uhfアンテナの特徴と取り付け方の手順

アンテナのイメージ
アンテナのイメージ

uhfアンテナの特徴と取り付け方の手順についてですが、今の時代は便利になり多く方が取り入れています。その中で特徴や取り付け方を知ることにより、さらに手軽に活用することが可能です。

uhfアンテナについては、2012年から地デジに完全に移行されてから新築や転居のためにテレビが映らないなどというケースも多く困っている方もいると思います。地デジは見れるけど映りが悪いと感じている人も多いと思いますが、uhfアンテナをつけることで電波がよくなり映りに関しても画像が乱れることなく快適にテレビを見ることができる環境にする事が出来ます。

はじめに

uhfアンテナは、地上デジタルテレビ放送をみるために必要なアンテナですが、極超短波と呼ばれています。波長に関しては1m~10cmで周波数としては300MHz~3GHzとなっています。地デジの場合には、帯域の中で470~710MHzを使用しているのですが、uhfアンテナはこの周波数の電波を受信するために特化されて作られているアンテナなのです。

その中で、映りが悪かったり、画像が乱れるというような問題が生じてしまう場合には、uhfアンテナを取り付けることにより快適にテレビを見ることができて、実際に映りが悪いとイライラしてしまうケースもありますが、そんなこともなくテレビを楽しむことができます。

しかし、取り付け方がわからないう人や実際にどのようなものなのか、工事費用が高額になるのではと感じて前に進むことができないという方も多いと思いますが自分で取り付けることができるuhfアンテナも最近は多くなっているので、自宅に合ったものを選んで快適にテレビを見れる環境を作ってみましょう。

①uhfアンテナの特徴

uhfアンテナの特徴としては、地デジを見たいと感じている人は、uhfアンテナが必須となっています。新築などでアンテナの設置をしていないという場合になどには、新しく設置する必要があり、他のアンテナでは周波数に違いがあるので地デジを受信する事が出来ません。逆にアンテナがあるのに地デジを見ることができない、映りが悪いと感じている人もアンテナの見直しが必要になってきます。

uhfアンテナは素子数というものがあり、アンテナの本体に並べられている横棒のようなものですが、この本数で感度に違い出てきます。一般的には、20素子のものが多いのですが、中には14素子のアンテナが取り付けられている場合もあり、その場合にはテレビの映りに影響を及ぼしてしまう事があり、20素子の場合でも環境によっては不足となってしまう事もあります。

ケーブルテレビなどで地デジを見ているけど、節約を考えているという人にはuhfアンテナがおすすめできます。アンテナを設置する際には初期費用が掛かってしまいますが、それ以降に関しては無料で使うことが可能で、すぐに壊れてしまうというものでもなく長く使う事でお得となります。

uhfアンテナの最大の特徴としては、何よりも地デジ放送を快適に見たいと考えている人には欠かす事が出来ないアンテナでテレビの映りなどに関して不満がある場合には、取り付けの検討を行ってみるようにしましょう。今の時代はテレビは各家庭で欠かす事が出来ない電化製品となっていますが、映りに関しての悩みなどを抱えている場合には、uhfアンテナを取り付けることにより、快適にテレビの時間を楽しむことができます。

特に子供がいる家庭では目が悪くなってしまったらと感じますので地デジを快適に見れる環境を作りたいと考えている人が多いのですが、そう感じている人はアンテナを取り付けることがお勧めです。

②uhfアンテナの種類

uhfアンテナと一口に言ってもたくさんの種類のものがあります。また、その中で素子数などにも違いがあり快適にテレビを見たいためにアンテナをつけると思いますが、アンテナの種類をしっかりと把握することにより、各家庭に合ったアンテナを選ぶことができると思います。

2-1八木式アンテナ

一般家庭でよく目にするアンテナは八木式アンテナで魚の骨のような形状のアンテナとなっています。規格が豊富で電波の強弱により自分に合ったタイプのものを選ぶことができて、高い位置に取り付けるアンテナなので電波を受信しやすいというメリットがあり、逆に建物の景観を損なうこともあるという事がデメリットとなっています。実際に家の屋根の上に取り付けるタイプのアンテナなので外見でも目にする事があるアンテナですが、アンテナも年々進化していて、外見を悪くしたくないという人には向いていませんが、外見は関係なくテレビが映る方を優先するという方には向いているアンテナといえます。

2-2平面アンテナ

平面アンテナは名前の通り平面上になっているので、壁面に設置するタイプのものとなっています。フラットアンテナとも呼ばれていて、スッキリまとまっているという事もあり、建物の景観を損ねることなく取りつける事が出来るという事で人気となっています。その中で片流れ屋根や八木式アンテナが設置できないという人や外観が気になるという人におすすめできるのですが、取り付ける位置が低いという事もあり、ブースターが必要になってくる場合もあるのでその辺の確認もしっかりと行って検討する必要があります。

2-3室内アンテナ

室内アンテナは名前の通り室内に置いて使うことができコンパクトタイプのアンテナです。取り付ける際に関しても工事費用なども必要なくアンテナだけを購入すればよいので安いコストで設置する事が出来て、一軒家だけでなくマンションや賃貸などでアンテナを取り付けることができなという集合住宅などに向いているといえます。しかし、室内に取り付けるという事もあり、電波の受信が安定しないので放送が見れないという場合もあります。そのために、最初から電波が不安定な場合や弱いという地域に住んでいる人にはおすすめできません。電波が問題ない場合には室内アンテナがおすすめできます。

③uhfアンテナの取り付けの手順

uhfアンテナの取り付けの手順としては、しっかり把握して順序良く行っていく必要があります。多くの方がアンテナさえつければ見ることができると考えているのですが、それは間違いです。uhfアンテナを設置する場合には事前の準備が必要になります。

3-1電波の状態を測定する

uhfアンテナの取り付けを考えている場合には、取り付ける位置の電波の状態を測定する事が重要になってきます。方向や電波塔との距離などにより受信状況は変わってきます。自分で測定する場合には、通販などで購入する事が出来るレベルチェッカーという測定器が必要になります。測定器を購入しても自分でアンテナの種類を選択することは難しいといえるので、無料で見積もりを行っている業者にお願いすることにより、設置場所だけでなくアンテナの種類を明確にする事が出来ます。見積もりに費用が掛かる業者もありますが、何よりも確実に電波状態を調べる必要があるので、少し費用が掛かっても確実に調べるためには業者にお願いするほうが良いといえます。

3-2配線の経路

実際に電波を調べて設置場所が明確になれば、アンテナの取り付けになりますが、各部屋に配線を行う必要がありますので、どのように取り付けていくのか配線経路を考える必要があります。何か所かに分配する場合には分配器なども必要になり、電波を分けることにより、受信も弱くなってしまうのでブースターなどを取り入れて対策をしっかり行う必要があります。

3-3取り付け作業

取り付け作業に関しては、アンテナの種類になり異なってきますが、屋根の上に取り付ける場合には、八木式アンテナとなりますが、雨風や台風、地震などの災害のことをしっかり考えて固定を確実に行っていく必要があります。そのために屋根上に取り付けるタイプのアンテナが必要な場合には、危険が伴う作業なりますのでプロの方にお願いするのがおすすめでいます。外壁面に取り付けを行うタイプのアンテナの場合には、専用の固定金具を使いますが、壁に取り付けて金具に対してアンテナを取り付けるだけで完了します。平面式タイプの場合には、自分でも作業が可能となっています。室内アンテナの場合には、何よりも手軽に設置する事が可能となっています。

④uhfアンテナのメリットとデメリット

テレビを見る際には欠かす事が出来ない地デジアンテナについては、何よりもメリットとデメリットをしっかりと把握して検討する必要があります。

4-1メリット

地デジアンテナの最大のメリットとしては、コスト面が挙げられます。実際にケーブルテレビに加入することにより、テレビをみることが可能ですが、月額料金が発生してしまい、月々の負担としては少ないと感じる人も多いと思いますが、年間にすると数万円かかってしまいます。

その中で、地デジアンテナを設置する場合には、工事費用などが掛かると感じている人が多いと思いますが、工事費用が掛かっても月々の費用に関しては完全無料となっているので、設置することによりアンテナの数十年は無料で見ることができると考えると工事費用は掛かってもアンテナをつける方がお得といえる点が挙げられます。

4-2デメリット

地デジアンテナのデメリットとしては、メリットと反対で初期費用が掛かってしまうという事です。アンテナを設置する工事なので電線から配線を引き込むだけのケーブルテレビとは違って高額となってしまう事もあります。

メリットとデメリットを含めて考えてみると長い目で考えると地デジアンテナを取り付ける方が経済的となっていますが、初期費用を準備するのが難しいと感じる場合などにはケーブルテレビで問題ないと思いますが、全てのことを把握して最終的な決断を出すようにしましょう。

⑤地デジアンテナの業者の選び方

地デジアンテナをつける際には、室内アンテナなどの場合には自分でも取り付けることができますが、屋上につける場合には危険を伴ってしまいます。そのために業者にお願いする必要がありますが、業者にお願いすることにより費用が掛かります。工事自体はプロの方でも60分~90分程度かかると言われています。その中で自分で取り付けを行う際には、様々な危険を伴ってしまう場合もありますので業者にお願いするようにしましょう。

業者にお願いするとなっても何よりも最初の手順としては、しっかり電波があるかどうかという状態を調べることが重要なポイントとなりますので、最初は電波を調べてもらう事が大切になります。電波がない状態で取り付けを行っても費用の無駄となってしまいますので、しっかりと電波の状況を調べてくれる業者に依頼するようにしましょう。

アンテナを設置できる業者としては、アンテナ工事専門業者にお願いする必要があり、電波の状態については、家電量販店に依頼する事ができ、同時に工事も行ってくれますが、委託契約している家電量販店が多く専門の業者よりも費用が高額になってしまう可能性があります。何よりも、様々な情報を集めるようにして、インターネットなどで料金や実績などをしっかりと確認した上で業者を選ぶようにしましょう。

実際に地デジアンテナ工事の費用の相場としては、20000円~50000円程度となっていますが、その中でも衛星放送をつけるかブースターが必要になるのかなどという面に対して費用の差が出てきます。業者にお願いすることで少し高額な費用が掛かってしまいますが、初期費用だけで月々の支払は必要ないので、そこまで高額ではないといえます。しかし、業者によっては出張料などがプラスとなる場合もありますので、その辺も最初に確認しておくようにしましょう。出張費のことを考えると自分が住んでいる地域のプロの方にお願いするのがおすすめできます。

まとめ

今の時代は地デジアンテナを各家庭につけるという人も増えている状態ですが、大事なことはアンテナをつけて本当に効果があるのかどうかという事が最大の問題点となります。費用を出してアンテナをつけても映りが悪いと感じたりすると費用が無駄になってしまいます。

そのために、uhfアンテナを取り付ける手順としては電波の状況をしっかりと把握する事が一番重要になってきます。地域により電波の状態が悪い場合には、アンテナをつけた場合でも受信が難しくなってしまいますので、しっかりと調べてから取り付けを行う必要があります。地デジアンテナを取り入れる家庭も多くなっている中で人から聞く話だけでなく、自分の家の環境を調べることが大切なポイントになっています。

テレビは今の時代は欠かす事が出来ないものとなっていますが、その中でも快適にみることができる環境を作るためには、業者にお願いする必要があり、自分で取り付けたいと考える人もいますが、雨風や台風などの災害などにも耐えることができるようにしっかりと固定する必要があり、室内アンテナの取り付けに関しては問題ありませんが、外につける場合には、固定は欠かす事が出来ず、それなりの技術が必要となってきます。

プロにお願いすることにより、安心する事が出来ますし、もしもの時には保証などがついている場合もありますので後々のことをしっかりと考えて取り付けを行うようにしましょう。大事なことは自分で判断するのではなく、業者の人としっかり話し合いを行って状況を判断する事が一番重要になってきます。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか
>

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。