エアコンから酸っぱい臭いがする!隠れた原因や対処法と予防法まで解説!

作業費5,500円~対応中!
エアコン
この記事を読むメリット。
創業10年の実績のある当社が確かな実績から情報を発信します。
蓄積されたノウハウであなたの疑問や悩みを解決します。
電気が原因による火災は決して少なくありません。
電気のお悩み、心配事はお気軽にお問い合わせください。

本格的に暑くなる前に試運転をしようと久しぶりにエアコンを稼働したとき、何とも言えない酸っぱいニオイがしたことはありませんか?このニオイは、エアコン内部に付着したホコリや増殖したカビ、漂う生活臭などが原因です。エアコンを運転することで、内部に溜まっていたカビを含んだニオイのもとが空気中に一気にまき散らされることで「くさい」と感じるのです。

この何とも言えないニオイを消し去るには、発生源である増殖したカビを除去する必要があります。ただ、比較的簡単な方法で対処できることもあるようです。エアコン運転時のニオイが気になるとき、その対処法から予防対策まで、詳しく解説させていただきます。

エアコンの気になるニオイの原因は?

エアコンは、空気を何度も循環させることで部屋の温度を快適に保っています。その空気中にはホコリなどの汚れが含まれており、フィルターのすきまからエアコン内部に侵入してしまいます。エアコン内部に付着したホコリなどの汚れが、冷房運転時に発生する水分を含むことでカビにまで成長するのです。これがニオイのもとになります。

また暖房運転時は気にならなかったニオイも、冷房運転時は気になるという場合もあります。これは、暖房運転時は冬場であり空気中に含まれる水分も少なく、さらにその水分の少ない空気をエアコンで暖めることになるので、エアコン内部がカラカラの状態になります。利用可能な水分がなくなることでエアコン内部のカビの増殖が停止するので、ニオイが気になることが少ないのです。

冷房運転時は、夏場の水分を多く含んだ空気をエアコン内に取り込んで冷やします。冷やされた空気は水分をたくわえられないので、エアコン内部に水分があふれ出します。あふれ出た水分は排出されますが、熱交換器のフィンの部分には水分が付着しこの水分がカビの栄養源になってしまいます。ただ、冷房運転中はエアコン内部に空気中の水分があふれ出し続けるので、水洗いしているような状態になり、一時的にニオイの発生は抑えられます。充分に部屋が冷えた後、送風状態になったときに、再びニオイが気になり始めることが多いのです。

エアコンのニオイが気になったときの対処法は?

「ニオイが気になる」という時点で、すでにエアコン内部の熱交換器部分まで、カビなどの汚れが侵入している恐れがあります。根本的な対策として最終的にはエアコンのクリーニングを実施して熱交換器の内部の汚れを落とす必要があります。

室内機とフィルターの清掃

ニオイが気になったら、まずエアコン本体とフィルターを清掃しましょう。普段は目につかない、エアコン本体の上部に溜まっているホコリを清掃します。簡単に取れる構造になっているフィルターも外して清掃しましょう。さらに、フィルターを外すとエアコン内部の状態が確認できます。付着したホコリがカビにまで成長していないか、掃除機も利用して手の届く範囲で清掃しながら確認しましょう。このとき、熱交換器の金属のフィンの部分でケガをしないように気をつけましょう。

1時間の全力運転を試してみる

エアコン内部をある程度清掃したら、一時的な対策になるかもしれませんが「窓を開け、一番低い設定温度で冷房運転を1時間行う」もしくは「窓を開け、一番高い設定温度で暖房運転を1時間行う」のどちらかひとつを実施してみましょう。冷房運転では、結露した水があふれだすことで、カビなどの汚れが洗い流される効果が期待できます。暖房運転は、エアコン内部を高温に保つことでカビや雑菌を死滅させるのが目的です。どちらの方法も一時的に効果があるようですが、ある程度時間が経過すると再びニオイが気になり始めるようです。

汚れがひどい場合はエアコンクリーニングを実施

エアコン内部の汚れがひどい場合は、手の届かない熱交換器内部も清掃します。この場合は、市販のスプレータイプの「エアコンクリーナー」を利用すると良いでしょう。ビニールの袋やシートで周辺が汚れないように養生しておくと、作業後の片付けが楽です。

ただ、熱交換器の内部まで清掃するには、エアコンのパーツを外してある程度分解する必要があります。さらに、市販のエアコンクリーナーを使う場合は、その洗浄剤が内部に残らないように洗浄を徹底する必要があります。洗浄剤が残ってしまうと、それ自体が再びニオイのもとになってしまうことも考えられるので、しっかりと洗浄まで実施しましょう。

ご自身での分解清掃に自信がないようであれば、エアコンクリーニング専門の業者さんに相談するようにしましょう。経験豊富なスタッフが、敏速に対応してくれます。

エアコン内部をキレイな状態に保つには?

エアコンのニオイが気にならないように、普段からできることは、やはり清掃でしょう。「そろそろ涼しくなってきたので、冷房は必要ない」とか「暖かくなってきたので、もう暖房はいらない」というシーズンオフのタイミングで、フィルター清掃と先ほど紹介した1時間の全力運転(換気を含む)を実施すると、効果が期待できそうです。

あとは、エアコンに搭載された機能「内部クリーン機能」を利用しましょう。これは冷房運転後に自動で実施される機能で、エアコン内部の熱交換器部分にたまった水分を蒸発させる目的で、冷房運転終了後に自動で暖房運転を行うという機能です。最近では欠かせない機能となっており、価格面でのコストパフォーマンスに優れたモデルにも搭載されていることが多いので、一度ご自身のエアコンを確認してみてください。

気になるニオイの根本的な解決策は、エアコンクリーニング

エアコン内部の熱交換器は、効率よく空気を冷やしたり、暖めたりするために、薄い金属のフィンがすきまなく並んでいるような構造をしています。ただ、この構造自体が汚れが溜まりやすい原因であり、清掃もしづらいのでニオイが気になるまで放置してしまうことになります。これは、エアコンの宿命と言えるかもしれません。

フィルター清掃や、1時間の全力運転で一時的には改善されるニオイですが、それでも気になる場合は、エアコンクリーニング専門の業者さんに相談するようにしましょう。タバコのヤニ、ペットの毛などがエアコン内部に侵入している場合は「新品のエアコンに買い替えたほうが懸命である」と助言をしてくれることもあります。汚れやニオイがひどい場合は、交換も視野に入れ、業者さんに相談してみましょう。

エアコンの交換を検討しているなら『DENKI110』にお願いすれば、迅速に対応できますのでお気軽にご相談下さいませ。

エアコンが故障したり、交換が必要になった場合のエアコンの取付は専門業者にお願いしましょう。エアコン工事の詳細はこちらでご確認ください。『DENKI110』では資格を持った作業員が実際に対応致しますのでお気軽にご相談ください。

【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(02)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

※2021年現在、基本料金を6,600円から5,500円に改定しています。
そのため、料金改定前に作成された記事や事例には以前の料金体系の内容が記載されておりますが、お問い合わせの際には基本料金5,500円でご案内させて頂きます。