パナソニック・Eoliaにトラブルが発生したときの解決法

作業費6,000円~対応中!
エアコン

今の時代は、快適な空間を作り出して過ごしやすい環境にする為にはエアコンが欠かせない時代となっています。その中で大切に事はエアコンも多くのメーカーが販売していて購入する際には機能などをしっかりと確認して自分に合ったものを選ぶ必要があります。

はじめに

最近ではエアコンといっても様々機能が充実していて何よりも便利に活用することができますし、価格についても手ごろな価格で購入する事が出来るエアコンが多くなっています。エアコンを選ぶ際には皆さん何を重視して選んでいますか。省エネなどを考える人が多いと思いますが、最近販売されているエアコンについては省エネは当たり前となっていますが、そのほかにも様々な機能が充実していて快適に使うことができるものを選択する必要があります。買い替えを検討している場合にはしっかりと自分の目的に合ったものを選ぶために電気専門店などで自分の条件を伝えることにより、各家庭に合ったエアコンを選択することができると思います。

①パナソニック・Eoliaとは

パナソニック・Eoliaは、パナソニックが製造して販売しているエアコンシリーズの名前となっています。元々はナショナルブランドとして空気洗浄機能を搭載したエアコンが販売されていたのですが、時代を超えて2016年に復活したという経緯があり、エオリアの由来としては、ギリシャ神話の風の神の名前となっています。その中でエオリアの新シリーズについては、ダブル温度熱交換器と呼ばれている世界初の機能が搭載されていて、1つのエアコン内で2つの温度の風を生み出すことが可能で、2つの風を同時に吹き出す事が出来るダブル温度気流システムと言われているものが搭載されているために、各家庭に合った温度を保つことができて、日常の生活の中で快適な生活を送ることが可能となっていて、使い方により部屋の温度を快適な温度に設定することができるために、過ごしやすい環境を作ることができるという優れた機能が搭載していて人気を集めているエアコンでもあります。

②パナソニック・Eoliaのトラブル事例

トラブルのあるエアコン
トラブルのあるエアコン

実際に、パナソニック・Eoliaのトラブルに関してはどのような問題が起きてしまうのでしょうか。実際の事例を知ることにより、どのように対処すればよいのかわかると思います。

自宅で使用しているエアコンが運転させて3分程度で勝手に止まってしまうようになり業者の方に依頼して点検をしてしまう事にしました。業者の方の話ではエアコンが動かない、すぐに止まってしまうという不具合が多いと言われていて、その原因としては室外機の制御基板やファンを回すためのモーターが故障しているケースが多いと言われました。

しかし、電源は点くけど効かない状態や風は出るのに冷たくないというような場合には、本体から何らかの原因でガスが漏れている可能性があるという事で、電話でリモコンを使った操作を進められて、リモコンを使って故障したエアコン本体に特定の手順に沿って操作を行ったのですが、リモコンのパネルにエラーコードが表示されました。そこで業者の方にエラーコードを伝えると室外機の故障という事が分かりました。

室外機にはファンとコンプレッサー、制御基板という3つの重要な部品があるという事でコンプレッサーか制御基板が故障していると言われました。修理をする際にはどちらかの部品を新品に交換することという事を言われて、部品交換にかかる費用とエアコンを新しくする場合の費用を教えてくれました。

考えたのですが、エアコンを新しく交換することにしました。部品を交換した場合にまたほかの場所が壊れてしまうと逆に費用が掛かると感じて新しいものを購入する事で安心して使うことができるという考え方だったので新しいエアコンを注文してもらって、設置作業に関しても丁寧に説明してくださった業者に依頼しました。設置後エアコンを運転させて吹き出し口からしっかりと正常な冷風ができことを確認して工事が終了となり、対応に満足しています。

自分ではどのように対応したらよいのかわからないので、部品交換の価格とエアコン本体の価格をしっかり伝えていただいたことにより、新しいものが良いと判断する事も出来ましたし、長く使っていたという事もあり、新しいものに交換して快適に過ごす事が出来るようになり感謝しています。

③パナソニック・Eoliaの特徴

エアコンの買い替えについては、設置工事が込み合う前にしっかり検討して取り付けを行っておきたいと感じますよね。今の時代はエアコンに関してもたくさんのメーカーで様々な機能付きのものが多く販売されています。パナソニック・Eoliaの特徴を紹介します。

3.1 使い勝手が良い

今の時代はたくさんのメーカーでエアコンが販売されていますが、パナソニック・Eoliaは価格がリーズナブルに設定されていて、家電量販店で高いシェアを掘っています。種類もたくさんあり、幅広いラインアップで各家庭に合ったモデルを選択することができて、独自の微粒子イオンでの除菌、消臭機能、フィルターお掃除ロボットを搭載していることにより清潔性も継続して使い勝手やおやすみナビなど様々な機能がそろっています。温度帯の異なる2つの冷風、温風を作るダブル温度熱交換器や室外機の蓄熱槽に排熱を蓄えて活用することができるエネチャージシステムなど基礎技術の開発にも積極的な面で使い勝手の良いエアコンを実現しています。

3.2 省エネ

実際に夏場にエアコンを購入する際には暖房については見落としてしまう可能性がありますが、何よりも1年間快適に使うことができるものを選択する必要があり、パナソニック・Eoliaを購入する際にもしっかりとAPFの確認を行うようにしましょう。数値が大きいほど冷房、暖房時の消費電力量が少なくなり、予算を最初に考えると思いますが、予算内で購入できる数値でなるべく大きいものを購入する事により省エネで経済的にエアコンを活用していくことができます。

3.3 機能

エアコンを購入する際には、しっかりと機能の確認を行って選ぶ必要がありますが、たくさんの種類が販売されている中で技術を進んでいて年々機能性に優れているものが販売されているパナソニック・Eoliaは何よりも自分が活用する機能を重視して選択することにより快適な空間を作りだすことができて、室内の環境を整えることができます。

④エアコンの故障診断

室外機のチェック
室外機のチェック

実際にエアコンを使っていると何よりも故障かなと感じることがありますが、きちんと自分で確認できる点は確認を行ってみましょう。焦って交換するという場合もありますが、確認して修理が可能な場合もあります。

4.1 機器は正常かどうか

機器が正常に動いているかどうかを最初に確かめる必要があります。正常に送風されているかどうかを確認して、設定温度が20℃未満で長期間運転すると吹き出し口に霧が付く場合がありますが、この霧は異常ではありません。逆に正常に動いている状態といえます。

4.2 冷風が出ているか

冷風が出ているか確認を行って冷風が出ていない場合には、エアコンの能力が部屋の広さに合っているかどうかを確認する必要があり、機種により対応畳数があり、部屋が広い場合にはエアコンの対応畳数があっていない状態でも冷風が出ている場合でも快適な空間を作りだすことができず、しっかりと部屋に合ったエアコンを設置する必要がありますので買い替えを検討するようにしましょう。

4.3 室外機の確認

室外機は外やベランダに置いてあることが多く、室外機から冷風を出すためには室外機から熱を逃がす必要があり、室外機の前に物が置いてある場合には、空気の循環が悪くなってしまいますので、室外機の周りを確認するようにしましょう。さらに直射日光の当たる場所に設置している場合には、室外機自体の温度を上昇させないように工夫する事も大切になってきます。

4.4 フィルターの確認

実際にフィルターの確認をしっかり行うことにより、エアコンを快適に使っていく事が出来るのですが、フィルターが汚れている場合には、室内機に風を取り込むことができず冷風が出にくくなってしまう場合も多いのです。フィルターの掃除に関しては定期的に行うようにすることを意識して使っていく必要があります。内部の汚れなどに関して自分で手入れを行うことができない部分に関しては専門業者に依頼してキレイにしてもらうようにしましょう。

4.5 勘違いしないようにする

ランプが点滅したり、運転していないのに音がするという場合、エラーコードが表示されると故障と判断してしまう人も多いのですが、故障しているとは限りません。エアコンを購入した際に取り扱い説明書があると思いますが、表示されているエラーコードを確認してみるようにしましょう。今の時代は便利な時代でメーカーサイトで調べる事もできるようになっていて、故障と判断する前に、電源プラグを抜いて、差し直してから電源を入れてみるようにしましょう。それでも不具合を起こしてしまっている場合には、専門業者に相談してみるようにしましょう。

⑤パナソニック・Eoliaの修理

パナソニック・Eoliaの修理に関してですが、自分ができることを行っても解決できないという場合には、メーカーサービスや購入店に出張修理を依頼するようにしましょう。

出張修理に関しては、依頼書を記入する必要がありますが、エアコンの機種名やメーカーをしっかり記載してメーカーに送る必要があり、出張修理だと時間がかかると感じている場合には、近くの電気屋さんなどで相談してみるようにしましょう。エアコンの故障に関しては自分では修理することができず、長く愛用している場合には買い替えを検討するのも良いと思います。

買い替えを検討している場合でもしっかりと電気屋さんや専門業者に取り付け作業を行ってもらう必要があります。エアコンの取り付けに関しては費用は掛かりますので、購入したお店で取り付け作業を行うことにより、費用が含まれていたりする事もありますので、その辺もしっかりと考えて購入するようにしましょう。

エアコンの出張修理に関しては、購入したまだ保証などがある場合には無料となっているケースもあり、電気専門店で購入する際にもメーカー保証とは別に保証を付けることが可能となっているので、修理を行う際には、購入した時の保証書などをしっかりと確認することが大切です。保証があるのに買い替えをするのはもったいないし、逆に他の業者に依頼する事で費用が掛かってしまいますが、保証をつけて費用を払っている業者に依頼することにより保証内で修理を行う事が可能となっているのでその辺もしっかりと考えておくようにしましょう。

⑥買い替えの判断

エアコンの買い替えの判断については、修理を依頼する場合には何年程度で故障してしまうかという事を視野に入れて考える必要があります。頻繁に故障している場合や10以上使っている場合には修理を行ってもまたほかの場所が故障してしまう可能性もあり、新しく購入するのがおすすめできます。

最近のエアコンを購入する事により、省エネで電気代も安くなるという事が挙げられますが、修理をしてみてもらうことにより修理をキャンセルした場合でも出張費や点検診断料が必要でメーカーにより違いがありますが、2000円~5000円程度かかります。離島などについてはさらに費用が高くなってしまう可能性もあります。

ルームエアコンに関しては、復修用性能部品の保有期間としては生産を終了して9年程度となっているので、各メーカーとも保有期間より多少余裕をもって部品在庫を保持している状態ですが、購入して10年以上経過している場合には、壊れている部分の部品がない場合もありますので、調査などをしてもらっても修理をする事が出来ない場合もあります。

そのために、エアコンのトラブルに関しては、修理で高額な費用が掛かってしまうケースも少なくありませんのである程度の年数を使っている場合には、買い替えを行う方がおすすめできます。修理で数万円かかる場合には、買い替えの方がお得といえますし、長く使っている場合には、途中で他の部品が故障するとまた修理が必要になってきますので、10年程度たっている場合には寿命と考えて新しいエアコンを購入する事がおすすめできます。

まとめ

パナソニック・Eoliaのエアコンに関しては快適な機能が付いていますが、故障した際にはしっかりとメーカーに問い合わせを行うようにしましょう。最近では電気専門店でも修理などを行う事ができるようになっていますが、しっかりと状況を伝えることにより、故障の原因なども知ることができ、修理がよいのか買い替えが良いのか決めることができると思います。

自分では判断することが難しいと思いますが、トラブルに関してはプラグを抜いてみる、フィルターの掃除などまずは自分ができることを試してみるようにしましょう。その時に室外機の確認ついてもしっかり行って、自分ではどうにもできないと感じた場合には、メーカーに修理を行ってもらうようにしましょう。

電気専門店に修理を依頼することにより、ある程度のエラーな度に関しても知ることができますので、先ずは相談をして状況をしっかりと伝えてみるようにしましょう。それから先のことを考えていく方がよいと思います。自分では判断が難しいという場合も多いので、すぐに買い替えを検討するのではなく、業者に相談することがおすすめできます。