地デジBS・CSとは アンテナ取り付け工事の問題を解決

アンテナのイメージ
アンテナのイメージ

昔以上、アンテナの問題って非常に判りづらくなってしまったのではないでしょうか。そもそも地デジとはなんなのでしょうか。更に、BS・CSとは何かそこまで理解する必要があります。

そのことがわからないと、アンテナ取り付け工事をする上でもどう対応していいかまるでちんぷんかんぷんでしょう。今回、アンテナ配線取り付け工事まで整理してお話ししましょう。

地デジとは

地デジとは何か、まずここからお話しする必要があるでしょう。地デジ以前、私達はブラウン管テレビでアナログ放送を観ていました。電波はアナログのものから、デジタルへと進化をしました。

地デジは、地上波放送のことであり、放送局から発する電波を、中継局が受信をし、それぞれの家庭へ送られることで放送を観ることができます。

本来、地デジを観るためには、地上デジタルチューナーをテレビに接続することが必要でしたが、現在はテレビにチューナーが内蔵されているので、それだけで観ることができます。

BS・CSとは

BSとは、衛星放送のことであり、赤道上空36,000kmにある人工衛星を用いて、電波を中継地点で繋いで、テレビ放送を流しています。

BSを観るためには、テレビ受信機以外にパラボラアンテナと専用チューナーが必要です。

BS(BroadcastingSatellite)とCS(CommunicationsSatellite)の違いは、用いる人工衛星の違いです。

もともと、BSは放送目的としていましたが、CSは、通信を目的として使用されていました。現在では、両方とも一般的放送を流すことが出来ます。

どこが違うのか

同じ衛星放送ということで、違いがあまりわかっていないという方々が多いのではないでしょうか。もう少しBS・CSの違いを明確にしておきましょう。

Broadcast Satelliteを略したものがBSなのですが、もともと意味は、放送衛星です。この衛生は、一般向けの放送のために打ち上げられています。かつ赤道上空36,000kmにある、静止衛星であり、地球の自転と同じ方向・同じスピードで動いているので、地上の人たちからは静止しているように見えます。

1986年に初めて人工衛星の打ち上げがあり、その後、1989年にはNHKが、BS放送をスタートすることになります。1991年にはWOWOWも、BSをスタートします。

BSを観るために、人工衛星は東経110°の軌道上にあるので、対応した受信機が必要となります。(NHKを受信できる人はBSも受信出来ます)

CSは、Communication Satelliteを略したものであり、通信衛星という意味です。もともと、国から許可された企業だけが使用出来る衛生でした。しかし、1989年に放送法が改正されて、一般向けの放送が可能となったのです。

もともとCSの人工衛星は、東経124°、128°の軌道上にありました。そこでBSの受信機と別の、CS専用の受信機を用意する必要がありました。ただし、2010年には、総務省がBS・CS放送を普及させるために東経110°の軌道上に新しい人工衛星を打ち上げることになりました。

この対応によって、110°CSに対応するBSアンテナ、1台のチューナーがあればどちらも受信が可能となりました。チューナーが内蔵されているテレビを購入すれば、敢えてチューナーは必要がありません。現在日本でCS放送をしているのはスカパーです。

テレビを購入するときには、チューナーが内蔵されてあるものか確認して購入するようにしましょう。

アンテナの問題

地デジ以前は、VHFアンテナが一般的だったのですが、地デジに移行し、現在、UHFアンテナと呼ばれる超短波のアンテナが使用されています。

地デジを観るためには、UHFアンテナを欠かすことができません。UHFアンテナには、いくつか種類がありますが、家の屋根に設置されている魚の骨のような感じのものは八木式アンテナと言われています。

地デジを観るためにはデザインアンテナでも大丈夫です。「平面アンテナ」や「フラットアンテナ」、「壁面アンテナ」とも呼ばれています。

ただしUHFアンテナを使用して、BSを受信することができません。そのためには「パラボラアンテナ」が必要です。パラボラアンテナは皿のような形をしたアンテナです。
つまり、地デジと、BSを両方観たいという方々は、UHFアンテナとパラボラアンテナの両方を設置する必要必要があります。

アンテナの価格

アンテナの取り付け工事は、自分自身で出来るという方々もいらっしゃるのではないでしょうか。出来ないことではありませんが、高い場所での作業は危険ですし、アンテナの向き・位置によって電波を受信出来ないこともあるので、自信のない方々は、とにかく業者に取り付け工事を依頼してしまったほうが楽です。

地デジアンテナの取り付け工事の相場は約2万円~4万円です。デザインアンテナは2万5,000円~4万円です。

パラボラアンテナ(ベランダ)の相場は、約1万円、パラボラアンテナ(屋根上)は約2万5,000円です。

アンテナは、屋根の上、ベランダなどに設置します。設置する場所によっては、自分自身でスムーズに出来ることもありますが、かなり難航してしまうこともあります。屋根の上が、取り付け工事でも一番電波が遮断される可能性の少ない場所です。

アンテナは、家の外に取り付け工事をするものというイメージが強いですが、実際には、屋根裏という場所でも取り付け工事をすることができます。ただし、家での取り付け工事は、屋根・壁で電波が遮断されるリスクは高いと考えるべきでしょう。
このような事態を避けるためにも、業者に依頼をして、電波が受信出来るか調査してもらったほうがいいでしょう。

それでも自分で取り付けしたい

実際には、現在、マンションなど住んでいる場合には、アンテナは取り付け工事をしないでもBS・CSの視聴をすることができる場合はあります。

ただし、そうでない方々もおり、そのような人たちは自分でアンテナを取り付けしようと思っているのかもしれないですよね。難しいから業者に任せたほうがいいという話しをして来ましたが、思っているより全然簡単という声もあります。

どのような流れなのか全般的方法だけ説明しておきましょう。

例えば、スカパーアンテナ取付サポートキャンペーンなどやっていて、アンテナ本体と取付費用こみで1万円という料金なので、このようなキャンペーンを狙い、価格を抑えて業者に依頼するというのも方法かもしれません。
ただし、アンテナ取付工事完了後、3週間以内に新規加入のないお客様に対して、また1年未満で解約した場合違約金が発生するなど縛りがあるようです。それが面倒だから、自分で気楽にやりたいというのならそれも方法です。

チューナーが内蔵されているか

配線や、アンテナ取り付け工事を一生懸命したところで、BS・CSが受信出来なければ意味が全然ありませんので、あらかじめテレビにチューナーが内蔵されてあるかをチェックする必要があります。

現在、使用しているテレビに、BS・CSのボタンがあれば、チューナーが内蔵されていると考えていいでしょう。

テレビの後ろを確認し、アンテナ入力あたりに、BS・110度CSと記載があるものは、チューナーは内蔵されています。

南南西の方角

BS・CSの衛生は、南南西の方角にあるので、そちら側に、アンテナを取り付け出来る場所を見つけてください。もし、方向性のことがわからないというのなら、近所のアンテナをチェックしてみて、同じ方向にアンテナを設置することを意識すればいいでしょう。

アンテナは、出来るだけ高い場所に設置するのがいいです。ただし地面にアンテナをたてて受信出来るケースもあるので、受信出来ればこっちのものであり、設置場所などどこでもいいのです。

ベランダにはあまり直接取り付けしたくないという方々のために、DXアンテナ 自立スタンド BS・CSアンテナ用 室内でも使える MHF-500 DXアンテナのような商品もあります。

DXアンテナ 自立スタンド BS・CSアンテナ用 室内でも使える MHF-500を購入すれば、ベランダに置く状態で取り付けすることができますよ。でも、台風などで位置がずれてしまうリスクが相当高いので、そこでミツギロン 転倒防止 一般コーン専用重石 ゴムタイプ コーンベッド 2Kg CN-08 ブラックのような商品もセットで購入をおすすめします。

用意しなければならないもの

さて、実際にアンテナを自分で取り付けてしてみましょう。必要なのは、アンテナ本体です。キットのものを購入すれば、ベランダなどに取り付ける場合の、アームや、配線ケーブルも付いて便利です。

2018年12月からは、4K放送もスタートするので、ここは、DXアンテナ BSアンテナ 【2K 4K 8K 対応】 45cm形 BS・110°CS アンテナセット (同軸ケーブル+取り付け金具) インジケーター付き BC453SCKなど購入するのがいかもしれません。

更に用意しなければならないのは、配線ケーブルです。アンテナキットを購入しておけばそれ一つで済ますことができます。アンテナ一つ買っても、配線ケーブルなしでは受信が出来ないので注意しましょう。

配線ケーブルは、長さによって価格も変わって来るので、お部屋の広さを確認して購入するようにしてください。

配線ケーブルで、アンテナとテレビを繋ぐ作業をしますが、自分自身で取り付け工事をするとき、壁にいちいち穴をあけられないというケースが多いですよね。そのような時、隙間ケーブル サッシケーブル 50cm 極細型(防水キャップ付属)地デジ・BS・CS対応 F型接栓タイプ CRA-50などの商品も一緒に購入しておくと便利です。

このケーブルによって、窓ガラスの隙間からも配線を繋ぐことが出来、かつピッタリ窓を閉めることができます。

あと、ドライバーもあらかじめ用意しておくようにしましょう。

さらに、衛生の位置がなかなか把握出来ないので、BSコンパス(NIPPON ANTENNA CO., LTD.)など、あらかじめスマートフォンからダウンロードしておくととても便利ですよ。

取り付け工事

アンテナ取り付け工事は一人でもすることができますが、出来る限りスピーディーにこなしたいという人たちは、誰かパートナーを見つけるといいでしょう。そうすれば、アンテナの角度を調整する作業と、受信レベルを見る作業を分担でこなすことができます。

まず、しっかりBSコンパスで方向をチェックしましょう。BS・CSアンテナは、ただ取り付けすればOKというものではありません。それが面倒というのなら、即業者にお願いしましょう。

アンテナは、仮の固定をしていき、アンテナから配線をのばし、テレビに接続をします。

BS・110°CSのアンテナ入力の場所に配線を繋ぎます。

ここまでせっかく作業をしたというのに、地デジに繋いでも全然意味がありませんので、しっかり地デジと、BS・CSは違うということを意識して行いましょう。

あと、しなければならない作業は、受信レベルをチェックし、アンテナを調整して行く作業です。受信レベルの見方は、それぞれのテレビで違いがありますので、説明書で確認してください。

例えば、『リモコンのホームを押す→設定→テレビ放送設定→アンテナ設定』の流れであったり、または『リモコンのサブメニューを押す→デジタル放送メニュー→アンテナレベル』のような流れになります。

地デジと、BS・CSは、調整にも違いがあり、地デジの場合、微妙に映るということがありますが、BS・CSの場合は、映るか映らないかです。ここは、辛抱して頑張っていかなければならないところです。瞬間出来てしまったという人たちもいますし、そうでない方々もいます。

アンテナの調整の際は、1番受信レベルが安定しているBS101で調整するのがいいでしょう。

無事、BS101の調整に成功したら、他にも無料チャンネルが映るのかチェックします。これで、BS・CSアンテナ取り付け工事は完了です。

アンテナを設置しても番組を観ることができない

アンテナを設置しても、番組を観ることができない問題を抱えてしまっていることはないでしょうか。もちろん、アンテナの角度の調整がしっかり出来ていないと、番組は観ることができません。

台風が去ったあとアンテナの角度がずれて見えないということもあるので、そのような時は再び調整が必要です。そもそも受信できる受信出来るチューナーがないということはないでしょうか。

アンテナも古い物を使うと、BSしか映らなかったり、CSの高周波数エリアに対応出来なかったりします。

配線も古いものを使うと電波の減衰が大きく映らないチャンネルがでたり、ブロックノイズが発生することがあります。更に、交換をしている時に、作業の順番を間違えると配線コードがショートしてしまうことがあるので注意をしてください。

まとめ

いかがでしょうか。
BS・CSアンテナ取り付け工事は、難しいから自分でしないほうがいいという人たちもいますが、やってみれば案外簡単だったという方もいます。人それぞれの問題なので、今までの記事を読み判断をしてください。

結論をいえば、作業工程はアンテナを取り付けして、調整するだけです。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

アンテナ工事の特集記事

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。