コンデンサー以外にもエアコンは壊れてしまうもの

エアコンのイメージ
エアコンのイメージ

エアコンっていうものは、必需家電品になっていますよね。夏の熱いときには絶対ですし、冬場の暖房や季節によって除湿をしたりと大活躍しています。また、送風の機能だけを使って換気してみたりという使い方もあります。
便利であるからこそ、壊れたりすると大変なことになります。エアコンにとって最も大切な部分がコンデンサーです。このコンデンサーに異常が起きた場合、交換して修理を行うということは先ず無いでしょう。コンデンサーの交換を行うのであれば、買い替えた方が安いということが多いのです。
家庭で使っているエアコンに不調が出てきたら、それはエアコンそのものを交換してしまうという方法が最も適切な場合も多いものです。では、果たしてどのようなタイミングでそれを見極めて、判断をすればよいのでしょうか。それをお話して参りましょう。

①エアコンの交換サイン

エアコンに限った話ではありませんが、なにものであっての寿命というものがあります。では、エアコンの寿命とはいったいどれくらいなのでしょうか。
目安としては、エアコンを作っているメーカーでどのように考えているかということがあります。概ねの場合、メーカーではエアコンの標準的に使用期間を10年としているところが大半です。でも、これは標準的な使い方をした場合の目安です。当然、10年以上使っていることもありますし、もっと早く交換することだってあるでしょう。特に大きく変わってくるのは、メンテナンスをきちんとおこなっているかどうかということです。それを行うことで標準期間に近づくことは納得ですますよね。
各メーカーもそのあたりの感覚で交換部品の保有期限を設定しています。つまり、この10年間というのは修理交換部品を責任をもって保有している期間と考えてもよいでしょう。しかし、製造した年からカウントしていますので、5年前に製造されたものを格安で購入したというような場合は、そこがスタートではないことを分かっておくことが必要です。
エアコンの部品交換して修理するよりも、新しく買い替えることを進めているのは販売戦略だと考える方もおおいのですが、そうとも言い切れないのです。なぜなら、近年はエコであることが大前提となっていますので、買い替えによって消費電力が減り結果的に電気代の節約という点で帰って効果的になることも有るのです。

1.1修理代は思っているよりも高い

壊れたのであれば、先ず修理をしようと考える方もきっと多いことでしょう。しかし、その費用によっては果たして部品交換をして修理した方が良いのかを考えなければならないことも多々あります。では、果たしてどのくらいかかってしまうものでしょうか。あくまでも平均の話ですが、各症状別にみていくと次のようになります。
・本体不作動 基盤交換で20,000円~30,000円
・リモコン不作動 リモコン交換で8,000円~10,000円
・室外機不作動 基盤交換で20,000円~30000円
冷却機関の修理の場合 80,000円以上
・エアコンガス漏れ ガス補充で25,000円程度
冷却機関に関わる修理の場合 80,000円以上
・室内機のファンが回らない 基盤交換で25,000円
ファンのモーターの交換は20,000円
・ドレンホースのつまりや水漏れ 10,000円~30,000円
ルーバーが動かない 10,000円~25,000円
おおよその金額でもかなり高額になってしまうことがお分かり頂けたのではないでしょうか。しかし、これだけではありません。出張料金として、5,000円程度が加算されます。原因が1つであれば良いのですが、2つ3つと重なっていた場合には軽く10万円コースになってしまうことも有ります。コンデンサーの交換となると、見積もりして貰ってから始めて金額が分かるという感じになってしまうくらいです。

1.2壊れる前の点検も費用がかかる

車であれば、通常は2年に一度は車検を受けなければなりません。これは法律で決まっていることですから絶対にするのですが、エアコンなどの家電製品にはこういったものがありません。普段から定期的な点検を受けていると故障なども起きにくいと思えるのですがその費用とはどれくらいかかるものでしょうか。
こちらも平均値ですが、点検の費用として3,000~5,000円。これに出張料金が加わります。更に摩耗部品の交換などがあると、10,000~15,000円加算といったところでしょうか。点検の費用として、20,000円程度はかかってきます。これを車検と同じように2年に一回行っていた場合、こちらも10年間という標準的な期間使った場合でも100,000円の費用が発生します。それでいて、10年過ぎた後でも故障は無いのかというとそうではありません。
修理した場合の保証は、該当するところに限って3~6ケ月の保証という場合が最も多いのであまり期待はできないでしょう。Aという部品を交換して、次の日にBという部品が壊れたとしても別の部品ですから保証の対象とはならないのです。

1.3総括して考えると

修理をしたり、専門的にメンテナンスをしてもらうということが10年間で100,000円かかってしまうとすれば、10年に届かないうちに定期的に買い替えるという選択も出てくることに気が付かれたのではないでしょうか。
しかも、エアコンは次々と新タイプのものが発売されています。この新タイプの特徴はエコで電気の使用量が少なくて済むということは前にもお話したと思います。
10年前のエアコンと最新式のエアコンを比較すると、使用電力が半分以下になっているということも珍しい事ことではありません。例えば、年間で50,000円がエアコンで消費されている電力と仮定してみましょう。1年で50,000円だった電気料金が、25,000円になったとします。新しいエアコンを150,000円で購入したとしても、6年間でもとが取れることになります。もし、10年間使い続けた場合100,000円を節約したことになります。しかも、ご家庭に果たしてエアコンは何台あるのでしょうか。一度、ご自宅のエアコンの台数と月々の電気料金を見比べてみると良いでしょう。

②エアコン不調のサイン

電化製品は、いきなり動かなくなってしまうこともありますが、何らかの不調を知らせるサインが見受けられることもあります。特にエアコンはこの不調の前兆サインがわかり易いので次のようなことがあったら、早めの対策をとっておくことで最悪の事態を回避することも出来るでしょう。

2.1おかしな音がする

室内機・室外機ともに内部からおかしな音がしたら、故障の前兆であることが予測されます。特に顕著な例としては、室外機からのガラガラ音です。室外機は普段は目につかないものですが、エアコンを動かすために一番大切が部分です。ここから異常な音が聞こえているということは、最も過酷な動作を行っている場所に異常が起きかけているということです。
室外機が正しく設置されているのに、おかしな音が聞こえている場合はすぐに対応しておくことが大切です。

2.2室内機から水滴が落ちる

エアコンを使うと、冷房と除湿が同時に行われるものが多くあります。これは室内の快適さを上げるために除湿も同時機能させていることが多いためです。
でも、除湿した筈の水滴が室内機から落ちているとはどういったことなのでしょうか。それは、内部に汚れが溜まっていることが予測されます。汚れが溜まってしまい、本来は排水されるべきものが排水されていないのです。表にあるドレンホースから排水されていないような場合、内部でかなり汚れが溜まっていると考えるべきでしょう。きちんと排水されなかった水分は不必要にエアコン内部に滞留したために電気系統の配線腐食などを引き起こすことがあります。また、漏電などの原因になることもありますので注意しておくことが必要です。

2.3各種動作ができない

ある程度古くなってくると、本来はするべき動作が出来なくなってしまうという現象を見ることもあります。
リモコンで操作しているときにその動作が行われなかった場合、最初に考えるのはリモコンの電池切れでしょうか。電池を交換して改善すればそれで問題はありません。しかし、電池を交換してもちゃんと動かない場合は異常のサインです。
本体にある操作パネルで作動出来るのであれば、それを確認しましょう。特に真夏の炎天下のときなどにそういった現象が起きやすいので季節の変わり目にチェックしておくと前もっての対策にもなります。

2.4ブレーカーが落ちてしまう

エアコンを始動させると、ブレーカーが落ちてしまうという場合はまさに非常事態です。他にも多数の家電製品を使用しているのであれば、いったん全てのコンセントを抜いてからエアコンを始動させてください。これでエアコンが普通に使えたのであれば、良いのですかがそれでもブレーカーが落ち場合は、内部ショートや漏電の可能性を考えなければなりません。
コンデンサーやコンプレッサーなどのエアコンの心臓部に異常のある場合は何度やっても、ブレーカーが落ちてしまうことがあります。このような場合はもはや素人がどうこうできるレベルではなくなっていますので、早急な修理か買い替えのどちらかを選択することとなります。

2.5精密化したための盲点

生活の快適さを求めたことになって、エアコンが弱くなってしまった点もあります。それは、CPUによる集中制御を行っていることです。
単純に冷やす・温めるというだけであればさほど負担はかからなかったのですが、細かい設定を自由に行えるようにするために高精度にCPUが搭載されているモデルなどはその情報処理量が多すぎて一時的にフリーズしてしまうことがあります。エアコンが故障したのではなく情報の処理が追いつかないのです。こういった場合は、コンセントを抜いて通電していない状態を10分程度待ちます。改めて通電させて起動したときに異常がなかったら、心配しなくとも良いでしょう。それでも、おかしい場合はやはり故障していると考えざるをえません。

③エアコンの使い方

エアコンの使い方といっても、取扱い説明書を読むとかそういったことではありません。エアコンの使い方ひとつで、寿命の伸ばすことも反対に縮めてしまうことも有るのです。
同じように考えていても、使い方ひとつで大きく変わってくるのですから、正しい使い方でエアコンに負担をかけないようにしてみませんか。

3.1慣らし運転

慣らし運転というと、使う前に少しだけ動かしてみるということを思い浮かべるのではないでしょうか。意味合いとしては近いのですが、エアコンの場合は少し違います。
エアコンを使うときというのは、普通の家庭であれば、夏と冬に限定されるのではないでしょうか。もつとも、中には夏しか使わないというご家庭も有るかもしれません。
エアコンは空気を循環させるものですから、当然ですが通風させるスペースが空いています。ここは、エアコンを使っていないときでも、埃などが入っていくのです。もし、シーズンオフから次のシーズンまで半年以上もそのままにしておいたらどれほどの埃が溜まるでしょうか。半年間だれも出入りしなかった倉庫などを考えると想像がつきますよね。そんな感じで埃の詰まったままでエアコンを動かすと機器に負担がかかるのは当たり前です。月に1度くらい、数分て良いので慣らし運転をすることでそういったことも防げるようになります。

3.2やめておきたい過酷運転

エアコンにとって過酷な運転とはどのような使い方であると思われますか?
もっとも過酷な運転は温度差を一気に縮めようとする場合です。特に夏季にはこの使われ方が多くなります。
外気温と室内温度の差が5℃以上ある場合は、かなり大きな負担がかかります。真夏に帰宅したら、一気にエアコンで冷やしたいという気持ちは分かるのですがエアコンにも負担がかかる上に実は冷える時間を更に伸ばしているのです。夏場は、先ず帰宅したら窓を開けて室内にこもった熱気を外へ逃がします。出来るなら、換気扇や扇風機も活用すると良いでしょう。室内の熱気が抜けてから、窓を閉めてエアコンを始動させます。これで素早く、そしてエアコンに負担をかけずに涼しい部屋に出来るのです。
エアコンの室外機の周りにも余計なものを置いてないかも確認しましょう。室外機も通風性の良い条件があってこそ、本来の力を発揮できるのです。
春先や秋にも使い方を考えましょう。冷房と暖房がひっきりなしに切り替わるような運転もエアコンに負担をかけてしまいます。一度、電源を切って改めて作動させるなどの使い方をすれば、エアコンも長持ちするばかりでなく省電力にも役立ちます。

おわりに

エアコンは決して安い買い物ではありません。コンデンサーを含め多種多様な精密機器の集合体なのです。ですが、うまく使っていくことでその性能を更に発揮させることができるものでもあります。
部品交換による修理も、定期的買い替えもその方によって正しい答えは違っていることでしょう。今回のお話で、貴方がお困りになったときに考える一つの方法として役立てて頂けるなら幸いと思っております。

関連記事一覧

エアコンの料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査費用 トラブルの内容に合わせて調査を行います。 6,000円
エアコンが冷えない 真空引き 8,000円
冷媒ガスチャージ(充填) 8,000円
フレア再加工 3,000円~
フィルタクリーニング 3,000円~
熱交換機クリーニング(簡易洗浄) 6,000円~
熱交換機クリーニング(高圧洗浄) 15,000円~
室外機バルブ 19,000円~
エアコン交換 エアコン取外 5,000円~
エアコン取付 18,000円~
配管設置 10,000円~
スリムダクト設置 10,000円~
エアコン取付 外壁穴あけ 10,000円~
コア抜き(コンクリート) 25,000円~
隠蔽配管冷媒管延長 20,000円~
隠蔽配管電線延長 8,000円~
室外機天吊 15,000円~
室外機壁吊り 15,000円~
水漏れ ドレンホースつまり抜き 6,000円~
ドレンパンの清掃 10,000円~
エアコン室内勾配調整 15,000円~
室内機から風が出ない 室内機基盤交換 18,000円~
室内機モーター 22,000円~
室外機が動かない 室外機基盤交換 18,000円~
コンプレッサ交換 30,000円~
室外機モーター 20,000円~
リモコンで操作出来ない リモコン交換 2,000円~
リモコン受信ユニット 15,000円~
運転後、しばらくして止まる 圧縮機 30,000円~
ルーバ不良 水平ルーバ 13,000円~
室外機移設 室内機移設 5,000円~
室外機の風向きを変えたい 室外機の風向き変更 8,000円~

電気の110番がエアコンに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がエアコンに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

エアコン修理

エアコン修理の特集記事

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。