暮らしの初めて物語: テレビ

作業費6,000円~対応中!
家電修理

ネットの普及などでほとんどテレビを見ない若者が増えていると言われますが、一般家庭のお茶の間(死語?)の中心にはやはりテレビが似合います。今回はテレビの歴史を紹介します。

テレビの初めて

1897年、ドイツの発明家ブラウンによってブラウン管が発明され、1925年にはイギリスのベアードがニポー円盤による機械方式のテレビ実験に成功しました。その頃日本では電気工学者の高柳健次郎氏らが電子式装置によるテレビの開発に取り組んでおり、1926年(昭和元年)12月25日、世界で初めてブラウン管による「イ」の字の電送・受像に成功します。実験装置は、送像側に機械式のニポー円盤を、受像側に電子式のブラウン管を用いた方式でしたが、1933年に、アメリカのツヴォルキンが電子式撮像管「アイコノスコープ」を発明すると、高柳氏らも独自でアイコノスコープを試作し、1937年には当時としては世界最高水準の全電子式テレビ受像機を完成させました。

テレビの歴史

早川電機工業(現シャープ)の国産第1号テレビ
早川電機工業(現シャープ)の国産第1号テレビ。52年に発売され、53年には早くも量産化開始

高柳氏はその後も日本におけるテレビ放送の実用化に大きく貢献し、日本のテレビの父として多大な功績を残しました。1939年5月、NHKが日本初のテレビの公開実験を行いました。1940年には日本初のテレビドラマの実験放送も行われたのですが、1941年からの戦争によりテレビの研究は中断し、日本におけるテレビの実用化は、戦後1946年の研究解禁を待つこととなります。

1953年2月1日、NHKがテレビの本放送を開始。8月28日には民放のトップを切って日本テレビ ( NTV )が本放送を開始しました。当時はテレビ受像機の価格が非常に高く、なかなか普及しませんでした。そこで登場したのが街頭テレビです。デパートや国鉄(現JR)駅前、喫茶店などに設置された街頭テレビには多くの人々が集まり、テレビで放映されるプロ野球、プロレス、 大相撲などに熱狂しました。昭和の振り返り企画などでは、力道山が空手チョップするシーンで盛り上がっている群衆が定番ですね。

国産第1号テレビは1953年1月に発売されたシャープ製テレビで、価格は175,000円。当時の公務員の初任給は高卒で5,400円くらいの時代です。お金持ちの家しか買えない庶民には高根の花の家電でした。

1956年12月にはNHKのカラーテレビ実験放送が開始され、1960年にカラー本放送開始となりました。この頃には現在のいわゆるキー局が開設されており、1959年4月の皇太子明仁親王(現上皇さま)御成婚の中継を機にテレビ受像機が一般に普及し始めました。

街頭テレビに群がる人々
街頭テレビに群がりラッシュアワーのようになっている人々。遠くの人はちゃんと見られているのか不安になります

テレビの現在

ソニーBRAVIAの4K液晶最新フラッグシップモデルであるZ9Fシリーズ
ソニーBRAVIAの4K液晶最新フラッグシップモデルであるZ9Fシリーズ。75v型はソニーストアで45万円くらい。オリンピック前に売れそう!?

1982年に音声多重放送(二ヵ国語放送・ステレオなど)開始、1970年代後半にはビデオテープレコーダの普及が日本の家庭で始まります。1989年日本で衛星によるBS放送が開始され、1990年にはハイビジョンテレビ発売とどんどん進化していき、現在は4Kテレビの時代になりました。

きりがないのでこれぐらいにしますが、テレビの歴史はイコール日本の家電、通信の進化の歴史といっても過言ではありません。近年は韓国メーカーなどにシェアを奪われて厳しい戦いを強いられていますが、ニッポンメーカーにはまだまだ頑張ってほしいところです。