ガス給湯器の水漏れを対策するための手順

作業費6,000円~対応中!
給湯器

日常の生活の中で給湯器か欠かすことができないものとなっていますが、大切なことはしっかり給湯器の状態を定期的に確認することが重要になってきます。ガス給湯器にも寿命があると言われていて、一度購入する事で一生使えるというものではありません。

はじめに

ガス給湯器を使っている中では、日常で当たり前のように使っているとトラブルなど起こしてしまうケースもあり、トラブルに関しては焦ってしまう事が多く、ほとんどの方が故障と判断してしまうのですがしっかりと冷静になって、給湯器を確認することが大切になってきます。給湯器の寿命としては大体10年程度といわれていますが、長年使っている場合には寿命と考えられますが、購入して期間がまだ浅い場合には、故障ではなくトラブルを引き起こしてしまっている状態といえます。ガス給湯器に関しては安く購入できるというものではありませんのである程度の保証などが付いている業者で購入することがお勧めできます。故障やトラブルを早めに解決するためには、しっかりトラブルなども対応してくれる業者に依頼することが大切になります。

①水漏れの原因

ガス給湯器のトラブルとして一番多いのが水漏れといわれています。水漏れを放置することにより重大な事故に発展するケースもありますのでしっかりと気が付いた時点で対応する必要があります。

1.1 ゴムの経年劣化

ガス給湯器のトラブルとして古くなると水漏れを起こしてしまうという事も多いのですが、水漏れを起こしてしまう原因としてはゴムの劣化といえます。給湯器内部には、水が漏れないようにゴムでできた部品が使われていますが、ゴムに関しては年数を重ねることにより硬化してしまい、弾力がなくなってしまいます。硬くなってしまったゴムは各部品に密着することができず、隙間などから水漏れを起こしてしまう原因となっています。ゴム自体に関しては高価なものではありませんが、交換する際には給湯器を分解してゴムの交換をする必要があります。

1.2 金属の劣化

ガス給湯器の水漏れに関しては、ほとんどのケースがゴムの劣化といわれている中で、給湯器を長く使っている場合には、内部にあるパイプの錆が原因となり水漏れを起こしてしまう事もあります。給湯器の内部の銅管は錆で損傷してしまう場合もあり、パイプを交換する必要が出るために早めに対処することが大切になります。パイプなどを交換すると費用が高額になってしまうので、10年以上使っているという場合には、新しいものを購入することがお勧めできます。

1.3 水抜きから水漏れ

水漏れと思って見てみると給湯器の下側についている穴の開いたパイプから水が出ているというケースもあります。水抜きから勝手に水が漏れつという事はないので水抜き用のパイプが緩んでしまっている可能性がありますので、水抜き栓がしっかり締まっているかどうか確認を行ってみましょう。

1.4 長期間の未使用

ガス給湯器に関しては、旅行などで長期間使っていないという場合でも水漏れを起こしてしまう場合があり、心当たりがある場合には水抜き栓から水を出して、給湯器の内部の圧を下げるようにしましょう。その後、お湯が正常に出る場合には問題ありませんが、寒い地域の場合には給湯器の中の水が凍結している場合もあり、部品が破損してしまっていることがあります。そんな時には、業者に修理を依頼する必要があります。

②ガス給湯器の寿命と故障

ガス給湯器に関しては一度購入すれば一生使うことができるというものではなく10年程度の寿命となっています。10年以上使ってもトラブルを起こさないという場合もありますし、数年でトラブルを起こしてしまうというケースもあります。

2.1 温度が一定しない

ガス給湯器から出るお湯の温度に関しては、様々な理由で変化しますが、配管に残った水などの原因で冷たい水が出たりお湯が出たりする場合があります。また、家の別の場所でお湯を使っている場合には、配水管の圧が不安定になり、その影響により温度は変化してしまいます。ガス栓が半開荷なっている場合でも温度が安定しないという事が挙げられます。故障ではないので安心して使うことができますが、温度の変化に関して特に影響を受けていない状態で一定の温度に定まらないと感じている場合には、寿命の可能性がありますので使っている年数を確認してみましょう。長く使っている場合には、業者に見てもらう事で安心して使えるようになりますし、交換が必要な場合には交換を依頼するようにしましょう。

2.2 いつもと違う音がする

ガス給湯器に関しては、音がする機器ですが、その理由としては水が温められた蛇口からお湯が出るまでの過程でガス、水などの様々な音がします。普段と同じ音の場合には、故障などではないので安心して使うことができますが、いつもと違う音がすると感じた際には、説明書を確認してみましょう。説明書にこのような音がしても故障ではないと記載されている場合も多く、そのほかに気になる音が出て変だと感じた場合には、故障しているか寿命という事が言えますので、専門の方に相談してみるようにしましょう。

2.3 お湯が出ない

お湯が出ない場合には、水栓などが関係している場合もありますが、一部の水栓のお湯だけがぬるいと感じた場合には、内部の金具の不具合が考えられます。そんな場合には、部品を交換することにより問題なく解決することが可能となっていますが、部品ではなく給湯器を10年以上使っている場合には、寿命の可能性もありますので、部品を交換する前に業者の方に状態をしっかり確認してもらうことが大切になります。

2.4 煙が出る

給湯器から白い煙が出ますが、これは水蒸気なので問題ありません。しかし、黒い煙が出た場合には、内部で不完全燃焼を起こしてしまっていることが考えられて、一酸化炭素が発生している状態になっている場合もありますので給湯器の使用を中止して業者の方に点検を行ってもらう必要がります。寿命の可能性も考えられて修理で済む場合もありますが、交換が必要になるケースもありますのでしっかり相談して決めるようにしましょう。

③ガス給湯器の水漏れトラブル事例

ガス給湯器の水漏れのトラブルとしてはどのような事例があるのでしょうか。実際に素人からすればどのようなトラブルをどのように対応すればよいのか理解することにより、安全にガス給湯器を使っていく事が出来ると思います。

3.1 施工時の整備不良

ガス給湯器の修理を行ってもらったばかりという場合や新しい給湯器を取り付けたばかりという中で水漏れが生じてしまう場合には、取り付け工事の際に整備不良の可能性が考えられます。そんな場合には、実際に設置をお願いした業者に連絡して状況をしっかりとつたえるようにしましょう。

3.2 凍ってしまう

戸建ての住宅のガス給湯器に多いトラブルの事例としては、給湯器内部の水が凍ってしまうというケースがあります。冷たい北風に晒されている場所に設置してある場合には特に注意が必要で、気温が耐久温度を下回ることで水が凍って配管が破裂してしまう可能性もありますので早めに対策を行う必要があります。

3.3 部品の故障

ガス給湯器のトラブルとしては日常で使っている中でトラブルが生じてしまう事により故障と思ってしまう人も多いのですが、給湯器は様々な部品で構成されています。安全弁やパッキンなどプラスチックやゴムなどで作られている部品に関しては年数を重ねることにより劣化してしまう、水漏れが生じやすくなります。部品の劣化が原因となっている場合には、新しいものに交換することにより、水漏れの状態を解消する事が出来ます。

④ガス給湯器の水漏れを対策

ガス給湯器の水漏れを対策するためにはしっかりと給湯器の状態を確認するようにして、一時的なものなら問題ありませんが、大量に水が漏れている場合には、業者に依頼するようにしましょう。水抜き栓から大量に水漏れが発生している場合には、給湯器のコンセントを抜いて、給湯器のすぐ下にある給水バルブを閉めてください。

給水バルブは普段使わないという事もあり、硬くなってしまっている場合もあり、どうしても無理な場合には、水道メーターがあるところの止水栓を止めるようにしましょう。

ガス給湯器の水漏れに関しては、修理を依頼することが大切になりますが、給湯器の内部の構造に関しては自分で修理を行うことにより、違う場所の水漏れの原因になってしまいますので業者に依頼してしっかり対応することが大切になってきます。

業者に依頼することにより、水漏れの原因としっかりと把握することができますが、その中で修理をするか交換をするかという事は業者の方と相談をしっかり行って決めるようにしましょう。修理か交換か決める際には、どの程度の期間使っているかという事と、水漏れに関してリモコンにエラー表示していたか、お湯の温度が設定している温度だったか、給湯器から異常な音がなかったなどを踏まえたうえで修理か交換か決めることも大切です。

ガス給湯器の交換費用に関しては、給湯器の価格にも違いがあり、業者の工事内容でも差が出てきますので様々な業者に問い合わせて無料で見積もりを出してもらうようにして、自分に合った業者を選択するようにしましょう。

⑤ガス給湯器の水漏れ修理の相場

ガス給湯器の水漏れに関しては多いトラブルといえますが、修理を行う上ではどの程度の費用が掛かってしまうのでしょうか。しっかりとどの程度の費用が掛かるのか把握しておくことにより、業者に依頼する際に比較できると思います。

ガス給湯器の修理費用の相場としては、水道の修理などと変わりはなく5000円~6000円程度となっています。給湯器の水漏れの原因としては部品の交換で解決することが多く修理代としては6000円程度が正当な修理費となっています。

また、修理時間に関しても1時間程度で終わることが多くパッキンなどの交換だけで1万円以上請求する業者もありますので、業者の技術をしっかり確認するようにして、給湯器を10年以上使っているという場合には、部品に関しては徐々に古くなるについて水漏れなどの原因となってしまいますので、給湯器を修理するよりも交換を考える方がお得になるケースも少なくありません。

給湯器の修理は水漏れに関してはメーカーや施工業者に依頼する方が多いのですが、配管の水漏れや内部の水漏れにより業者を選択する必要があり給湯器内部の水漏れに関しては水漏れ業者に依頼することにより対応することが可能となっています。給湯器は、10年を目安に修理をするか買い替えるか検討する必要がありますが、それ以上トラブルもなく使っていく事が可能な場合もあります。

しかし、古くなることにより、トラブルを起こしてしまう可能性が高まってしまいますので、少しでもおかしいと感じて場合には業者の方にどのような状態か見極めてもらうことが大切で、同じ水漏れを繰り返して修理を何回も行うよりも、買い替えを検討することにより故障やトラブルなく使うことが可能となっているので、修理か交換かは業者と相談を行って決める必要があります。

水漏れのトラブルとそのままの状態にしておいても問題なく使えるという方も多いと思いますが、水漏れする場所により調子が悪いけど使うことができますが、不完全燃焼などが起こってしまい、安全装置が働いて炎が消えガスなどの燃料の供給が停止する場合もあります。

水漏れが起こっている場所により安全装置が動かずに不完全燃焼が起こってしまう場合もあり、一酸化炭素が発生してしまい具合が悪くなってしまったり、意識がなくなってしまうというトラブルに発展してしまうケースもありますので、水漏れしている給湯器を使い続けるという事は危険を伴うために避ける必要があります。

買い替えの余裕がない場合には、修理をしっかり行ってもらって安全に使っていく必要があります。一軒家の場合には給湯器の修理に関しては自分で行う必要がありますが、賃貸の場合には、大家さんや管理会社に相談する必要があります。そうする事で実費ではなく大家さんや管理会社が修理を行う場合もありますので、自分で判断するのではなく、大家さんや管理会社で確認を行って行動する必要があります。

まとめ

ガス給湯器の水漏れに関しては様々なことが原因となっているのですが、安全に使っていくためには何よりも自分で判断するのではなく水漏れの状態を業者の方に見てもらって修理を行うことにより安全に使っていく事が出来ます。

少しの水漏れは問題ないと自分で判断する場合もありますが、危険を伴う場合もありますので、自分で判断するのではなく専門業者の方に相談して修理や交換を決めるようにしましょう。地域によりガス給湯器の寿命に関しては違いがありますが、設置する際には、雨風を防ぐことができる場所に設置するようにして、配管などに関しては凍結しないように前もって対策を行っておく必要もあります。

給湯器の修理に関しても自分で行うのでなく、専門業者に依頼することにより早めに解決することができますので、安心してお願いすることができる業者を見つけて以来するようにしましょう。