給湯器の水漏れ6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

給湯器の水漏れの原因

部品などの劣化

給湯器はさまざまな部品で構成されています。安全弁やパッキンなど、プラスチックやゴムなどで作られている部分は、経年劣化に弱いもの。そうした部品の劣化が進んでしまうと、水漏れを生じやすくなります。部品の劣化が原因の際には、新しい部品を購入し取り替えてください。

施工時の整備不良

「給湯器の修理を最近してもらったばかり」や「新築や、新しい給湯器を取り付けたばかり」なのに、水漏れが生じてしまうという場合には、取り付け工事の際の整備不良だという可能性もあります。そうした場合には、すぐに給湯器の設置をお願いした業者に連絡するようにしましょう。

久しぶりに利用する

旅行や帰省で長い間給湯器を利用していなかったという場合には、圧力の関係で水漏れが生じることもあります。給湯器内部の圧力を下げるために、水抜き栓から排出します。寒い地域にお住いの場合は、ヘタに触ることはやめて、修理業者などに見てもらうことをおすすめします。

凍ってしまった

戸建て住宅の給湯器でよく見られるのが、「給湯器内部の水が凍ってしまった」というケースです。とくに冷たい北風に晒される場所に設置してある場合は注意が必要です。気温が耐久温度を下回ると、水が凍り配管が破裂する可能性もあるため、早めに対策を打つようにしてください。

エコキュートは色々な原因で水漏れしてしまいます。周辺機器が結露していたりするのはもちろん、水道メーターが異常な場合はシステム自体がおかしくなっていることもあるかもしれません。また、貯水タンクの排水や配管からの水漏れなどもあります。この手の問題は原因を探ることができれば、的確な修理や交換ができるので、まずは原因を明確にして対処していくことが必要です。なお、エコキュートは電気機器なので、システムがダウンした場合なども注意が必要となります。台風や地震で停電したりするのはもちろん、災害の影響をダイレクトに受けた場合は異常が出てくることもあります。水漏れがあった場合は、まずは業者に相談しましょう。

給湯器の水漏れの解決法

給湯器の水漏れには、さまざまな原因が考えられ、複合的な要因から生じる場合もあります。そのため、原因を探ることが大変ですが、水漏れをそのままにしてしまうのは大変危険です。給湯器自体の寿命を短くしてしまったり、ガス漏れ(ガス給湯器の場合)を引き起こしてしまったりする可能性がでてきます。給湯器周りの状態を確認した上で、部品の交換や水を細く出しっぱなしにしたりして対策するようにしましょう。それでも問題が解決する気配がないと感じたら、プロの修理業者などに依頼するのもよいかもしれません。 プロの専門業者であれば、即日対応も可能で全国出張しているところもあります。事実、給湯器システム関連のトラブルや問題は、生活に直結するため、即時対応してもらいたいという方も多いでしょう。そういう時、専門業者があればとても楽に対処することができます。なお、プロであれば修理や交換で必要となる部材なども用意できますし、対応も迅速かつ丁寧です。水漏れの場合は放置しておくと給湯器自体をダメにしてしまう可能性もあるので、早めに対処しましょう。ただ、中には自力で対処しようとする方も多いです。この手の電気系統関係の問題は知識と技術がないと難しいので、その場合は専門業者にトラブルシューティングを依頼してください。 給湯器の水漏れは、部品やシステムの老朽化・劣化などが原因となる他、台風や地震など災害の影響を受けることも多いです。また、人的なミスによって原因を作ってしまうこともあります。給湯器に関しては色々な原因があるので、個人で原因を究明することは難しいです。特に自分で対処しようとすると危険が伴いますし、被害がさらに拡大することもあります。そのため、トラブルが発生した場合は、まずは専門業者に依頼するようにしてください。もちろん費用はかかりますが、全国出張に対応していて即日解決してくれるところもあります。そういう専門業者であれば調査だけはもちろん、修理から交換までやってくれて便利だと言えるでしょうね。

給湯器修理の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円