暮らしの初めて物語: 洗濯機

作業費6,000円~対応中!
家電修理

今やスイッチを押すだけで、またはスマホからの遠隔操作で洗濯ができる時代になりましたが、それでも洗濯は干す作業もあり、家事の中でもかなりめんどうな部類。昔はたらいと洗濯板で家族の汚れ物をゴシゴシ洗っていました。まさに主婦にとっては一番重労働な家事でした。それを解消した電気洗濯機の初めてを見てみましょう。

洗濯機の初めて

世界初の電気洗濯機は、今から約100年前、1908(明治41)年にアメリカのアルバ・ジョン・フィッシャー(Alva John Fisher)により発明されました。これは、円筒型の槽の回転によって汚れを落とす方式で、シカゴのハレー・マシン社が“Thor(ソアー)”ブランドで販売したのが最初です。

洗濯機の歴史

芝浦製作所(現東芝)の国産初の電気洗濯機ソーラーA型
芝浦製作所(現東芝)の国産初の電気洗濯機ソーラーA型。川崎市にある東芝未来科学館に展示されており、現物を見ることができます。しかも現在も動くそう

日本では、1922(大正11)年に三井物産がアメリカからこのThorを輸入し、販売したのがはじまりです。1927(昭和2)年からは芝浦製作所(現東芝)が輸入・販売を手掛けていました。この流れを受け、芝浦製作所が国産初の撹拌式電気洗濯機として製作を開始したのが「ソーラー」です。

昭和5年に芝浦製作所が、アメリカの技術を導入して製造販売した洗濯機がソーラーA型です。これが国産第一号の洗濯機となりました。昭和初期といえば、洗濯物をたらいと洗濯板の時代。家事の負担を大幅に減らす画期的な家電でした。ただソーラーA型は、当時の値段で約370円。その頃の銀行員の初任給が約70円くらいでしたから、庶民にとって電気洗濯機は高嶺の花でした。

1856年にアメリカで洗濯機の商用化がなされ、1918年にアメリカのケルビネーター社が世界で初めて電気洗濯機を製造販売しました。1923年には三井物産がアメリカのGE社から日本に初輸入。これが日本で最初の電気洗濯機となりました。

国産第一号の電気洗濯機は芝浦製作所(現東芝)が1930年に制作した「SS-1200」であり、GE社の製品を研究して開発されました。この洗濯機は容積125L、重量157kgと金庫を思わせる大きさで、密閉型首ふりシリンダー圧縮機と凝縮器および制御装置がキャビネットの上に露出したモニタートップ型が特徴です。

その後、昭和20年代後半から30年代にかけて節水型の渦巻き式が主流となり、冷蔵庫、白黒テレビと並んで三種の神器としてもてはやされました。洗濯をしながらほかの家事が出来るということで、徐々に一般家庭に普及していきます。

初期の脱水は手回しのゴムローラーが主流で、決して楽な作業ではありませんでした。一枚ずつやるため当然時間もかかります。昭和41年に脱水槽が付いた二槽式洗濯機の銀河が東芝から発売され、大変な脱水作業もなくなりました。主婦の作業がさらに軽減されたことは言うまでもありません。

その後節水タイプや洗濯と脱水が同時にできるタイプなどさらに進化をとげます。女性の社会進出とも相まって家事は手早くすませ、自分の時間にゆとりを持ちたい、という考えが広まっていきました。

昭和38年の日立の洗濯機の広告
昭和38年の日立の洗濯機の広告。この当時は脱水機はまだなく、ハンドルをキコキコ回して絞っていたんですね。時代を感じます

洗濯機の現在

PANASONIC NA-VX9900L-Nは最新の温水洗浄ななめドラム洗濯乾燥機
PANASONIC NA-VX9900L-Nは最新の温水洗浄ななめドラム洗濯乾燥機。スマートフォンで外出先からも遠隔操作可能な「スマホで洗濯」の操作コースなどを含む14コース(洗濯のみの場合)が使用可能

当時の洗濯機は音がけっこううるさかったようで、早朝や深夜に洗濯をしたい(隣近所に迷惑にならないように)という要望が高まり、静音タイプが生まれ、さらには全自動洗濯機、洗濯乾燥機へと発展を続けてきました。

白物家電は安価な中国や韓国メーカーなどに苦戦し、国産メーカーが買収されたりもしていますが、モノづくり大国として今後も便利で楽しい家電を作り続けてほしいところです。