ガス給湯器のお湯が出ない場合の解決策まとめ

作業費6,000円~対応中!
給湯器

日常の生活の中で何よりもガス給湯器を活用している人が多いと思いますが、快適に使い勝手の良い環境を作る必要があります。新築を建てる際には給湯器を選択することが可能ですが、賃貸などは選ぶことができず、ガス給湯器を活用しているところが多いと言われています。

はじめに

ガス給湯器を上手に活用するためには、何よりも自宅の中で使い勝手の良いものを選択する必要がありますが、ガス給湯器を使っていると様々な面で便利に活用することが可能となっています。その中で、トラブルなどが起きてしまうと自分では解決することができず、焦ってしまう人も多いと思いますが、どのようなトラブルなのかしっかり把握することにより、自分でできることを行ってみるようにしましょう。知識がない状態でも自分で確認できることを試してどうしても無理だという場合には、専門業者の方に連絡して調査を行ってもらうようにしましょう。

①ガス給湯器のお湯が出ない時の対処法

ガス給湯器のラベル
ガス給湯器のラベル

実際に日常の生活で昨日までお湯が出ていたのに急にお湯が出なくなってしまうと焦ってしまいます。故障と思って業者に連絡する事もありますが、自分でできる対処法を紹介します。

1.1 水は出ているか

実際に給湯器に関してお湯だけでなく水も出ないという場合には給湯器の故障ではなく水道から水が供給されていないことが原因となっている場合があります。その原因としては、断水という事が挙げられますが、ガス給湯器だけでなくほかの蛇口などから水がでるかどうか確認するようにしましょう。また、凍結が原因となっている場合でも水やお湯が出ない原因となってしまうので凍結対策をしっかり行っているかどうか確認しましょう。止水栓が開いていない状態になっていることもあり、水を供給する栓が開いていない場合にはお湯が出ないばかりではなく水も供給されません。さらに混合水栓の中の部品などが壊れているケースもあり、その場合には水だけは出ますがお湯が出なくなります。給湯器の故障と感じる人も多いのですが、水も出ないという場合には給湯器の故障ではなく水道の問題となっていますので水道の業者の方に依頼することが大切になります。

1.2 ガスが来ているか

水が出るけどお湯が出ない場合にはガスの元栓が閉まっているというケースも意外と多いと言われています。焦って行動に移す前に冷静にしっかりとガス栓の確認を行ってみましょう。大きな地震などがあった場合には、自動で安全装置が起動する場合もあり、自分でできる対処法としてガスの元栓を確認したり、ガスコンロに火がついているかという事も自分なりにしっかりと状況を確認する必要があります。

1.3 給湯器の不具合

水もガスも正常なのにお湯が出ないという場合には、給湯器に問題がある可能性があり、故障と判断する人も多いのですが、意外と単純な理由で不具合を起こしてしまうケースもありますので、自分で対処できる部分を確認してみましょう。蛇口についている温度設定がお湯になっていないという場合やブレーカーが落ちた時に給湯器の電源が切れてしまった、コンセントが抜けて電源が切れてしまった、お湯の使いすぎという事があります。焦っていると意外と思いつかないと思いますが、冷静になりしっかりと確認を行ってみましょう。

1.4 給湯器の故障

特に問題はないのにお湯が出ないという場合やお湯の設定が一定にならない、リモコンにエラーが表示されるという場合には給湯器の故障の可能性が高いといえます。給湯器のエラーに関しては電源を落として入れ直すことによりリセットされて通常通り使うことができる場合もありますが、エラーコードに関しては各メーカーのサイトなどで確認することが可能となっています。すぐに業者の方に依頼するのではなく、先ずは自分ができる範囲で確認を行ったあとに業者に依頼するようにしましょう。自分ができる対処法を取り入れることにより、焦ることなく冷静に判断できると思います。

②ガス給湯器のお湯が出ないトラブル事例

ガス給湯器のお湯が出ないトラブルにはどのようなものが多いのでしょうか。実際にトラブルの事例を知ることにより対処する際には冷静に行動することができると思います。

2.1 雨水に濡れた

ガス優陶器など基本的に室外に設置する対応で生じやすいトラブルとして給湯器の内部が雨水に濡れてしまう事により、乾くまで待たずに使用する事によりお湯が出ないという状態になってしまう場合もあります。雨水が内部に溜まっている場合には、乾いた布で拭いたり、乾くまでしっかり待って使うようにしましょう。濡れているままの状態では危険といえるのでしっかり外に設置している給湯器の場合には、台風や雨などの天候の際には状態を確認する必要があります。

2.2 エラー表示

給湯器のトラブルの中には、リモコンにエラーコードが表示される場合も多いのですが、エラーコードに関しては給湯器などを製造したメーカーにより違いがあり、効率よく確認するためには、給湯器のメーカーのホームページを確認することによりエラーの内容を把握することができます。説明書などを確認することでもエラーがわかりますが、各メーカーのホームページではエラーコードを入力するだけで簡単に原因を知ることができます。ネット環境などがないという方の場合には、電気屋さんなどに連絡して尋ねることにより、どのようなエラーなのか知ることができると思います。

2.3 ブレーカーが落ちた

給湯器を利用している際にお湯が出ない場合には故障などと感じてしまう人も多いのですが、給湯器にうまく電源が通っていない可能性を考えてみましょう。ブレーカーが落ちたというケースでお湯が出ないという場合もありますので、給湯器のトラブルだと感じた場合には、ブレーカーの確認もきちんと行ってブレーカーを上げて電源を通すようにしましょう。

2.4 断水や凍結

給湯器のお湯が出ないという場合には、水が出るかどうかを知ることが大切で水もでないというケースの場合には断水や凍結などが考えられるので、給湯器の専門業者に連絡するのではなく水道工事などが行われていないか、屋外の気温などを確認することが大切になります。基本的なことですが、止水栓が止まっているという場合もありますので、給湯器の確認を行うようにして同時に水道が出ているかどうかの確認も必要になってきます。

③ガス給湯器のお湯が出ない原因

ガス給湯器のお湯が出ない原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。様々な点を確認することにより解消する事が出来るというケースも少なくありません。

3.1 お湯を出す量

給湯器を使う際に蛇口から出る水が少ない場合にはお湯が出ないケースもあります。給湯器には最低作動流量というものがあり一定の水量がないと着火しない仕組みになっているのです。最低作動流量については給湯器の種類などにより違いがありますので、一度水の量を全開にしてお湯になるかどうか確認することでスムーズに使えるというケースも少なくありません。

3.2 電源

給湯器の電源が入っていない場合やコンセントが入っていないという事もあり、そんな場合にはお湯が出なくなってしまいますので停電やブレーカーが落ちたことが原因となっていることもあります。最初に行動するのは電源が入っているかどうかをチャックすることが大切になってきます。電源を入れることによりお湯が出ることもあり、電源の確認は毎回しっかりと行うようにしましょう。

3.3 ガスの供給

お湯が出ない時に考えられる原因としては給湯器にガスが供給されていない場合もあり、ガスコンロなどほかのガス器具を動作させてガスがしっかりと供給されているかどうかを確認する必要があり、給湯器の故障ではなく、ガスのトラブルという事も考えられるので他のガス器具も使えない場合には、ガス会社に連絡するようにしましょう。

3.4 配管

水もお湯も出ないという場合には、配管にトラブルが起きている可能性も考えられます。給湯器が使えないとなると給湯器の故障と考えてしまうケースも少なくありませんが、寒冷地域では凍結などが原因となりお湯が出ないという場合もあります。そんなときは熱湯をかけるなどする方も多いのですが、配管の故障となりますので避けるようにして、自然に解凍されるのを待って水漏れなどが起きていないか確認する必要があります。

3.5 給湯器の故障

実際に給湯器の故障によりお湯が出ないという事もあり、修理を行うか交換をするかという問題となってきますが、大切なことはしっかりと原因を知るために専門業者の方に依頼するようにしましょう。ガス給湯器に関しては自分で修理することが不可能なので専門の方に依頼して修理の場合でもどの程度の費用が必要になるのか見積もりを出してもらうようにしましょう。

④給湯器の修理、交換の判断

ガス給湯器を使っている中で故障してしまった場合には、修理を行うのか交換するのかは、しっかりと自分で判断する必要がありますが、修理や買い替えについてはしっかりと業者の方に相談するようにしましょう。

給湯器の修理や交換に関しては保証期間が残っているかどうかという事をしっかり考える必要があり、保証期間がある場合には買い替えの必要はなく無償で修理を受けることが可能となっているので、保証期間内なら交換を考える必要もなく修理を依頼することがおすすめできます。

また、保証期間がなくなっている場合で5年程度使っている場合には、しっかりと検討する必要があり、高額な部品の交換が必要となる場合には、他の部分の故障も次々と現れることがあり、修理を依頼する前にどの程度の費用が掛かるという事を業者の方にしっかり確認して費用が高額となる場合には買い替えを検討しましょう。安く修理をすることができる場合には、修理で構わないと思います。次トラブルが起きた時に買い替えを検討することができますので修理費用で決めることが大切です。

ガス給湯器の修理や交換に関しては、何よりも保証期間と給湯器をどの程度の期間使っているかという事を見直して修理か交換か決める必要があり、無料で修理ができる間は修理を行ってもらうことがおすすめできますが、逆に保証が切れている場合にはどの程度の費用が掛かるのかしっかり業者に見積もりを出してもらった結果で決めるようにしましょう。

⑤業者に依頼する時の注意点

お客様アンケート
お客様アンケート

給湯器の修理や交換に関しては、きちんと業者を見極める必要がありますが、ガス給湯器に関してはどのような点に注意が必要となるのでしょうか。

ガス給湯器の工事を依頼する際には、しっかりと必要な資格を持っているかどうかを確認する必要があり、ガス設備士、給水装置工事主任技術者などの資格が必要となりますので、資格を持っている人に依頼する必要があります。資格を持っていない状態で給湯器の設置や修理などを行うことは違法となっています。中にはコストを抑えるために資格を持っていないスタッフに工事させるという業者もありますが、危険なのでしっかりと資格を持っている方に依頼する必要があります。

更に修理費に関しても重要なポイントがあり、中には適当な理由で費用をつり上げる業者もありますので、無料で見積もりを行ってくれる業者に見積もりの依頼を行うことによりある程度の相場を知ることができると思います。安すぎる場合には資格などを持っていないというケースや技術レベルが低いという事も考えられるので相場を知り対応などを確認して業者を選ぶ必要があります。

更に重要なポイントとしては、修理などを行ったあとにと不具合が起きてしまった場合には保証が付いているかどうかもチェックする必要がり、修理後すぐのトラブルに関しては修理内容が適切でなかったという事が考えられるのでその辺の保証内容を確認して業者を選ぶ必要があります。

まとめ

ガス給湯器に関しては、様々な点でトラブルなどを起こしてしまう可能性がありますが、快適に使っていくためには普段の生活の中で当たり前のように使うのではなく、どのような状態か確認しておく必要もあり、自分ではトラブルを解決することはできないのでしっかりと資格を持った方に修理や交換を依頼することが大切です。

ガス給湯器については昨日までスムーズに使えていたという中でお湯が出ない状態になると焦ってしまう事も多いのですが、自分ができる対処法や対策を取り入れてみるようにしましょう。それでも解消する事が出来ない場合には、専門業者に依頼することにより解決することができると思います。

給湯器の故障やトラブルに関しては、水道関係が問題となっているケースもありますので、給湯器のトラブルか水道関係のトラブルかしっかり判断して業者に依頼することが大切になっています。給湯器の問題を水道業者に依頼しても解決できませんし、水道の問題をガスの専門の方に依頼しても解決に導くことができないので、しっかりと確認を行ったうえで問題となっていることに対して修理や交換を行うことができる業者に依頼することが大切になってきます。

給湯器からお湯が出ない原因としては様々な原因がありますのでしっかりとある程度、自分ができる範囲で確認を行ったうえで業者に修理や交換をお願いする必要があります。