Eolia(エオリア)6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

Eolia(エオリア)とは

パナソニックエオリアの取付作業

「エオリア(eolia)」とはパナソニックが製造・販売をてがけるエアコンのシリーズ名です。もともとナショナルブランドとして、1988年にも空気清浄機能を搭載したエアコンにもエオリアの名前を利用していました。その後、時代を経て2016年に復活したという経緯があります。エオリアの由来は、ギリシャ神話の風の神の名前です。エオリアの新シリーズには、「ダブル温度熱交換器」と呼ばれる世界初の機能が搭載されています。1つのエアコン内で、2つの温度の風を生み出し、さらには2つの風を同時に吹き出すことができる「ダブル温度気流システム」と呼ばれるもの搭載。利用される方に合わせた温度で、快適な生活を送ることができるのです。

エアコン修理の料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査費用トラブルの内容に合わせて調査を行います。6,000円
エアコンが冷えない真空引き8,000円
冷媒ガスチャージ(充填)8,000円
フレア再加工3,000円~
フィルタクリーニング3,000円~
熱交換機クリーニング(簡易洗浄)6,000円~
熱交換機クリーニング(高圧洗浄)15,000円~
室外機バルブ19,000円~
エアコン交換エアコン取外5,000円~
エアコン取付18,000円~
配管設置10,000円~
スリムダクト設置10,000円~
エアコン取付外壁穴あけ10,000円~
コア抜き(コンクリート)25,000円~
隠蔽配管冷媒管延長20,000円~
隠蔽配管電線延長8,000円~
室外機天吊15,000円~
室外機壁吊り15,000円~
水漏れドレンホースつまり抜き6,000円~
ドレンパンの清掃10,000円~
エアコン室内勾配調整15,000円~
室内機から風が出ない室内機基盤交換18,000円~
室内機モーター22,000円~
室外機が動かない室外機基盤交換18,000円~
コンプレッサ交換30,000円~
室外機モーター20,000円~
リモコンで操作出来ないリモコン交換2,000円~
リモコン受信ユニット15,000円~
運転後、しばらくして止まる圧縮機30,000円~
ルーバ不良水平ルーバ13,000円~
室外機移設室内機移設5,000円~
室外機の風向きを変えたい室外機の風向き変更8,000円~

Eolia(エオリア)の事例

エアコンが勝手に止まる

パナソニックのエアコン室外機

本日は、神奈川県横浜市のマンションにお住まいのS様宅にお伺いしました。 S様よりお問い合わせいただいた内容は、「自宅で使用しているエアコンが、運転させてから3分くらいで勝手に止まってしまう」といったものでした。エアコンのトラブルのお問い合わせは日々たくさん日々たくさんいただいております。「エアコンがそもそも動かない」、または「すぐに止まってしまう」といった不具合の場合は、室外機の制御基板やファンを回すためのモーターが故障しているケースが多いです。対して、「電源は点くが効かない」、「風は出ているが冷たくない」といった場合は、本体から何らかの原因でガスが漏れていることがあります。

まず、お電話にて、リモコンを使った調査をS様にお願いすることになりました。 リモコンを使い、故障したエアコン本体に特定の手順に沿って操作を行うと、リモコンのパネルにエラーコードが表示されます。表示されたエラーコードから問題個所をおおよそ特定することが出来、調査の時間を短縮することが出来ます。 S様に操作手順を口頭でお伝えし、実際にリモコンで操作していただいた結果、エラーコードは「F93」でした。エラーコードは、同じコードでもメーカーによってその意味は若干違ってきます。

S様はパナソニック社のエアコンを使用されているということでした。パナソニックルームエアコンの「F93」は、「室外機の故障」を意味しています。室外機には「ファン」と「コンプレッサー」、「制御基板」という3つの重要な部品があります。このうち、「コンプレッサー」か「制御基板」が故障していると考えられます。修理するには、どちらかの部品を新品に交換する必要があります。このことをS様にご説明し、部品交換にかかる料金と、エアコンを本体ごと交換する場合にかかる概算料金をそれぞれお伝えしました。その結果、S様は新品に交換することを希望されました。

よって、S様がご希望のエアコンを弊社の方で発注して、取り付けることになりました。S様のご都合の良い日時のお伺いし、設置作業を行いました。設置する際は、室外機や配管内を真空状態にするエアパージ作業が必要です。空気を残ったままにしておくと、エアコンのパフォーマンスが落ち、寿命も短くなってしまいます。専用の圧力計と真空ポンプを使い、真空状態であることを確認してからバルブを開けます。 設置作業後、エアコンを運転させて吹き出し口から正常に冷風が出ることを確認し、工事は終了です。

お客様にとって最適な工事ができました

担当スタッフ

今回は神奈川県横浜市のマンションにお住まいのS様より、「エアコンを運転させてもすぐに自動で止まってしまう」といったお問い合わせがありました。 調査にお伺いする前に、S様に原因の特定に協力していただくことになりました。S様の方でエアコンのリモコン操作を行って、エラーコードを表示させていただきました。表示されたコードは「F93」で、「室外機の故障」を意味しています。室外機には「ファン」と「コンプレッサー」、「制御基板」という3つの重要な部品がありますが、このうち、「コンプレッサー」か「制御基板」が故障していると考えられます。 部品を交換することよりも、本体ごと新品に交換する方が、料金を安く抑えることが出来ることをお伝えすると、S様はエアコンへの交換を希望されました。交換作業後、正常に動作することを確認して作業は終了です。