフィスの入口に使用している照明が一カ所だけ点かないトラブルが起きてしまって業者に修理をお願いしました。業者の方がすぐに駆け付けてくれて電球の交換をしてくださったのですが、20分程度の作業で元通りに点灯するようになり安心しました。費用に関しても安く済んで故障していると思っていたのですが、電球の交換だけで余計な費用が必要なく済み良かったです。

3.4光壁の修理

オフィスの光壁の照明が一部だけ点灯しなくなってしまい、業者に連絡しました。現場にすぐに駆け付けてくれて調査をしてもらったのですが、器具本体の電源部分の電子備品が故障しているという事がわかり、故障している部品を交換してもらったら復旧できて良かったです。

④光壁・光天井の反射

光壁・光天井については照明の光の反射により同じものを使っても違いが出てきます。天井を照らすことにより部屋の高さを強調する事ができて、壁を照らすことにより部屋の広さを強調する事が出来ます。天井が低い部屋に関しては、天井を照らし、部屋の狭さが難点だと思う部屋に関しては壁を照らすことにより心地よい空間を作り上げることができます。

4.1天井を照らす基本

照射方向を天井に向けたり、カーテンレールなどにクリップライトを取り付けたり、フロアアップライトと言われている天井を照らすための間接照明などを利用することで天井を照らすことができます。そうすることにより、落ち着きのある部屋を作ることができて、部屋の中心部分を照らして四方に向かってボンヤリと光が広がるような感じで間接照明を使うことがお勧めできます。シャープな雰囲気を作りたい場合には、部屋の天井の四隅のどこかに向けて光を当てることが良いと思います。天井を間接照明で照らすことにより部屋全体に光が拡散して、天井側が明るく足元は暗くなるので、部屋全体は落ち着いたリラックス感の部屋に変化させることができます。

4.2壁を照らす基本

部屋の壁を照らす場合には、人間の視覚を遮る遮蔽物の奥に間接照明を設置して壁を照らす方法がおすすめできます。テレビの裏やソファの裏、観葉植物などの裏、テーブルやベッドなどを遮蔽物として使用するのが良いと思います。遮蔽物を活用して壁を照らす間接照明については、光で照らされている部分とそれ以外の部分で濃淡が出るので部屋の中に立体感を生み出すことができます。間接照明で照らされている部分に関しても視線を集める効果を期待する事が出来るのでテレビに集中している際にも壁を照らすことにより集中力を高めてみることができます。

4.3空間全体を照らす基本

間接照明に関しては、部屋の一部分をピンポイントで照らすだけではなく、様々なライトを同時に使うことにより空間全体をボンヤリと照らすことができます。間食照明を使って部屋のインテリアなどを照らすテクニックを使うことにより、部屋の中に立体感が生まれるために印象的な雰囲気のある部屋に変化させることが可能です。空間全体を照らす間接照明に関しては、光を当て場所などを考えたうえで取り入れるようにしましょう。

4.4立体感のある映し方で影を作る

観葉植物やインテリアなどを活用して影を作る映し方を目指すことができますが、直接光を当てて壁や天井に影を作る方法と壁に反射した光を利用して影を作る方法があります。直射光を当てる場合には、比較的広い壁が必要なり複数の間接照明を使うことにより、影を作れば複雑な印象となり部屋全体に立体感を生み出すことが可能となっています。壁に反射した光を利用して影を作る際には、部屋の四隅に対象物が置いてある場合に有効となっていて、光量により印象的な部屋の空間に導くことができます。

何よりも大切なことは自分がどのような部屋を求めているかという事が問題になってきますので、しっかりと間接照明の特徴を生かして効果的に使用できる環境に整えたうえで挑戦する必要があります。

⑤光壁・光天井の修理について

光壁・光天井の修理に関しては、不具合が起きてしまったり、故障したのかなと感じた場合には早めに業者の方に連絡する必要があります。自分で手入れや電球の交換などが難しいという事もあり、業者に依頼する必要がありますが、大事なことはどのような間接照明を使っているのかという事を明確にしておくことです。

業者に連絡する際にもしっかりと間接照明の種類を伝えることにより業者の方も対応する事が可能となっていますので、何かあった時には業者に連絡する事が大切なのです。光壁・光天井については、専門に行っている業者もありますが、業者を選ぶ際には、様々な面において比較して信頼と実績のある業者を選ぶ必要があります。

今の時代はホームページに詳しく詳細や価格などを記載している業者も多くなっていますがその辺をしっかり確認して、メールや電話で問い合わせを行う必要があります。

また、業者によって違いがありますが、見積もりや調査に関しては無料で行っている業者を探すようにしましょう。そこで注意してほしいことはなるべく近い業者を選択する事です。遠い業者に依頼することにより、見積もりや調査が無料でも出張費などがかかる場合もありますので、確認した上で修理や故障の相談を行うようにしましょう。

光壁・光天井の修理や故障に関しては、まずは電話連絡を行って状態を調査して金額が確定するのですが、その後は作業完了のサインを記入してしっかり点灯することを確認した上で支払いとなっている業者が多くなっています。間接照明に関しては、ホテルやレストランなどの店内で活用していることが多く、実際にお客様に迷惑となってしまうので早急に対応したいと考えているお店が多いのですが、状態や状況に関してしっかりと伝えることが早く解決できるポイントになっています。

業者によりすぐに対応できないという場合もありますが、即日対応してくれる業者にお願いすることにより突然のトラブルについてもすぐに対応する事が出来ますので日常の中で照明の状態をしっかり行っておくことも大切になってきます。

間接照明のメンテナンスとランプの交換に関しても自分で交換する事が出来ないというケースも多いのでそんな場合にはしっかりと定期的に業者の方に確認してもらう必要があり、照明というものに関しては昼間は意識する事が少ないと思いますが、夜になると欠かす事が出来ないものなので早めに対応しましょう。光壁・光天井の修理や故障に関しては、光の演出やメンテナンスも同時に計画してどのように対応するのか考える必要があります。

まとめ

光壁・光天井については、良い空間を作りだすことができるアイテムとして欠かす事が出来ませんが、様々な面を考慮して検討する必要があり、良い空間を作ることができますが、しっかりとどのような雰囲気の部屋を作りたいのか計画を立てて取り入れる必要があります。

様々な面において活用している間接照明に関しては効果的に天井や壁を照射して非日常空間を演出したり、空間全体の目線レベルの明るさを高める事が可能となっていますが、高い照明技術が必要となってきますし、建築形状に適した間接照明を取り入れる必要があり、しっかりと実績と技術のある業者の方にお願いすることが重要になってきます。間接照明を取り入れたいと考えている人は、しっかりとハウスメーカーさんや電気専門の業者の方に相談してどのような雰囲気の部屋にしたいのかしっかり伝えることが大切になっています。

間取りなどにより思っているような雰囲気の部屋を作ることができない場合もありますが、そんな場合には、手軽に取り入れる事ができる照明を取り入れることもできますので、まずは明確にどのような空間を作るのか伝えて相談するようにしましょう。