コーニス照明が故障したと思ったら対策すべきポイントまとめ

作業費6,000円~対応中!
照明

今の時代はオシャレな外観だけでなく、オシャレな空間を求めている人が多くなっている中で、照明についてもこだわりを持っている人が多くなっています。その中でどのような照明にすると良い雰囲気の部屋を手に入れることができるのでしょうか。

最近は照明にこだわっている人も多くその中でもコーニス照明が人気となっています。今回は、コーニス照明について様々なことを紹介していきます。

はじめに

コーニス照明と耳にしたことがある方は少ないと思いますが、今まではレストランやホテルなどで取り入れられることが多く一般的な家庭では取り入れる人はいなかったのですが、今の時代は一般的な家庭でも取り入れる人が多くなっています。

その中でどんな照明なのか気になっている人も多いと思いますが、リラックスできる空間を作ることができる照明で新築検討している人はコーニス照明を取り入れることを考えている人も年々増加傾向にあります。

①コーニス照明とは

コーニス照明とは、壁に光を反射させる間接照明の手法となっていて、壁を明るくすることにより、空間の広がり感を演出する事が出来る照明です。ホテルなどに関しては高級感を出すために取り入れていることも多く、カーテンレールやブラインドに平行に照明器具を取り付けることにより、カーテンの表面が明るくなり、空間や広がり感だけでなくカーテンも美しく見せることができる照明で同時に落ち着いた空間を手に入れることができます。

コーニス照明に関しては、意図的に見上げない限りでは、日常的な視線により照明器具が見えないように配慮して、光だけが壁やカーテン、窓の方を照らすように照明の射光角を設定する仕組みとなっているのです。壁面を水平方向から照射することにより、壁面の平滑化が十分でない壁の場合には、凸凹が目立ってしまう事もあります。

コーニス照明を行う壁面にブラケット照明やコンセントを設けないように注意する必要があり、照明器具や配線についてもコーニス照明で照らしてしまう事により、影が発生したりすることもあります。コーニス照明を活用する場合には、美しみ見せるためには、設備や調整に関してしっかり行う必要があるのです。様々なことを意識して取り入れることにより、快適で高級感のある部屋を手に入れることができる照明となっています。

②間接照明のメリットとデメリット

間接照明のメリットとデメリットについては、間接照明に関しても様々な種類のものがあります。その中で重要な事は自分に合ったものを選択する事が出来ますが、同時にメリットとデメリットを踏まえて検討するようにしましょう。

2.1メリット

間接照明のメリットとしては、今の時代は忙しい日常を過ごしている方が多く、自分の時間が少なく疲れをとることができないという人が多い中で、最大のメリットとして気分を落ち着かせることができる効果や盛り上げることができる効果を期待する事が出来ます。実際にその日の気分に合わせて自分の大事な時間を過ごす事が出来る環境を手に入れることができます。

また、部屋を広く感じることができて肉体的だけでなく精神的にも癒しを求めることができて、種類が豊富なので自分の気分により選択する事ができ、変更も簡単に行う事が出来ます。間接照明の最大のメリットとしては、自分の生活環境に合ったものを取り入れる事が出来て、忙しい日常でストレスなども溜まってしまいやすい時代となっていますが、疲れを癒すことが可能で、リラックス効果を期待する事が出来てストレス発散効果も期待する事が出来ます。

2.2デメリット

間接照明のメリットとしては、光の反射を利用した反射光ではないので生活を送る光源としては、弱いという事が挙げられます。反射光の穏やかな光に関しては、間接照明のメリットといえるのですが、読書や作業などを行う際については、光の量が圧倒的に足りないと感じてしまい、逆にストレスを感じてしまう事もあります。直接照明の場合には、問題なく読書や様々な作業をスムーズにこなすことができるのですが、間接照明に関しては、生活を豊かにすることができる照明とは言えますが、作業内容により向いていないといえます。

そのために、寝室などでゆっくり過ごしたいと感じている場合には間接照明がおすすめできますが、作業などを良くするという部屋に関してはデメリットが多くなり快適に過ごす事が出来ませんのでその辺をしっかりと検討して決めるようにしましょう。

③間接照明の上手な活用法

間接照明の上手な活用法に関しては、何よりも様々な活用法があります。その中で自分に合った取り入れ方を選択することにより、より快適な空間を手に入れることができます。

3.1天井や壁に光を向ける

天井や壁に光を向けることにより、反射した光により部屋を照らすことができます。基本的には、反射した光は部屋を優しく照らしてくれます。天井だけを照らす場合には、床に近づくにつれて明るさが弱くなるので、床にライトを置いて足元を照らす事で高級感があり、落ち着いた雰囲気を出す事が出来ます。

3.2目立たせたいものに光を当てる

実際に美術館などでよく目にすると思いますが人間は明るいところに視線が行く習性をもっているために、目立たせたい場所に光を当てることにより、雰囲気の良い空間を作ることができます。美術館などでも絵に光を当てている光景などを良く目にするのですが、その仕組みと同様で自分のお気に入りのコレクションなどがあれば、そこが目立つように光を当てることにより、自分の求めている雰囲気をさらに良くすることができます。

3.3影を作る

実際にわざと影ができるように照明を置くことにより、立体感を出す事ができて、適度に暗くすることができるのでリラックス効果を期待する事が出来ますし、落ち着いた雰囲気の部屋を作ることができます。

注意点としては、間接照明は眩しさなどを感じないという利点がありますが、逆に暗いという事が挙げられるので上手に直接照明と一緒に組みあわせて活用することがお勧めできます。

④コーニス照明のトラブル解消法

実際にコーニス照明を取り入れたいと考えている人も多いと思いますが、トラブルなどが起こってしまった際には、自分では対応する事が出来ないと感じると迷ってしまう人も多いと思います。その中で実際のトラブルを紹介していきます。

4.1蛍光灯の交換

蛍光灯が点灯しないという事で蛍光灯の交換が必要な場合には、自分では交換する事が出来ない場所であれば業者の方にお願いする必要があります。業者にお願いして調査の結果は、蛍光灯が問題ではなく、電源部の故障が原因となっていて、新品の部品を発注した後に交換作業となり、復旧するまでに数日かかりました。実際に自分で蛍光灯の交換と判断していたのですが、部品の交換となり、思っていた以上に費用が掛かりました。

4.2子供部屋の照明

子供部屋の間接照明が点灯しないという事で業者にお願いして調査をしてもらいました。その結果、照明器具本体の故障で新品の部品を注文して交換作業を行ってもらいました。一般的な照明の場合には、蛍光灯の交換で点灯する事が多いのですが、新品に交換してかなりの費用が掛かってしまいましたが、正常に点灯するようになり、ホッとしています。

4.3コーニス照明の修理

リビングの照明がつかなくなってしまい業者に修理を依頼しました。調査をしてもらった結果、電源部の修理が必要という事ですぐに修理を行ってくれたのですが、元通りに点灯するようになり、修理で済んだので思った以上に費用は掛からずすんでよかったです。

4.4蛍光灯の接触不良

リビングの照明が点灯しないので蛍光灯を交換しました。蛍光灯を交換しても点灯しないので業者に電話をして調査をしてもらった結果、不具合については蛍光灯の接触不良をいう事がわかり、その場で修理してもらったのですが、すぐに復旧したので安心しました。費用に関してもそこまでかからず良かったです。

⑤間接照明の選び方

間接照明の選び方についてですが、間接照明といっても色々なタイプのものがあります。天井を照らして優しい反射光を生み出して、部屋を広く見せる効果があるものやスタンド式、スポットライト式のものがあります。壁に向かって光を当てることにより、部屋の奥行を感じさせて、印象的な部屋を作るのに最適なアイテムとなっています。

光を通しやすい素材で照明を包んで、その透過光で部屋を照らす間接照明に関しては存在に関しても美しく、新しい光を生み出してくれます。その中でどんな光を求めているかにより、間接照明を選ぶ基準が変わるのです。大事なことは購入する前に自分が求めている明かりをしっかりと明確にしておくことが大切になります。

印象的な部屋作りやリラックス効果を期待できる間接照明に関しては、のんびりムードでくつろぎたいと感じている場合には、安らぎを与えてくれる明かりを選ぶせようにしましょう。電球についても種類があり、作りだす光の色についてもたくさんの種類があります。

間接照明を取り入れたいと感じている人は、暖色系の光を生み出し、部屋に暖かい雰囲気を作ってくれる電球色がおすすめできます。光源としては、環境に優しく経済的にも効果のあるLEDライトがおすすめできます。

実際に自分に合った間接照明を選んで、設置場所についてもしっかりと自分に合った雰囲気を作り出す事が出来る場所を選ぶ必要があり、配線などに関しても見えないように配慮することにより、効果的に良い空間を作りだすことができると思います。

⑥間接照明の注意点

間接照明に関しては、部屋のイメージや雰囲気をガラッと変えてくれるアイテムとして多くの方が取り入れていますが、その中で大切なことは注意点もしっかり把握しておくことです。

6.1ランプが見えるのはダメ

間接照明を配置する際には、ランプなどの光源が丸見えにならないように十分に配慮する必要があります。ある視点から間接照明のランプが見えなくても角度を変更することにより丸見えになってしまうケースもあります。ランプが見えると眩しく感じるだけでなく、ムードを感じることができないので間接照明の設置場所や収め方には十分に注意を行ってください。

6.2光沢のある天井や壁を照らさない

間接照明は壁や天井を照らすことが前提となっています。そのために壁や天井の素材にも注目する必要があり、光沢のある素材を壁に使っている場合には、壁を照らすことによりランプが映り込んで見えてしまいます。鏡面仕上げのテカテカした天井や壁面、ガラスや鏡などに光源が映り込まないように配置する事が大切です。

6.3照らす範囲を明確にする

天井や壁を間接照明で照らす場合には、余分なものを照らさないように気を付ける必要があります。例を挙げるとエアコンや家電のコードなどを照らすことで見た目が悪くなってしまいます。見せたいものはしっかり仕舞って、観葉植物やアートなど意味のあるインテリアを照らすという事を意識することにより、雰囲気も良くなりオシャレな空間を作りだすことができます。

何よりもトラブルなどがあった場合には、しっかりと業者の方に相談することにより、早急に対応する事が出来ると思います。自分では解決する事が出来ない問題も起こってしまう可能性がありますが、業者に依頼することにより調査などを行ってしっかりと修理や交換などを行ってくれます。専門の業者の中には、調査や見積もりが無料のところもありますのでその辺も調べて業者を選ぶようにしましょう。特に問題がない場合でも調査をするだけでも費用が掛かる業者もありますので、見積もりや調査が無料の業者を探すようにしましょう。

まとめ

コーニス照明については、今の時代では人気となっていますが、様々なことをしっかりと把握して検討する必要があります。良い空間を作りだすためには、手抜きをしないでしっかりと完璧な空間を作り上げていきましょう。大切なことは、自分の自宅の壁などの素材も把握しておくことが重要で、最大の特徴を引き出せるようにしましょう。

コーニス照明は壁を照らす手法となっているので何もない壁面でも綺麗な光のグラデーションを味わう事が出来ますが、エアコンやほかの照明器具を設置してしまうと影が映り込んでしまいせっかくの雰囲気が台無しとなってしまいますので配置にはしっかりと配慮して設置する必要があります。

また、照明器具に関しては、高温になってしまうので狭いスペースに設置することにより熱がこもってしまいます。その結果、照明の寿命を縮めてしまうのでしっかりとその辺も考えて設置するように計画を立てていくようにしましょう。さらに故障やトラブルなどは自分で解決する事が難しいので業者の方に相談して修理や交換を行う必要があります。

業者の選び方に関しては、自宅からなるべく近い業者にお願いする必要があり、見積もりや調査費用などが無料の業者を探すことがお勧めできます。安いと感じて遠くの業者に依頼することにより、出張料などを請求されるケースもありますので、たくさんの情報を集めるようにしましょう。